<< ⇔ 買った肉 役に立つか? ⇔ ⇔ さすがにこの暑さ 行けば警... >>

こ・ん・せ・ん・と・れ・い・と

― 集中力も 途切れるっちゅうねん! 台風一過ののちの 猛烈な暑さにへこたれてます
b0141230_23171570.jpg
「おかーさん、ぎゅーどん食べたいワ、紅しょーがで~」 息子の案、そのまーんまいただき

b0141230_2312573.jpg

とろんとやわらかい おなすに たまご

しゃきっと茗荷の 食感と香味

この組合せ ほんと好みやわ~ 

ありがとうbranちゃん♪ 食べるたび思います
b0141230_231831100.jpg
おくらとコーンの組合せも 誠にあきない
****************************************************************************************
先日のオットおやすみデー 暑さを避けて午後遅くに ぶらりと心斎橋界隈へ~ 夕食もそのへんで
b0141230_15552971.jpg
息子よ、これこそが真の『かるぼなーら』だ ・・・と、オーダーしたのはわたし^^
b0141230_15553995.jpg
スモークサーモンののった ジェノベーゼパスタ 檸檬が爽やか~ これはオット
b0141230_23303449.jpg
とろろと組みあわせてるのが 眼からうろこ!明太子パスタ  きっと・・・?と思っていたらやはり息子

b0141230_2332318.jpgb0141230_2337014.jpg
肉食娘は 一切迷わずボロネーゼ^^
ほんのりカレーのような薫りがきいてて、貴重な部位の牛すじを用いているそう。
お店としてはこれが看板メニュウのようで、自家製パンのトーストに、これまた自家製?のソーセージに
このボロネーゼとサルサソースをかけた一品も美味しかった♪
しっかりお食後も(笑) パスタとフレンチトーストがウリのお店だったんです~
b0141230_23401220.jpg
男性がひとりで何もかもやってらっしゃるお店でした。
最初はわたしたち4人だけだったのが、その後みるみるうちにほぼ満席に~ 
オットと息子以外、すべて女性客^^
オープンキッチンだったので、興味しんしんで男性の立ち働く姿をガン見していたのですが(迷惑)
どんどこ入るオーダー、飲食店とはすべからくそうでありましょうが、何しろパスタのお店なので
茹でかげんはじめ、手順や優先順位のわりふりはことに求められそうなだけに
お兄さんの行動は、どんどん高倍速に~ それでいてもちろん笑顔は絶やしてはならないし~
生麺を沸きあがる湯に投入する、その間にサラダを盛りつける、フレンチトーストの焼き加減を確かめたら
今度はパスタの湯切り、熱いソースをからめて盛って、あっフルーツジュースも入れなきゃ、etc・・・∞
ううっわああああああ~ これは大変や~ 手伝ったりたいけどそれはナイしなあ・・・と更にガン見(するんかい)
飲食業ではないが、職場ではわたしも、他と連携はとりつつもわたしの持ち分に関しては
わたししかいないので、したがって全責任もわたしひとり。
フルオープンというほどではないにしろ、結構眼に見えるようなスペースで仕事しているので
めっちゃ忙しいときこんな感じなんやろかわたしも・・・?と思ったり。 って、自意識過剰か! 笑
どんだけ忙しくても、結果的には気の余裕につながるはず~ 深呼吸の意味合い兼ねて
実際の応対や電話の受け答えの際には絶対ににっこり!と心に決めているので
繁忙時は眉間にしわ寄せ頭はフル回転、千手観音のごとく手足動かした直後には
顔も声もニカーッとさせて応対してる自分を客観的に想像すると笑ける^^  だーから自意識過剰か!!!
時としてこなすべきことがスゴイ山積するのだけど、臨機応変に優先順位を組みかえつつ
その順に、正確にこなしさえすれば、必ず時間内に山はかたづけられるので
スキッとかたづいたときの爽快感を思って、きゅうううーーーッと集中するの、楽しいです^^
仕事をはじめて、まず最初に思ったのは、この集中しきってる時の真空状態みたいな
いわば”無”になる感じが、たまらなく心地良かったこと。
家事や雑音から切り離された環境で、自分だけのペースで物事をすすめて完遂できるのが嬉しくて新鮮で。
未だに、その心地よさ嬉しさ新鮮さは褪せず、何よりもひたすらに有難くて感謝の気持ちは増すばかり。
その感謝の意は仕事ぶりに反映せねば!と日々はりきってます~ 暑苦しいほどに(笑)
************************************************************************
ひとたび帰宅すれば 意識はぱちっと切替え~(これがまた快感) 
ひきつづき つくりおき強化キャンペーンまだまだ実施中 ゆる~っと集中しています
b0141230_0535791.jpg
マカサラよりは 若干気合が要る(わたし内)ポテサラ、今回かなり上出来だった
b0141230_054789.jpg
キャロットラぺっていうの?それを大変気軽に~ だってすし酢~
b0141230_0542046.jpg
大量に作ったら作ったで、気前よく出してしまい⇒快く食べられてしまい(笑)
『常備菜って言葉の意味は何?』になってしまうことはようやく身にしみてわかったので(遅) 
もはや数回持たせたい目論見は捨て、数種作ったら数日は気楽という方向性にスウィッチ。

