<< らんらんランチ 象徴的 >>

良妻でも賢母でもなく

自他共に認める大食漢一家
b0141230_15471466.jpg
せんきゃべつ、どーん!刻むのは好きなので、苦にはならないのだが
響き続ける音に耳を集中させながら刻んでいると、脳内での自身の姿はキツツキ。
b0141230_15491473.jpg
こんだけきゃべつがあるからにゃあ・・・の、ころっけ、どーん!
おやすみデーの夕飯が何か、ということについて、異様に必死な男衆。
そうそう外食ばかりもしてられないし、かといって少々気楽にもしたいし(わたしが 笑)
・・・で、「ころパーでどない?」のわたしの提案が今週は採択され
おひるのうちにお気に入りのお肉屋さんに走っておきました。
b0141230_16154287.jpg
もーこーなったら、付けあわせにケチャスパでも作るか!となった。
そこで思い出した、微妙~な量のタリアテッレ、なんでだか一個だけある’青の洞窟’のボローニャソース。
少しはこじゃれた添えものになったかな~ 案の定、争奪戦でした^^
b0141230_15541025.jpg
先日煮いたところだけど、冬瓜をいただいたので、鶏そぼろ煮に。
濃いおだしとお醤油の薫りのコラボに、煮たきされた大根的な匂いが加わると息子は必ず「おでん?!」と言う。
先日は、きりぼし煮いた日におでん?おでん?瞳を輝かせ騒いでいた
b0141230_1612587.jpg
青唐辛子の風味がぴりりとする、その名も『唐味漬』なるたくあん。
もー、ちょこっと切ったところで・・・と、まるまる一本タタタと刻み、どどんと盛り^^

b0141230_16203048.jpg

オットと子らが外で遊ぶ声を聞きつつ
ここまで作ったところで 20分が経過
卓上に並べたら なんだか 
ポッツーン・・・ な気がするが
通常な感覚からすると どんなもんでしょう?

も もう わからない・・・
b0141230_1635369.jpg


おあまりのきりぼしを出したりするも

結局 保険に だし巻たまご

かくして皆の衆を招集

いただきまーす
b0141230_16402665.jpgb0141230_16403317.jpg
ゆめゆめ忘れずフリーザーインしてた泡。やはり、本物のビールはあまり上手にフローズン化しない・・・
***********************************************************************
b0141230_16431844.jpg
かと思えば、大成功するときもある
b0141230_16435516.jpg
もう今季は食べることはないかな・・・と思っていたゴーヤー(→Tくん、ちゃんとのばして表記しました)
ご近所の人生の大先輩から自宅になったものを頂戴しました。
このおばあちゃま、いつもにこにこイキイキ、お声も明朗、お肌もつるつるぴっかぴかで
このように齢を重ねたい・・・というお手本。
b0141230_16472250.jpg
いつも通り、4、5本やそこらのストックはあったのだけど、深い訳なく1本ぶんしか作らなかったきんぴら。
特に娘から「チんぴらはぁ~?ねー、チんぴらはぁ~?」と大ブーイング、す、すまぬ。
**********************************************************************
オットおやすみデーの日以外、ほんとうに毎日誰かしら息子の友達が来ている。
習い事がある日であろうが、それまでの寸暇を惜しんでまでも、集いたいらしい・・・
家の中で遊ぶなら、おもちゃのある部屋でという約束で、わたしは別室ゆえ、基本おかまいはまったくしないし
娘もいっちょまえにまじって大変楽しそうなので、わたしとしても全然OK. 今の今も、階下から男児と女児の歓声が轟く・・・
b0141230_16504160.jpg
これからサッカー団の練習がある・・・というとあるひ、たまにはね~とこんなのを出した。
焼いても焼いてもおかわりの嵐で、小2男児トリオに娘、なんだかんだと1斤ぺろり~

うちの胃袋にあわせて煮炊きする量、このまかない感覚は、もはや・・・ りょ、寮母!
[PR]
by toaruhi | 2013-09-20 16:44 | 晩ごはん | Comments(0)
<< らんらんランチ 象徴的 >>