<< そばにどんと来い てまひまの甲斐 >>

一日一個は迷信ですか

こちらでは『かやくごはん』と称するもの。
b0141230_12102174.jpg
・・・そう言いつつも、わたし自身は炊きこみごはんと呼びますが。

b0141230_12103083.jpg
前夜の白和えを料理本に忠実に
たまには真面目に作ってみたのが
結構面白かったので
その本の’ごはん’の項のレシピで
(…って実は味ごはんに苦手意識があるというのもある)
お味つけはもちろん具の刻み方まで

この本によらず いつも思うのは
わたしが目分量でやるより
ずっとずっと調味が濃いこと
b0141230_1211076.jpg
葱とコーンのかき揚げ。揚げた葱の香ばしさ、コーンのぷちぷちが美味しい。
b0141230_1211835.jpg
冬瓜のそぼろ煮。この冬瓜、運動会のおべんとうに持ってったものの残り半分。
まるごとだと冬までもつから、というのが名の由来の冬瓜でも、切っちゃったらね、美味しいうちに食べないと。

b0141230_12131361.jpg


今夜食べてね~と
オット母から烏賊のお造り
先日TVで松田美智子さんが
糸造りにまつのは昆布と
卵黄をぽとりとのっけてたのを
思いだし潮吹昆布を
卵黄を省いたのは、味ごはんのときはお約束?のだし巻があるから。
b0141230_12112155.jpg
大好きなお店の、『だし巻だしの中』仕立てで。
こんもりゆらゆら~、いろんなかやくの入った花かつおは、YUKOさんに頂いた
『日本人ならたまらない!』なるネーミングのもの。めかぶや焼き海苔・胡麻など入ってます、美味!

b0141230_12115090.jpg

全体的に
おだし・お醤油味の
ものだらけ~

ゆえに 汁ものは省きました
**************************************************************
b0141230_1212622.jpgb0141230_12121690.jpg
この日の朝、ゆでたまご食べたのです。
味ごはんにはたまご焼き~とのお約束の遂行のため、たまごを混ぜつつ
うーむ、いいものか、ああいいものか・・・と内心呟く小心者(しかし食べてりゃ一緒やん)
*******************************************************************
b0141230_12123145.jpg
しかも一夜明けて、今朝はフレンチトーストなのだった(笑)
えー、つまり今、うちにはたまごがたくさんあるのです^^

b0141230_043959.jpg

昨夜 白ごはんだった息子
(炊飯はたいてい大人ごはんの際という鬼母^^
 しかしなんと4杯食べた息子・・・しかもおかずは同じで
 +納豆2パック!さすがにビックリした~)

今日のおひるにおむすびを・・・
大好評・大絶賛☆
ごめんな こんど炊きたて食べようね^^

おつゆ かきたま汁でも…と
一瞬思い ああああかんあかんと(笑)
***************************************************************
さて今夜のメインは八宝菜。
b0141230_1532255.jpg
b0141230_1554154.jpg
厚揚げの煮いたん。でもね、豆板醤入りでピリ辛なんです。

b0141230_1541076.jpg


「あら」興味をひかれて買ってみた
こんな食べるラー油系
ほかほかごはんにはむろんのこと
きっと納豆にも合うだろうと
思いのほか 辛みも効いてて◎

お味噌汁はじゃが芋とほうれん草
b0141230_1535268.jpgb0141230_1543335.jpg
b0141230_155264.jpg
あ、うずらといえどまたたまご~  ・・・これは、いくつで鶏卵一個に値するのでしょうかね? (今更~)
[PR]
by toaruhi | 2011-10-16 21:33 | いちにち | Comments(6)
Commented by branchette at 2011-10-17 09:20
今日うちは豚キムチの予定!って、のど痛いって発熱してた人にまた追い討ちかけるようなメニュー・・例によってそろそろ酸味出てきたキムチがあるので。
八宝菜のうずらの卵、ゆで卵だめな私も小さい時からなぜか好きだったんだよねー。ビジュアルの可愛さに萌えてだまされたのと、鶏卵のゆで卵の匂いがない気がするんだよね。
しかし、かやくご飯にだし巻き、かき揚げ、イカソーメンなんてすばらしくそそられるメニューですなあ~!コーンのかき揚げは私も大好き。

