<< 象徴的 矢のごとし >>

こうぶつ

おみごと!に大きい、蓮根ではさみ揚げ
b0141230_12285879.jpg
細身の紅あずま、とっても美しい色に仕上がって嬉しい♪ さつま芋の檸檬煮
b0141230_12292019.jpg
b0141230_12334572.jpgb0141230_12335577.jpg
涼しくなってはきましたが、相変わらずフローズンビールマイブームは続いております・・・
凍らせる時間は結構カンがつかめてきたんですが、これ、注ぎかたが結構難しいんですよ^^ 
ウッカリするとこうしてあふれちゃって、升酒か!なことに(笑)
一時の息子のお味噌汁NGは今や昔(嬉) 
娘はそもそも飲みもの的食べっぷりなので、最近おだしの減りようハンパないです!
*****************************************************************
ぼちぼちとイイ太葱もお求めやすくなってきて、さっそくにうちの定番を
b0141230_12475382.jpg
branちゃん直伝のたまねぎのたまご炒め、生きくらげを加えて中華テイストで
b0141230_124818.jpg
b0141230_12481290.jpgb0141230_12482020.jpg
b0141230_12482848.jpg



銀むつの味醂漬に添えたすだち

これもまた この時季からのお楽しみ

茗荷も 固く 辛みも増してきて

これはこれで 好き~
*******************************************************************************
蓮根にさつま芋、葱、たまごに茗荷に柑橘類・・・ うちの面々の好きなもの=ゆえに常備率も高いもの。
一家の胃袋を預るひとは、皆総じて食べるひとの好物優先で、旬を組ませたり
健康維持に良いかな・・・ と何ぞ加えたりして、日々の食卓作ってるのではないかな。
b0141230_1463511.jpg
そんでもっての? 好物であり常備であり、のごぼうとにんじん、そしてさつま芋も加えてのかき揚げ~

b0141230_1483752.jpgb0141230_1484667.jpg
ま、常連さんといってさしつかえないでしょう・・・ わたしの両親が来ると必ずといってよいほど行くお蕎麦屋さん。
決まって注文する、ざる蕎麦にかき揚げ、釜めしのセットのかき揚げ、この時季はたしかこの組合せ。
休みが合わぬものだから、オットはまだ一度も行ったことないのですが・・・(涙)
b0141230_14153622.jpg
そうそう、生姜もわたしとオットがことに大好き!どっさり刻みこんでのかしわごはんです。

b0141230_14175699.jpgb0141230_1418523.jpg
かしわときたら、親子でたまご? おすましはかきたま汁です。
オット友人のデザイナー&有機野菜くんにいただいた、おすすめのお醤油。
ちょうど淡くちを切らしたところだったので、いそいそと使いました。
うすくちらしい、塩のきいたしっかりした味。

b0141230_1423429.jpgb0141230_14231483.jpg
そもそもの性格に加えアニキがいるゆえ相当におてんばな娘。
それでもいちおうオンナノコ、誰が教える訳でもないのにひとり小首を傾げてシナを作ってみたり
自らをお姫様と仕立てた小芝居を自作自演で熱演したり、よくしています。
きらきらびーだまや、自分でばらばらに分解したネックレスの粒とかを握ったこぶしに入れ
「ドッチに入ってると思う・・・ だ・い・あ・も・ん・ど☆」「おかーさん♪ あ げ る♪ だ・い・あ・も・ん・ど☆」
などとよくしなだれかかってきます。 それもだいたい揚げもの中とか一心不乱に刻みもんしてるときに ややこしい・・・
「ね、 おかーさんもイルでしょう~ だ・い・あ・も・ん・ど☆」
― 正直なところあまりその類の鉱物は興味も必要性も感じぬが、本当にホンモノだったら要らないこともないよ ―
[PR]
by toaruhi | 2013-09-14 23:00 | 晩ごはん | Comments(10)
Commented by hiyo at 2013-09-17 09:13 x
お嬢さんの女子度UP!なんか分かる~~♪
わが家は男子ばかりではありますが、お友達の女の子達が、久しぶりに会うとある日突然「女の子スイッチ」ON!になっているのを何度も目の当たりにしましたヨ。 
女の子のDNAって凄い。 
こうぶつの名前の唱え方がまた。。。。笑 
女の子はプリンセス、男の子はヒーロー。 憧れ、というのは最大のモチベーションなのかもしれませんね。
わが家の末っ子も、スーパーヒーローな自分に日々精を出しております☆
そして秋色しみじみなおかずのオンパレード♪
一つ一つの見栄えの良さはやはり丁寧さと手際の良さのなせる業!
レンコン、大好きなのですがまだちょっとお高いのですよね。
石川産のレンコンが早く出回って欲しいです。
Commented by toaruhi at 2013-09-17 11:13
こけしちゃん顔ながら、瞳をうるうるさせてしなを作る様子はなんとも可愛&笑けてきます^^
蓮根にごぼう、他ならぬ彼女のこうぶつでもあります。
TAIちゃんも早やヒーロー開眼ですか^^
うちは年少の秋とやや遅だったので、そのはまりようの深かったこと・・・

