<< 男子ウケ 蓄えてるのは…? >>

ゆく春の

こよみ的にはもうじゅう~ぶんに初夏。
今日は暑いほどだったけど、なんかうすら寒いときもあるし、ほんと気候不安定なこの頃・・・
b0141230_2334295.jpg
わたしの母から、たくさんわらびをもらった♪ 下ごしらえ済みだったので、なお嬉し♪
豚ばらを胡麻油で炒め、色が変わったところにお砂糖とみりん、焼きつけるように甘みをからめる。
そこに油抜きした厚揚げを加え、濃くとったおだしとお酒をひたひた量注ぐ。
わかしては冷まし・・・を数回繰りかえし、甘みとおだしが徹底的にしゅんだら~お醤油。
(ちなみに調味比率は、お醤油よりやや甘みのほうがひかえめ、な感じにしました)
またわかしては冷まし・・・を二度ほど、お味をなじませる。
食べる前にわらびを入れて加熱、ザザッと混ぜてうつわに盛って、いっただきま~~~す☆
      *      *      *      *      *
めずらしく作製法を書いてみました。 の割に、細かい調味の分量はなくアバウトですが(笑)
その他のおかずや、その日の気候なんかで味つけを考えるので、適当なんですよ^^
ともあれ、甘辛いお味の煮きもんは、たいていこんな作り方で作ってます。
わらびはやわらかいので、あまり早くから入れるとぐずぐずになるような気がしてこうしましたが
均一なお味つけよりメリハリあるのが好きなので、ふだんから具材次第で時間差投入が多いかも。
たとえば、お肉と里芋とこんにゃく煮なら、肉&こんにゃくはこってり味にしたいので最初から入れ
里芋は後にして、お芋はまわりこってり、中はほくほく白いまま~を狙う、とか。
b0141230_23341525.jpg
わらびに合わせ?春らしい若竹汁~(いや、5月も中旬過ぎたっちゅうに)
若布の塩けがあるので、おだしには淡口醤油をほんのひとたらし・・・程度。
b0141230_23343892.jpg
焼き鮭の塩けもあるしね。
鮭のピンク色も、季節で言うなら春らしいなあと思う(…だからもう初夏やって)
b0141230_2334584.jpg
金時豆の甘煮、まさに作ろうと金時豆買いに行こう~と思ってた矢先に
オット母からいただいてそのシンクロぶりに驚いた。
甘みさらっとめで、ぽっくぽくの口当たり、これきっとすごく上質のお豆さんだろう。

b0141230_23351221.jpg
この春はまずは出産~ということで
何が何やらワワワワ~と過ぎてしまった
そんなこんなでのびのびになってた
家庭訪問が本日ありました
初めて自室に彼女を招く男子中学生か!的に
楽しみにしていた息子ですが
クラスの仲良しさんのお誘いに
あっさりと乗り(皆 ありがとうね~!!!)
遊びに行って不在のおかげで
ゆ~っくりと先生とお話できました
そして娘はまたずっと寝てました…(笑)

[PR]
by toaruhi | 2010-05-17 21:39 | 晩ごはん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 男子ウケ 蓄えてるのは…? >>