<< 餡ビリバボー ジミーに首ったけ >>

・・・ちゅうか、逃げる気?

冷やし中華 多用中
b0141230_14481739.jpg
あれほど「冷麺と名のつくものは韓国風のでないと嫌だ」と言っていたハム嫌いのオット。 この程度ならアリ
齢重ねて嗜好が変わったのか、昨夏あたりからとても好きになったらしく、自ら買ってくるほどに・・・ 
わたしも実家で食べた記憶がまったくなく、上記の理由で近年までほとんど食したことがないので
めずらし美味しい~  子らも好きなようなので、暑い時季にはもはや定番の殿堂入りだな^^
むしろ韓国冷麺、最近ちっとも食べてないよ^^ ぴょんぴょん舎の、食べたいなー
b0141230_14483033.jpg
麻婆ホニャララ、とつく類のものが得意と自負、何かっちゃ作ってしまうので通年多用中

b0141230_14484894.jpg

日々 夜の汁ものはたいていおみそ汁

お味噌を用いる麻婆ホニャララの際は 

スープか?おすましか?いつもすこし逡巡

子らが たいへん好きなので

近ごろは かきたま汁に落ち着くこと多々
冷や奴、とにかくしっかりと水気を切ることが最大のポイント。
おかわりフリーのオニスラ、こーんもり多用しても最後までびしゃっとなりません
b0141230_14491314.jpg
少々ガーリックをきかせた、辣油でビリビリ~ の醤油だれでいただきます~

b0141230_1450144.jpgb0141230_14502641.jpg
にらといえばたまご、出逢いモノの組合せ。
こうゆうひらたい円状のものを両面焼きするのはわりと得意・・・ なーんて 
空中でひらり、カッコよく・・・ でなく、フライパンと同じような口径のお皿を用い返します(笑)
豚こまも入れて、なんてにらたまの場合は、こうやって炒め合わせてふーんわり、が気分~
*************************************************************************
20年近くも前に習った中国料理の講習のおかげで(講師のシェフの方が最高にダンディで素敵だった)
家庭で作るなりの火の通し方をはじめ、何より一瞬の気合の込め方が身に沁みこみました。
以来、時間がないとき・アイディアに詰まったときはその勘頼み、中華に逃げるわたしです。
b0141230_1450090.jpg
十数回のその講習のメニュウの中に、餃子はありませんでした。
だから? 放射状に並べて焼くのはまだ上手に出来ません・・・ あらためて、教えを請いたい(笑)
[PR]
by toaruhi | 2015-06-29 06:50 | 晩ごはん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 餡ビリバボー ジミーに首ったけ >>