<< とま!すき! ツラツララレツ >>

やせの大食い

娘の1歳半健診に行ってきました。
身体測定の際、ザ・大阪のおばちゃんな保健師さんいわく
「あれ、この子軽いよー。食細い?おかあさん、ちょっと気をつけたらなあかんよ」とのこと。
あとで見ると、成長曲線ど真ん中だったのですが、初めて育児の方ならズドドド…と悩んじゃうかもね。
それにしても、どうにかもっと効率化ははかれないもの???と思うほど不毛な待ち時間が長く、どっと疲れました~
b0141230_2340992.jpg
見越していたかのように、筑前煮を作っていってあって良かった。
時季のときは、里芋も入れるのがお気に入りです。
b0141230_23404670.jpg
冷える頃になると、待ってましたとばかりにかぶのたまごとじ。

b0141230_2341895.jpgb0141230_23412587.jpg
素敵なおみやげーズ。
かますの干ものはオット父から。ご友人と行ってきた伊勢の旅のお土産。
きつすぎない塩け、ふっくら・ほっくりした身で、美味しかった!
はやとうりのぬか漬はオット母。伯母様と行ってきたそうです。わたしも行ってみたい^^

b0141230_03576.jpg
そういえば息子も
2歳台の同じような健診の
身体測定の時点で
「あ、この子寄り目か?
眼おっきいからかな?」
思えば今回と同一の保健師さん(笑)
かつて眼の疾患で大変な思いをした体験から
こと眼に関して非常~~~にナーヴァスなオットは
その言葉に動転し大変な騒ぎに
その後の視力検査では何事もなかったが
それでも万が一何か???と安心できないオットは
紹介状を取り眼科で入念に検査してもらい
結果的に特に何も異常はなく今に至りますが…




心配性だから太れないの?そんな父の快腸を受け継いだのは、娘のみならず息子も。

b0141230_2342235.jpg

昨夜はオットの帰宅が遅かったので
わたしと子らで夕食でした
例によっての 麺に米

わたしと娘がひと玉はんぶんこだったのに
息子はペロリひと玉
おにぎりのアテ(笑)に
chicoさん直伝の天かす入りの
ぴーまんきんぴらモリモリ~
オットの分まで残らないというまさかの展開

更には「足らへん」とぬかしお餅を焼いた
それも4つですよ・・・
b0141230_0474821.jpgb0141230_2343423.jpg

[PR]
by toaruhi | 2011-11-15 21:55 | 晩ごはん | Comments(4)
Commented by at 2011-11-16 12:52 x
初めまして。
いつも献立を参考にさせていただいてます。
家庭的な料理が大好きで、同時に器も大好きでして。
毎回、楽しみに見ております。

検診のくだり、私も保健センターの方の些細な一言に涙したことがあり、どこにでもよくある話なんだな、と思いました。
私は妊娠初期の頃で、(なかなか子供ができなかったのね、と言われた)今でも忘れられません。
子供の身体のことはもちろん大切だけど、子供と毎日接している親の気持ちも、もう少し組んでほしいな、と思います。
注意する前に、「娘ちゃんの食生活はどんな感じですか?」と聞いた上で助言してくれたら、受け取る側の印象も違うのにな。
ともあれ、息子&娘さんが健康に育っていて何より。
母さんの美味しいごはんをモリモリ食べてスクスク成長してほしいですね!
Commented by joanna at 2011-11-16 16:55 x
どうも~。わたし、クリスのとき何してたか思い出した。
頭が痛いから勝手に帰宅して予告された待ち時間のころ行ったら
怒られたんやった。
私もあれだけ激やせするほど母乳炸裂やったのに、
低体重でグラフの適正値に届かないものだから、
「出てないのね~」と何度も言われ、何度も出まくりです!
って言っても「いや、絶対出てないのよ」と言われたの思い出した。
あと、東京の保健師さんには常磐線のことしらなくて、
「あれはときわせん?じょうばんせん?」と発言して
ものすごい常識知らずと貶められたこともあるぞ。
あんたほんなら特急宇和海しっとんのかい!と
突っ込もうかと思ったもん。
ようするにあの人ら公務員気質よね~


あ、また辛口でちゃったっ
Commented by toaruhi at 2011-11-16 22:24
雫さん、初めまして!
こうやって、初めましての嬉しいコメントをいただけるのも
続けててこそかと思うと、うきうき♪です。ありがとう!

誰にでもその人自身の繊細な柔らか~い部分があって、そこに刺さる言葉。
心ないつもりもないんだろうけど、だからこそそれがその部分に痛くしみてしまうのですよね。
各人のその部分の柔らかさの内容は、百人百様で、だから繰り返される。
わたしも過去をふりかえってみると・・・
じゃー受取る側の自分の楯を磨いとこか!と鼻息荒く身構えられるときもあるけど
ほろほろと涙ばかり浮かんでドヨーンとしたり、周りに散々訴えて(迷惑な 笑)憂さを晴らしたり。
そんなこんなの末、行きついた答えは
自分が言われたりされたりして嫌だったことはひとにはすまい!と
実行するのがせめてもの出来ること。むしろ意地でもそうしてやる~と息まいたりして^^
ともあれ、他にも楽しいことや幸せなことはたくさんある。
そして美味しいものもある(笑) ・・・と、思いながら日々に感謝~

とにもかくにも、今後ともよろしくです☆
Commented by toaruhi at 2011-11-16 22:52
その辛口が好きなのよ~(笑) 数年前で記憶もおぼろげとはいえ経験済だし
おっしゃるように、責任を持つ気もない紋切り発言にKOされるほどこちとらも若くはないしで(笑)
真っ先に浮かんだのは、第一子お母さんにそんな言い方したらあかんて~おばちゃん!でした^^
最後の個人面談?的なときも、またビミョ~な雰囲気で・・・
いいかげん長丁場やったのも手伝って、途中で、あ、もう結構です~と本気で早よ帰りたかったわ。
またネタとして聞いて(笑)

しかし、絶対!ってなあ~ わたし、母親によく言われたわ・・・
『絶対、ってめったに言うもんじゃないわよ。それこそ絶対言いきり過ぎないほうが良いよ』って(笑)
そして常磐線、その母親の里があるからこそ
わたしも『じょうばんせん』って読めるけど、やっぱりHさんとか知りはれへんで!
<< とま!すき! ツラツララレツ >>