<< やってみたかったナリ~ 昼夜逆転 >>

You always inspire me to greater efforts

今季は結構作りました、夏野菜の揚げびたし。
b0141230_23232813.jpg
b0141230_23262158.jpg

見るからにほっくりと美味しそうな南瓜
おなす、いんげんで
迷った末にごぼうとぴーまんは割愛

母に倣って、野菜の切り方を
丁寧にしてみたつもり~
あの味にすこしでも近づきたい

朝のうちに作って、冷やしておきました
b0141230_23282565.jpg
楽しみに見ているごはんブログさんで、きっとやってみようと思ってた納豆と葱、挽肉の炒めもの。
に、キムチの粗みじん切りも加えてみました。 > Nさ~ん^^
挽肉はともかく、他は生食の際にもあわせそうな感じですが、’炒める’という一過程が加わるだけで
これほどまで違った味わいになるとは…!常備してるようなものばかりなだけによけい嬉しい。
b0141230_2333127.jpg
妙に食べたくなって、だし巻き。

b0141230_2335567.jpgb0141230_23353122.jpg
セロリの梅和え。はんぱな量のもので、ちょこっと口すすぎ的なこうゆうの作るのが楽しい。
ふしそうめんとあおさのおつゆ。どちらも塩気があるので、かつおだしにはお酒と色づく程度の淡口しか入れてません。

b0141230_23382171.jpg

親愛なる曽我部恵一氏
本日ハッピーバースデー

貴方のうみだす楽曲から
いろいろな想いや体験を得られています

これまでも これからもきっと
***********************************************************

夏休みも大詰め、最後のコーナー段階。楽しい予定は今日もまた~ 息子降園後、YUKOさんちへ。

b0141230_23411752.jpgb0141230_2342976.jpg
b0141230_2343791.jpg

豪華おにぎりランチ!(舌鼓連打)

YUKOさんとのこの数年来の仲において
触発され・啓発されることは数知れず
なかんずく食分野においては特に

《本日のポイント》
・ カリカリの唐揚げを揚げる方法
・ しめじと若布のぽん酢和えの調理法
・ おむすびの塩かげん
・ ウッドトレイの食のしつらえ
[PR]
by toaruhi | 2009-08-26 21:45 | ひる・よる | Comments(2)
Commented by トーワドー at 2009-08-27 10:48 x
夏の暑い日も変わりないペースで素敵なお食事の支度、息子さんがママが作ってくれたお食事を好き嫌いなく何でも召し上がっているのでオドロキです。
特に「ずいきの煮いたん」など。。。
決して ”ヒナビマクッテル” ではないですよ(笑)

色んな調味料を使いこなしていると思っていましたら、調味料マニアでしたか。(笑)
私はこれが出来ないんですよ。色んな種類の調味料を買い込んでも、同じものばかりで済ませています。   見習わなくては。。。

盛り付けるお料理とうつわの相性も素敵ですね。
あの朱色のきいたうつわは、私も大好きです。
水茄子のお漬物をきれいな色に仕上げるのは難しいのにお上手ですね!
ぬかの中に鉄で出来たかわいい形のものを入れてあるのでしょうね!
そうそう、ゆで卵の切り方、私はお弁当に入れるから綺麗に切れる道具を使っていますが、包丁で切る時は一回一回包丁を洗って、少し水分を残した状態で切ってもダメでしょうか?
昔は、爪楊枝の中央に糸を縛って糸がゆるまないようにしっかり持って手のひらに持っているゆで卵を切っていたのを思い出しました。
長々と失礼しました。(笑)
Commented by toaruhi at 2009-08-27 21:45
またまた~ トーワドーさんたら、ほめすぎですってば^^
息子は「ここんちでは何でも食べなきゃやってけん」ということを
カラダで知ってるだけだと思われます^^
ごぞんじ、さすがイマドキっ子、ジャンクフードも大好きなんですよ~
(与えてるのはどこの誰だ 笑)
でもまあ、確かに乾物には結構親しんでるほうかもしれませんね。
だって、ほら、ヒナビマクッテますから~~(笑)

ぬか床には、ぬか・塩・鷹の爪、以上!です。
可愛い鉄のもの…はて…?てな調子ですよ^^
おなす、みょうばんとかすればましなんでしょうけど、ただ漬けてるだけです~(汗)

ゆでたまごカット、トーワドーさんでも道具を使っておられますか~
(って、意を強くしてどうするのか~~)
包丁はといでる方だと思うのですが、やはり都度都度洗うのがいちばんですよね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< やってみたかったナリ~ 昼夜逆転 >>