秋色おかず、しみじみと地味・・・決して丁寧ではないのですけども^^
蓮根、イイのになると清水プライスですよねえ。
Commented by branchette at 2013-09-17 23:55
ヘイヘ~イ!ごぶさ!台風は大丈夫だった?警報とか出てたよね・・
はは、玉ねぎたまごの組み合わせは非常にオーソドックスなものなので直伝などと言われると恥ずかし!きくらげとはまたいいね。プラスするものでいろんなテイストにできそうだね。
お芋やれんこんやごぼう、、秋の風が吹いて、根菜ものがいつも以上に恋しくなる季節になってくるねえ。私も今年の夏はホトホトやられまして、秋の空気が嬉しくてしょうがない。これからますます楽しもうねえ。

↑ あっhiyoさんご無沙汰です!たろちんとの大阪おデイト、混ざりたかったわ~ん。 ってヒトんちのコメ欄ですみません。
Commented at 2013-09-17 23:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 100kshops at 2013-09-18 06:16
れんこんはさみ揚げ、わたしも大好物(゚m゚*)

フローズンビール・・・難しいぃ~
凍らせ加減がホントに難しいですね。
開けた瞬間、泡が飛び出し 溢れ続けるビールを吸い込む・・・
こんな失敗ばっかりやってます( ´△`)
Commented by i-pota at 2013-09-18 12:08
こんにちは♪
れんこんのはさみ揚げ、大好きです♡
大きくて食べごたえがありそうですね。食べたいです(笑)^^;
さつまいも綺麗な色ですね。
私も今日はこちらを見て、どれも作りたいんですが、
ごぼうと人参のかき揚げにしようと思います^-^
今日も元気を貰って帰りま~す(´ー`)/~~
Commented by toaruhi at 2013-09-18 20:35
おかげさまで、わたしは特に被害はなかったのだけれど・・・す、すごい雨でした~
報道での各地の被害にも愕然やね・・・

いやいや、直伝でござるよ!うちは、にんじんも入れるのが定番化しつつあります。
大橋歩さんだったかな・・・たしか、玉ねぎとたまごのこんなふうなのを
胡麻油で作ってはった気がします。台湾風といっていたような。
今年の夏の暑さはほんとうにえらかったね・・・
夏生まれで暑さも平気なbranちゃんをして、その言葉。
だいぶ涼しくなってほっとする今日この頃だけど、だからこそ更にご自愛めされよ~

hiyoさんまじえ~の、大阪デイト、もちいつぞやか実現のほどを!!!!!
Commented by toaruhi at 2013-09-18 20:40
> 2013-09-17 23:58 さん

やんやんやん!嬉しはずかし秘密のお言葉ですがな!
そうなのねそうなのね!仮名は麗子だね~ って、ベタ過ぎる(笑)
押収はだめよ、応酬よ♪ 欧州に共に行ってもいいわね♪
一緒にクネクネするの、楽しいよ~ 我を忘れてクネクネするほど、喜ぶしね^^
Commented by toaruhi at 2013-09-18 20:44
あらっYASUさんもフローズン派ですか♪
あれこれ試してみましたが、ほんもの(っていうと変ですが)ビール、どうやら
うまくフローズンにするのは難しいです。
第3種がうまくいくアベレージ高し。中でも『麦とホップ』が最も◎
『のどごし生』は、ビール並みになかなかうまくいきません。
・・・ととと、えらく語ってしまいました(笑)
でも、こんなふうにビールの冷えをとやかく言うのって、日本人だけらしいですけどもね^^
Commented by toaruhi at 2013-09-18 20:48
ぽてさんもお好きですか♪ 蓮根のはさみ揚げ、ビジュアルもいいですよね。
ごぼうとにんじんのかき揚げ、うまくいきましたでしょうか?
わたしは、今までだったら、薄~い拍子木切りにしてたんです。
(揚げもの上手な母がそうなので)
でも、その蕎麦屋さんがマッチ棒のように切ってはるのを見て真似てみたのですよ。
あ、ピーラーで全部しゅるしゅるに切るのもやってみたことあります。
いずれもそれぞれにうまくいきましたが・・・
かき揚げ、どんな場合も、具材に雪化粧のごとくお粉をまとわせてから
天ぷらごろもをつけて揚げます。
<< 象徴的 矢のごとし >>