<< 落差 忘れようにも覚えやすい >>

大~きくまるかぶって

もはや全国区、恵方巻。
b0141230_0019100.jpg
恵方を向いてまるかぶりはまったくOKだけど、食べおわるまで沈黙…なーんてムリムリ~

b0141230_032419.jpgb0141230_035196.jpg
気分を味わったら、食べやすくCUTです(笑)
これならまるかぶれるような細めに巻いたのもあったけど、それもCUT^^
ところでお寿司、こうゆう季節行事はもれなくオット母におんぶにだっこ…(恥)
鰻にかんぴょう、高野さん、椎茸の甘辛煮に三つ葉、だし巻き。それぞれの具材の丁寧な仕事ったら~。
午後、息子とともにオット実家にて一緒に巻き巻き。昨日から誘ってもらってて、すごく楽しみにしていた息子。
午前中の育児サークルでは、嬉しくておともだちの誰彼かまわず吹聴しまくっていた(笑)

b0141230_044951.jpgb0141230_051063.jpg
水菜とおじゃこのサラダ、熱~い赤だし、絹こしとわかめ。
オットが大好物~のお大根と枝豆がんもの含め煮、画像間違って消しちゃった!
珍しく面取りなんか丁寧にして、とても美味しく煮けたのにざーんねん^^
b0141230_071044.jpg
なにわともあれ、鬼は~外!福は~内!!
[PR]
by toaruhi | 2009-02-03 22:09 | 晩ごはん | Comments(6)
Commented by higumake at 2009-02-04 22:49
たろさんは恵方巻き本場の人ですものね。
ここ数年でブームに乗って取り入れているようなひよっこのわが家とは
やっぱり違う~風格が違う~。
たとえ作ったのは旦那様のお母様でも・・・
ほんと、毎度毎度感心するおいしそうな献立です。
Commented by toaruhi at 2009-02-04 23:15
といっても、そういえば節分といや巻き寿司食べてたなあ…くらいの感覚です。
でもその当たり前になじんでる感じがすなわち本場なのか^^
お江戸発祥で今や全国区って何があるでしょうかね?パッとすぐに思い浮かばないけど…
それよりいわしの丸焼きの頭をひいらぎの葉っぱと一緒に玄関先に飾るというほうが子供心に印象的です。
それにしてもオット母は、さらり~とさっぱり~と何でもしはるひとなので
何とかそれを継承せねばと思っています。
そういえば母は男の子ふたりを育てたひとです、あさこさん!
Commented by クボ at 2009-02-06 15:21 x
恵方巻??の我が家です…。船場生まれ船場育ちの人を掴まえては「笑われたんですけど、これウチだけやのうて大阪弁ですよね?」とこれまでなんやかや確認してきましたけど、訊きましたよ。Q:「節分に巻き寿司まるかぶりなんてしませんよね!?」 A:「せえへんせえへん」。
うちは今年もいわしの焼いたんでしたよ~。太巻き大好物やけど切らな無理やあ~。あんなん流行らせたん誰やあ~。
あ!伯父様の風流なお香コで美味しそうな新香巻!新香巻とかっぱ巻は、寿司ご飯に胡麻混ぜるの好き。これは大阪とは関係ないなあ。
Commented by toaruhi at 2009-02-06 22:49
あれは海苔業界の振興を願って…なんやんね。
おすし屋さんにとってはおおいに結構な季節行事やろし、ま、ゆるしたって。
船場の生まれ育ちのひとは、まるかぶりなんてしはれへんのんちゃう?
一日15日には小豆ご飯食べはる・・・・あ、これは京都か?
庭の前栽に花の咲く庭木はございませんのん?(山崎豊子初期作品のマニアとしては質問はいくらでも~~)

いわしの焼いたん、食べたいわあ~~
Hさんがとかくナマグサものに身構えるひとなので(食べたら美味しいゆうくせに)
丸干しやとたぶん「…。」やねんな~
秋刀魚かって、シーズンのときなんか開きでも筒でも食べたいねんけど
…。
あのおこうこってわかってくれた?(にこにこ)
そうそう、たくあん、わたしもおこうこゆうわ^^
酢飯に胡麻、いいねえ~またやってみます^^Hさんは胡瓜大好きやし!
Commented by クボ at 2009-02-07 11:51 x
あのおこうこもちろんわかったよ~(にこにこ)
毎日いただいてます。刻んで胡麻です。最高~!
おすし屋さんで絶対食べたいのが胡瓜巻!マグロはまずいただきませんが、鉄火巻は好き。しかしカッパ巻には遠く及ばぬワ!フハハハ!
さてこれから畑仕事です。
Commented by toaruhi at 2009-02-07 23:17
あら貴女、それHさんと同じ!
まぐろは好きじゃないみたいなのに鉄火巻好き。かっぱ巻は大好き!
それってつまり海苔が好きってことかしら。
畑仕事、ご苦労様です!今日はわりと暖かかったので良かったね^^
<< 落差 忘れようにも覚えやすい >>