<< ⇔ 実り、栗の実 ⇔ ⇔ 和気あいあい、秋は ⇔ >>

細く 長く

麺 麺 め~ん の、オンパレード
b0141230_019873.jpg
b0141230_1949240.jpg
美味しいブロックベーコンをたくさん使って・・・
マッシュルームがグッジョブ!なぺペロンチーノ、そして昔懐かし~い感じの甘めのナポリタン
b0141230_19491438.jpg
わたしのド定番、ごぼうとおじゃことお葱の和風あじ
b0141230_21405451.jpg
以上3種で、1200~300gほどのパスタを茹でたでしょうか?
何しろ子ども9人・大人4人ぶんが食べたもので^^
このシルバーウィーク、日々誰かがお泊まりしたり、ごはん食べたり、それはそれはにぎやかでした♪
b0141230_21513227.jpg
まずは初日、3年前に京都に越した友人母子のお泊まり企画。
ゴールデンウィークには、わたしたち母子が京都に行かせてもらい
シルバーウィークにはそのご返礼~今度はこちらへ・・・と、ひと月ほども前から決まって
おやこ共々、とっても楽しみにしていたのでした♪
で、この麺は何かと言いますと、わが街にいくつもある商店街の中のひとつの、とあるおうどん屋さん。
彼女たちがまだこちらに在住当時、よくよく通ったという懐かしい味を再び!ということでランチに。

b0141230_21382330.jpg
ご夫婦ふたりで切り盛りする
地元に根付いた小じんまりしたお店
「あら~!?大きくなって!」
すぐに彼女たちのこと思いだして
越した先が京都だということも覚えていらした

このお揚げが ことに絶品!
おむすび・だし巻・小鉢が付いた その名も天国定食
どのお味も 彼女の故郷である四国のお味に
限りなく近いんだそう
そしてその日の夜には、息子のサッカーの対外試合がありました

b0141230_20395218.jpgb0141230_2040762.jpg
せっかくたっぷり遊べるのに試合ってー!ほんでなんでまた夜にあんねん!
近いならまだしも電車で行くような場所やしー!息子さんざん吠えておりましたが
みんなでそれを観に行くことでまる~く納得^^ 
彼女自身が大のサッカーファンであることと、彼女の1年生の息子もサッカーを始めているので
4年生ってどんな?という興味もあるし行きたい!と有難~い申し出により、わいわいと・・・
b0141230_20483025.jpg
帰宅してかわるがわるに入浴したらもはや21時過ぎ!
サッと食べられて、それでいて楽しいごはん、何がいいかな?と考えて~

b0141230_2054528.jpg

ほんのりカレー風味の肉そぼろと
こってり甘辛味の牛肉炒めをどーん
各種野菜に キムチに納豆まで?

はい そのココロは
各人お好みでのっけてのっけて・・・ の ビビンバふう☆ 果たして、たいそう好評を得ました☆
b0141230_20592663.jpg
一夜明けて・・・ 今度はそこに、4人の子を連れた共通の仲良しが関東から!
これはSWの直前に、「連休中、そっち行こうかと思うんだけどいい?」とLINEが入り
そもそも京都の友人お泊まり企画があったこちらとしては「もっちろーん◎」とトントン決まったこと。
その友人も、京都の彼女と相前後して関東へ。 けれど、絶えることなく交流が続いているのです♪
関東の彼女は車の運転が大好きで、長距離をものともせず来てくれることもおおいに手伝ってます。
思えばその頃は、仲良くしていた友が偶然にも相次いで、おいそれとは逢えない距離に越したのですが
春夏冬の長めのおやすみや、こうした連休が続くときなど、必ずお互いの存在を確認。
こうしてうまく逢えるときもあれば、折りあいつかずのときもありますが
そばにいた頃と変わらない気持ちでおつきあいが続いていることがとても嬉しい。
実際、ひさしぶりに逢っても、そんな感じがまったくないんですよね。
何かっちゃ集まって、親は親どうし、子らは子らで遊ぶ姿があの頃のまま。
いや、子らの身体は成長してるんだけど^^ お互いの気持ちや関係性が変わらないのです。
ともあれ連休2日めには、京都の友人母子・関東の友人母子、そして今も近所に住まう
友人母子も加わって・・・冒頭の画像、総勢13人のパスタまつり、だったという訳☆
          
その夜、自宅へ帰る京都の友人と共に、関東の友人母子は今度は京都宅泊の予定でした。
シルバーウィーク中の京都、超渋滞にハマりこんだら大変~ そこで車はうち周辺において電車で移動。
となると、車を取りに、またこちらへ戻って来る訳で・・・ 
すると息子が「そんなら僕も明日(関東友人の)みんなと帰ってきたらいいやん! 
だから(京都の)◎◎ちゃんちに泊まりたい!」と言い出した!もちろん娘も^^
京都の友人は「うちならいいよーここまで来たらもう何人でも一緒やし!」と言うし
わたしも行けたら無問題だったのだけど、わたしはその夜、また別のお約束があって
そもそも皆が辞したら、そこからオットの帰宅まではオットの両親に息子と娘を頼んでいたのです。
息子も娘も前日からの興奮と楽しさが続いてるものだから、行きたい~行きたい~と大騒ぎ。
やっさもっさの末、息子だけが行くことに。
娘は、近所に住まう友人がどーんと請け負ってくれたんです。彼女の5年生の次女ちゃんが
娘をとても可愛がってくれて「お父さん帰るまで遊んどこか♪」の言葉に「そうするぅ~」とコロリ納得^^