b0141230_22291316.jpgb0141230_22295241.jpg
鯵や新たまねぎのフライ盛りや

到来ものの 美味し~い味噌漬魚や

知る人ぞ知る 街のはずれの名店の焼鳥

手慣れた回鍋肉 などなどのメインさえ決まれば
b0141230_22292447.jpgb0141230_22293885.jpg


副 菜 は ご あ ん し ん~~~




この三連休中、ひさしぶりに実家へ。 日中は母と子らと、実家から遠くない『ハーベストの丘』で
おおいに遊んで陽にあたり、楽しかったけど疲れた~! 夜はおごちそうで満腹~
四十路を越えてものんき娘、早寝しようかしらん・・・と思った矢先、母の書棚がふと眼についた。
並ぶ中に、わたしも大好きな遠藤周作・狐狸庵先生~ 
氏の作品は網羅していたつもりだったけど、記憶にない題名のものが一冊。
1974年初版の『口笛をふく時』 戦中派の父親と戦後生まれの息子の話が交錯しあう物語です。
気になって読みはじめたら、まったくとまらなくなってしまい、そのまま読破。
本の中に集中し過ぎて、周囲の音も聞こえてるし見えてるんだけど
すっぽりと透明の壁がめぐらされてるみたいな感覚を心ゆくまで堪能できたことが
読後湧きおこる感動や感情と共に嬉しくて嬉しくて~ まさしく口笛をふきたい気分だった深夜25時。
読書は大好きだけど、感想文はうまくないのです・・・ 端的に、月並みな一言に尽きますが 

『やっぱり 絶対 戦争は嫌!』

”絶対”って言葉はそうそう使うべきではないと、よく母に言われたものですが
こればかりは大声で、ほんとうに ”絶対” 嫌!!! 
それこそ皆が”絶対”そう思ってると思うのだけど・・・
法案として成立したら、動きには”絶対”従わねばならないもの? 戦争と同じくらい ”絶対” 嫌や!!!
[PR]
by toaruhi | 2015-07-21 16:41 | そとごはん | Comments(2)
Commented by branfood at 2015-07-23 23:22
こちらこそありがとう!玉ねぎたまごといい、うちが発祥でもなかろうなんでもない組み合わせではあるが、たろちんのように真のお料理上手・食への飽くなき探求心のある方のおうちで定番にしてもらえてうれしいです。さらに進化・工夫されているのも。

相変わらず、忙しいだろうにおいしそうなお料理ばかりで、もともと夏に食欲がなくなることはないけどさらに刺激されちゃいます!!たろちん自身は暑いの得意じゃなさそうだけど、このブログには暑さ負けや夏バテの要素はゼロだね!毎度、食欲もらって帰ります。ごっつぁんです。
Commented by toaruhi at 2015-07-27 15:04
おへんじ、甚だ遅くなってごめぬ!!
ここのところ、たまねぎを頂くことが重なって
しばらくたまねぎ買ってないくらいあるんだけど(嬉~)
それを知ったオットまでもが「たまごと炒めるやつ美味しいよな」
って言ったくらい定着してるよ~^^

そうそう、branちゃんは夏でも食欲落ちないって言ってたよね(って自分は違うみたいな言い方すな)
夏生まれだからかな?わたしは冬生まれだからか、仰るとおり、暑いのはちと苦手で寒さはどんと来いの大好き。
それでもだいぶ暑いの平気になってきたつもりなんやけどね。自分比では。
ころもはんのパワー炸裂の折、branちゃん暑さに強くてまだしも?
だけど一緒になってジャブっちゃう訳にもそうそういかないしね(笑)
あ、うちも息子も娘も「そ…そんなに?!」って驚愕するほど
逆の性別に言われたよ~ 特に息子。
いっそスカートはかそうか!りぼん付けよか!くらい。
コットンとはいえレ―シィな服を着て自転車で『眠る』娘に
「男の子はええなあ!」言ってくれた八百屋のおっちゃんもいたよ・・・
<< ⇔ 買った肉 役に立つか? ⇔ ⇔ さすがにこの暑さ 行けば警... >>