<< 後顧の憂いなし 春は名のみの >>

お告げ

今週の『男子ごはん』、昭和をほーふつとさせる給食っぽいおかずでした。
(こちらでは東京の2週ほど遅れ放送みたい)
b0141230_232745.jpg
で、話題に出てた’ムニエル’が食べたくなって、思わずサーモン買っちゃった。
焼いた後でしめじをバター醤油でソテーして、ゆでほうれん草添え。
b0141230_2324538.jpg
いくら変な気候でも、春には新たまねぎ!
おかかをのっけて、お醤油ベースのドレッシングかけて、温泉たまごと胡麻辣油で和えた納豆プラスで。

b0141230_233518.jpgb0141230_2332036.jpg
大根にんじん椎茸ごぼう、どれもきれっぱし量でしたが、あわせると具だくさん^^
豚バラも入れてとん汁ふう。おかずの一品としてたっぷりと…
ついに昆布長者も終焉が近づいてきました~(淋)このしめじ昆布でラストです。

b0141230_2334570.jpg

つ、ついに快挙~☆
息子、オット実家にお泊り成功!
いずれにせよ
わたしが入院の際は
なさねばならぬことでしたが~

こりゃいよいよ…?
のお告げなのか~???
b0141230_11532331.jpg
b0141230_1155984.jpgb0141230_11533742.jpg
夜も更けてくると、時折しくしく泣きながらも「ゼッタいガンバる!帰ラヘん!」と言い続けて
最後には「おばあちゃんをおかあさんと思っタラええねん、このオウチをジブンのイエと思っタラええねん…」と
つぶやきながら眠りについたらしいです。
お泊り、けして強いたことはないのですが、本人なりに思考を組み立て、ずっと心していたのでしょう。
こうして成長をしていくのだなあ~ …と、しみじみ感じ入りました。
そんなわけで 今朝はふたりの朝食(朝に家でこの光景 何年ぶり?)
昨日息子とクッキングした、いつものもちもちぱんもおなじみ寒天も、なんだか格別のお味に思えましたよ。
[PR]
by toaruhi | 2010-04-18 12:02 | あさ・ばん | Comments(6)
Commented by higumake at 2010-04-18 16:49
この日もまた夕飯を作ってしまったのですね~。でも泣いても笑ってもいよいよであることには変わりなく。私も長男は予定日より7日早かったので、次男も早いだろうといわれていたにも関わらず、次男は7日遅かったです。そして長女は10日早く・・・。結局はその子の出たいときがそのときなんだろうな、と思います。子どもは親も選ぶし、生まれる日も選んでくるのだとか。なのでこちらはもういつでもいいよ~と待つだけなのでしょうね。

それにしても、毎度毎度言ってますが、たろさんちのごはんはほんとおいしそう!毎日のごはんって命を頂く行為で、たろさんは素材たちをしっかり受け止め、そのもののいちばんおいしい方法を見極めて調理し、食卓に並べている気がします。だから食べ物たちの命の強い部分をたっぷりもらっているんじゃないかな。だから出産という自然の行為も、しっかり見守ってもらえる気がします。大丈夫ですよ~。
Commented by toaruhi at 2010-04-18 21:56
しまいましたよ~(笑)決戦の日やいかに?
『あなたがわたしを…』の詩のごとく、その日もまたそうなのですね。そうですよね…

それにしても皆さん、わたしを買いかぶり過ぎでは…照れます~
単なる大食い食いしん坊赤裸々日記やん!
あんたんちが何食べようがそれが何やねん~!とも思う方もあるだろう…
などと、ヤサグレ気分に陥ることも時としてありながら(あるんですよ実は)
でも、そういっていただけると嬉しくて…♪というのも真実です!
ありがとうございます!!

そして最後の言葉を何よりのエールとして…いつもありがとう、あさこさん!
Commented by yumama at 2010-04-18 22:22 x
もうすぐ2児のママさんになるんですね*
新しい家族誕生でたろさんはどんな境地に至るのかなぁ~なんてね 
きっと逞しいベビーが誕生するのではないかしらと思っています。
これだけの料理をパパット作れるんですもの^^¥
フレ~フレ~たろさん!
Commented by toaruhi at 2010-04-19 09:49
目指せ! 虹の母~~~(笑)
息子のこれまでの経験を活かし、心の余裕をもうすこし持って臨めたらなあと思っています^^
逞しさは… 自信アリ?(笑)

応援ありがとうございます、頑張ります!
Commented by hiyo at 2010-04-19 11:20 x
息子くん、頑張ってるんですね。。。可愛いなぁ。
我が家の長男も、私が次男出産で入院中、ジジババのおうちで
それはそれはイイコ、で頑張ってました。
でも私が退院したとたん、堰を切ったようにものすごい荒れようで。。。
よっぽど我慢していたんだなぁと思ってしまいました。
その時に「添い寝の友」になってくれいたくまのプーさんのぬいぐるみは
今でも実家で眠る時には彼の横です。

↑ 筍づくし! 楽しめてよかったですね!
たぬきちゃんの計らい??かもしれませんよ~。


Commented by toaruhi at 2010-04-19 16:02
はい、いかに親ばか目線であろうとも、衷心からほめあげました^^
第一子、親も無意識下であっても
やっぱり多分にイイコちゃんに仕立て上げてしまいがちだと思うし
当人もそうであろうと頑張ろうとしてしまうときもあろうかと。
だからこそ、自分の力で自信を得られたときにはおおいにたたえるべきかなあと。

筍づくし… 至福でした…
はからいばかり享受し過ぎのわたし、正念場に向けて充電は満ち満ちてます☆

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 後顧の憂いなし 春は名のみの >>