はたして、夕方みんなを見送り、わたしは一路、地元へ~
中学2年のときのクラスの子からのお誘いでした。
内ひとりの子からの、福岡から帰省するからひさしぶりに…との連絡が発端だったのですが
わたしの毎度おなじみ小学校時代の盆/暮れ定例飲み会ならともかく
中学は35歳と40歳時に行われた、二度の学年全体の同窓会があったきり。 
ま、その際にしていた連絡先交換のおかげで成ったお約束、ノリの良さならまかせて!のわたしは
嬉しくほいほいのっかった次第。もっと来るのかなあ~と思いきや、結果的には
わたしとあとふたり(それも男子)というミニマム構成で、ちょっとお恥ずかしゅうございましたが(笑)
それはそれ、昔懐かしき旧知の仲、とっても楽しかったです!
そのふたりは、中学以降もずーっと仲良くしているそうですが、それぞれの今日までの来し方の
ダイジェストだけでも面白かった^^ 何より、当時のあれやこれや~もね。
福岡の彼は、今回家族をUSJに!とのミッションでの帰省、翌日超早起きで行ったそう。
過ごしやすい季節の、大型連休真っただ中のユニバ、いったいどうやったんやろうか・・・?
もうひとりの彼は車で来ていて、通り道だからと最後、わたしを自宅まで送り届けてくれて感謝感謝感謝!
また次回を楽しみにしているところです。
b0141230_1543492.jpg
そんなこんなで今、各地の代表銘菓がたくさん・・・ 物産展のようです(笑)
b0141230_15491774.jpg
さて翌日夕方、関東の友人母子と共にウッハウハで帰ってきた息子^^
関東の友人の弟さん一家が大阪にいるので、この日友人母子はそこに宿泊のはずだったんだけど
なんだかんだの話の流れから、友人と次女ちゃんは前夜娘をお預かりしてくれたご近所宅泊となり
長男くんと三女ちゃんはわがや泊に。長女ちゃんは、こちらに来た当初からずっと、また別の
同い年の仲良し宅泊していて、折々にうちで過ごしたり、ごはん食べたりしてたのです。
この長女ちゃんは今、中学2年生。
もちろんもれなく絶賛中二病だけど(笑)何かと「MちゃんMちゃん」と懐いてくれてます^^
小さいときから知ってるし、わたしと一脈相通ずる部分もあってわかるというか、とても可愛いの。
おりしも前夜、中2時代の子たちと逢っていたので、「ふーむ中2とはこうだったか!」と
いっそう感慨持って眺めたりもして(笑)

b0141230_15483194.jpgb0141230_15484262.jpg
b0141230_1549266.jpg
そんなこんなで もはや家族というか
親戚というか 気の置けない間柄

とにもかくにも ごはん食べとこかー と
急いで大鍋にとん汁を仕立て
初日の牛肉やらそぼろを芯にして
巻きおむすびといったていのものを作り
わいわいがやがや みんなで食べる

・・・この風景も まったく変わらない
   そして永遠なれ と思います




さて、そんなこんなの間、オットはどうしていたのか?そんな飲み会行くのんアリなんや~など
娘の園つながりの母などとよもやま話中に驚かれることが多かった。
そういえば中2時代男子たちも、子どもさんを義両親に預けれるんや~(結果的には違ったけど)
すこしびっくりした様子だった。
京都友人お泊まり企画が成った当初からオット、「そんじゃ俺は夜は実家で寝るわ~」と言い
わたしの友人関係を掌握しているオット両親も「はい了解」でした。
ちなみに京都友人は、一階にご主人の御両親で二階が自分たち家族という住まいなのですが
留守中のご主人の食事等は御両親宅、大挙して宿泊することにも特に異論はなさそうな様子。

・・・尤も、どちらの夫も両親も、自由過ぎる嫁を自由に泳がせてくれているのかもしれません(苦笑)
[PR]
by toaruhi | 2015-09-25 19:19 | おもてなし | Comments(2)
Commented by fusk-en25 at 2015-09-26 22:02
はじめまして。
「あすに架ける」からきました。
爽快ですね、この食卓。。。豪快の方があたりかな。
私も客好きですが。ちまちました日本人の集まりとも思えない豪放さに
圧倒されはしないけれど。。。嬉しい気持ち。
Commented by toaruhi at 2015-09-27 20:31
いらっしゃいませー! パリ~からようこそ♪
豪快、豪放・・・(笑)
何しろ食べざかりの子どもが大勢いたもので
炭水化物攻め戦法に打って出ました^^
そもそも、繊細なお料理はできないのですけどもね^^

fusk-en25さんのブログ、さらりと拝見させていただきました☆
な、なんて素敵な器づかい・・・洋に苦手意識あるので、いっそううっとり。
わたしと同い年の息子さんがいらっしゃるのですね。
根っこは同じ大阪人ということで(笑)これからもよろしくお願いいたします♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ⇔ 実り、栗の実 ⇔ ⇔ 和気あいあい、秋は ⇔ >>