<< いただいてまかなう こじらせ女子 >>

日曜食堂

♪ きみの 吐いた 白い 息が いま ゆっくり 風に乗って・・・ ♪ 
b0141230_1942731.jpg
オープニング画像は夜の新宿、そして豚汁製作風景・・・食いしん坊のご多分にもれず、ドラマ『深夜食堂』が大好き
b0141230_19455073.jpg
にちようび、T子さんとM家ブラザーズがお越しとあり、いそいそと食堂開店準備♪
午前中いっぱいは日曜参観があったため、朝イチ豚汁作っておきました! ↑ へー、お揚げ入れるんや~と真似てみた
b0141230_19525679.jpg
お顔を見てから、こちらを揚げて・・・ わたしの芋天、といえばの紅生姜とのかき揚げ~
b0141230_1957198.jpg
安納芋の鮮やかな黄色と、紅生姜の紅が綺麗でしょう
b0141230_14304119.jpg
おとっときの美味しいチキンソーセージ(m*ちゃん、冷凍したまま忘れてた!ご馳走様~~~)
ちょっと細めの大根くらいも長さも太さもあるような業務サイズなのに、一同ぺろり!

b0141230_14351256.jpg

ここのところのエンリョノカタマリあれこれも

さらえておくれとばかりに並べました^^

ありがたいことに 完売御礼
「ずるい!なんでぼくらはお茶やのに~~!」「ええやんええやん、色は一緒やろ」
b0141230_14364045.jpg
マスターも、お客のT子さんもちょっと一杯いきたいほうなんでねえ・・・ここの食堂は飲めるんですよ^^
初夏に漬けた黒糖梅酒、ちょうどいいわ~と口あけをご一緒してもらいました♪
b0141230_19564814.jpg
梅酢にしっかり漬かった昔ながらの紅生姜、こんなにお年寄り多しの下町でも^^なかなか売ってないんですよ~
十数軒あるスーパーの中の、ひときわ年齢層高め(わたし調べ)の元・公設市場のスーパーにすら
ちゃうねんちゃうねん!そんな朱色のんじゃないねん!というのしかなく。
ないとなると是が非でも・・・となり、あ☆あほかわたし、お漬けもの屋さんやったらあるに違いない!と
勇んで走りこむ(騒々しいな) 果たして、笠智衆似のおじいちゃんから、無事購入。
今度からここで買ったらいいねんなー、あーよかった、とマスクの下の(まだ風邪ぎみ)口元をゆるませつつ
娘のお迎えに自転車を走らせながら、紅生姜なあ・・・紅生姜といえばこれじゃないと、と思ってしまってるのは
この夏亡くなったおばあちゃんの紅生姜がこれやからやわなあ・・・ 銀色のふたの、ちょっと水色がかった瓶に
梅紫蘇と一緒にいっぱい漬かってたなあ・・・ てゆうか、このさつま芋と紅生姜の天ぷら自体
おばあちゃんちにいたお手伝いの方がこうしてはって、まだ若かりし嫁いだばかりのわたしの母が
何かの折に食べてアラ美味しい~と感心して(関東出身の母は大阪ではフツーの紅生姜天自体知らなかっただろう)
以来こうして作るようになって、わたしはそれをスタンダードと思って大きくなって・・・ 
などとつらつらと思っていたら、また『おばあちゃん・・・』となってしまい
ぽろぽろぽろぽろ涙が出てきてとまらなくなり、あかん、もうすぐ幼稚園に着く~
しかしマスクとニットキャップと眼鏡とストールぐるぐる巻きの中で笑たり泣いたりせわしない・・・と思ったら
また笑えてきて、もはやどうしたら平静な表情に戻せるのかわからなくなったところで到着。
          *********************************************
・・・と、そこまでを日曜の晩に書き、先ほど『深夜食堂 第24話』、1週遅れで観たのです。
テーマはまさしく『紅しょうがの天ぷら』!!!
地元が同じであるがゆえに勝手に親近感を抱いている谷村美月がその回のヒロインでした。

小道) しょうがはすっかり水分を切って、スライス。
    衣を付けたあとは…。
かすみ) ジャ~や。
小道) はい。
[PR]
by toaruhi | 2014-11-18 05:50 | おもてなし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いただいてまかなう こじらせ女子 >>