生コウケンテツさん、うらやまし~ 実物も素敵なんだろうね。
Commented by toaruhi at 2011-10-17 13:54
身体は温まるやろうけどね(笑)
branちゃんとこの豚キムチはどんなかなー うちはもやしとたまご入りだよ(また卵)
あ、そうそう、ブロッコリには山葵醤油だけだよ。
たまごな調味料、マヨは抜き。あ、でもこの豚キムそぼろをマヨに混ぜたら美味しそうかも。
うずらたまごは、可愛くて美味しい。ケンタロウ氏も大好きだったような。
大阪がらみの料理家男子、コウケンテツ氏、見たままの感じだったよ。
水玉ルックの可愛い坊やをあふれかえるような愛情パパスマイルで抱っこしてました。
彼の長兄さんとオットが知人なのですが、ケンテツさんのことは特に話に出ることもなく知らず
かなり有名になってからわたしが気づいたの。兄妹構成や出身地でひょっとして?と。
てか、苗字同じな訳やけど^^パッと見、お顔そっくりでもないので。でもがっしり長身なところは一緒。
美味しいもの食べてすくすく育ったんだろうね~(にこにこ)お兄さんも本人も素敵です。
Commented by hiyo at 2011-10-17 23:13 x
そうそう、「かやくごはん」言いますね!おうどん屋さんでもお昼のセットメニューにつくのは大抵「かやくごはん」だし♪
ちなみに大変ヨコネタなのですが、難波高島屋に福井県のお蕎麦屋さんがあるのですが、そちらでも福井のおろし蕎麦にセットで付くのは「かやくごはん」なのですね。でも、福井県では「ソースカツ丼」が必須。このあたりは関西圏にあわせてるんだ!と感心した次第なのです。 笑♪
冬瓜、切るタイミングに悩みますね。大きいだけに使いきれる算段立ってからエイヤっ!てなもんで☆ 
料理本通りに作ると味付けが濃い、とたろさんも感じられるんですね。私もついつい我流でお醤油とか減らしてしまうのです。。。
イカソーメンに添えられていえるのはアボガド??どちらもネットリ系であいそう!!!
文字数オーバーなので続く★
Commented by hiyo at 2011-10-17 23:15 x
長々とスミマセン。

大阪城公園にもこんな遊具スポットがあったとは!!!子持ちになってからは足を運んだことがないので、それまでは気が付いていなかっただけなのでしょうね~。うわ~~楽しそう♪子供たちの歓声が聞こえてきそうです☆ちなみに、主人と学生時代に付き合い始める前の初デートが大阪城公園でした。うふふ。。。デートスポットだったりコンサートの行き帰りにウロウロしたり仕事の外回りで通ったり就職活動中に休憩したり、、、そんな思い出の大阪城公園です。懐かしい~。

それにしてもコウケンテツさんとお知り合いとは! 
Commented by toaruhi at 2011-10-18 09:11
そうそう、かやくごはんですね。
わたしがよく行った昔ながらの地元の食堂(入口におはぎ売ってるみたいな)お赤飯も選べました。
福井のおろし蕎麦、ソースかつ丼も、食べてみたいです。

冬瓜、さしものうちでも、さすがにまるごと買うことはそうないかも。
でもこれは、かなり小ぶりのものでした(それでも半分ずつ使用)
先日、めいっこの運動会に行ったとき、お散歩してて
(西宮の中心部なのに、住宅街の合間合間に結構畑があるのです)
ごろんごろんなってるのを「へー!」って見ていたら
ちょうど作業をしてらしたご夫婦がいたので、お話が始まり、買ったんです^^
もぎたて(笑)だったので、ほんと美味しく、煮くだけでなく
生食やサッと炒めなんかにもしたらよかったかな。

調味、濃いとひとくち目のウケ(特に男子)はやはり良いのだけど
食べ進んだとき、終わった時のトータルを考えたいのです。
うすあじと、素材の旨みを活かした味との紙一重のさじかげんや境界線、ほんと難しい。同じく歯ごたえも、いつもそう思ってます。
烏賊、それはそれは新鮮でねっとり甘く、アボカドの舌触りと合いました◎
Commented by toaruhi at 2011-10-18 09:22
大阪城公園・スウィートメモリー(微笑)
わたしも、hiyoさん的側面はもちろん、高校時代の試合(ラグビー)のイメージも。
なんてったって、結婚してから自転車でぐーるぐる…が最も多いですが。

あ、ケンテツさん自身ではなく、その長兄さんなんですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そばにどんと来い てまひまの甲斐 >>