<< 人はパンのみにて生くるにあらず ⇔ 実り、栗の実 ⇔ >>

ハンバーグ 師匠

秋は何かとおべんとう
b0141230_14112785.jpg
娘がとても楽しみにしていた、お芋ほり遠足。
「おッチいおかずははんばーぐ!はムにまいてあルやさいと、おくらのまいてあルたまごやチと
ごはんはうめボし!ふるーつはわけわけしたいからたくさんいれてクダサい」 ・・・を、叶えました。
b0141230_14105522.jpg
それを羨ましそう~にいじいじと眺めていたその兄(10歳やであんた)には
翌日行われたサッカーの大会に、ほぼ同じものを持たせた。 てゆーかこれに加えてランチパック3つ
b0141230_1412329.jpg
オトナどもは夕食として賞味いたしました~
SW、娘をお預かりしてくれた友人宅にて、夕ごはんにおふろまでお世話になったのであるが(感謝)
以来、じゃこぴーまんが美味しかった美味しかった食べたい~とさかんに迫られ、作ってみた。
娘よ、そんなにぴーまん好きやったっけ?ってくらい も~りもり^^

b0141230_14272525.jpgb0141230_1427403.jpg
わたしは幼少時から、とてもぴーまんが好きだった。
わたしの母と、オットの母限定なのか?はたまた世代的なものなのか?
いずれの母も、ぴーまんの肉詰めをよく作るので、子らにもたいへん親しみ深いおかずとなってます。
b0141230_14405162.jpg
わたしが作ると、「あ、おばーちゃんの作るあれやな」と言われるほどに。
ぴーまんの肉詰めのみならず、どのおかずも最も影響を受けているのであるけれどもねえ・・・
b0141230_211986.jpg
ハンバーグに衣をつけて揚げるとミンチカツ、の認識でおおむね合っていますか?
ハンバーグだねをこねてまるめた上に、更にころもをつけて揚げるだなんて、なんてお手間な~
・・・ってこれ、COOPさんのを揚げただけです(笑)
b0141230_2117411.jpg
大豆ミートやお豆腐を使ったハンバーグを『畑のハンバーグ』と称するのでしたっけ?
うちはそれより更に手軽な、厚揚げを焼いたもので喝采、ありがたい(笑)
***********************************************************************
三十路近くまでお好み焼きをお好みでなかったわたしがお好みを好むようになったのはオット母のおかげ。
b0141230_1552798.jpg
思えば、初めてご挨拶に伺った際ふるまってくれたのもお好み焼きでした。
 固くならずに、気楽~に逢いたかったからと、のちに聞いた(´ー`)
そのときはわたしとてすこしは緊張もしていた(であろう)ので、覚えていないが
結婚以来、何かといただく内に「なんて美味しいのだ!今までソンしてた!」と
どんどん好きになり、今や自分でも献立のひとつにするまでに。 
とはいえ、まだビギナー気分が抜けないので、師匠(オット)の機嫌をそこねはせぬかと(オーゲサ)
ちょっとこわごわ出すのだが、毎回及第☆おほめをいただいております♪
b0141230_15142479.jpg
絶品お好み焼きを食べて育ってきたオットは、何しろそもそも好きなものだから
ご存じ、おやすみデーにも頻繁に登場。
お好み焼きの名のとおり、各人各家庭のお好みの配合がおありでしょうね。
うちのはわりにきゃべつ度が高いかもしれません。ねぎもどっさり・水気はおだし、たまごも多め。

b0141230_15143874.jpgb0141230_15152591.jpg
オットと娘はもだん焼き派(娘は焼きそばが大好きなので)、わたしと息子は豚玉派。
家族で食べるときはホットプレートで、焼くのはオットと息子に 丸投げ 全権委任。
もだんのときは、こうして両面から生地を流して焼きますよ。
[PR]
by toaruhi | 2015-10-03 22:00 | 晩ごはん | Comments(6)
Commented by fusk-en25 at 2015-10-04 08:00
大阪人ではありますが。祖母はおそらく一度もお好み焼きを食べなかったと思う。
なんせ、明治生まれやから。茶粥育ち?
母は好きでしたが。家で食べるものではなくて
できたばかりの「ぼてじゅう」で昔は並んで順番待って食べたん。
私は今、一口サイズのお好みを焼きます。まあ言えばチジミ風。
人参、ズッキーニ。玉ねぎかポロ葱を千切りにして卵と粉と水だけに桜エビかちりめんじゃこをのっける。ビールのつまみにぴったり。。
キャベツの柔らかいのがあると使うけど。フランスのキャベツは本来choucroute用に作ってあるからめちゃ硬い。
ちなみに我が家はソースでなくて醤油で食べます。
「じゃこぴー まんが」ってどんな漫画かと思った、読み間違い?笑。

PS、↑キャラ弁でないのが素晴らしい。食べ物の中で一番嫌いのが「キャラ弁」
食べ物で遊ぶな。そこまでして食べさすな。。(がら悪いね。私)
Commented by toaruhi at 2015-10-04 20:47
茶粥に反応!
わたし、おかいさんといえば茶粥、白いの食べれません。
わたしの祖父母は皆大正うまれですが、関東の母方はともかく
父方はお好みを皆食べます。けれど、マヨネーズはつけませんね。
ひとくちサイズのお好み焼き、イイですね!
わたしも、来客の際などにどうかなあ…ってずっと思ってるんです^^
お醤油で食べるの、わたしの母が時折そうしてますよ。

じゃこぴー漫画・・・ ははははは(笑)

キャラ弁・・・古くからご覧下さってる方にやリアル友人には周知の事実なのですが
わたし、おべんとう作りがとても苦手なんです。萌えないんです~
おそらく、作ることはないと思われます^^
本来、食事の味でないもの(キャラにするためにチョコ、とか)や
味のバランス/取りあわせがおかしいものが入ってるのは抵抗あるかも。
でもこどもは憧れるんだろうな~とせめてもピックを使ったり型抜きくらい。
それでもじゅうぶん喜んでるのでヨシとしてます(笑)
Commented by fusk-en25 at 2015-10-05 03:10
子供って意外と意外ですよ。
とあるさんと同じ年の息子。
3歳ぐらいの時に大衆食堂でお子様ランチを取ってやって
私はハンバーグを頼んだら。
こんなごちゃごちゃのってるの嫌い。お母さんのと変えてと言いました。
旗なんか喜びもしなかった。。。
子供の時は老成してて。大人になってからは子供みたいに遊ぶ、変な性格ですが。

ちょこっと遡ってブログ拝見しました。
本館?の方も幾らか。。。
そっちはしっとりした文章やなと思いました。
Commented by toaruhi at 2015-10-05 23:49
息子、同じく!かもしれません^^
喜びはするのですが、ちいさいときから量が物足りないようで
お子様ランチ的なものをとっても、結局追加オーダーしたり
大人がわけてやらないといけなくて、その内自分自身で悟ったか
最初から普通のメニュウをオーダーするように(笑)

まあ~遡っていただけましたか!しかも、いにしへの(笑)HPのほうまでも・・・
面映ゆうございますが、それ以上に嬉しゅうございます^^
しかし、しっとり!?そっ、そうですか!
Commented by sako at 2015-10-07 11:33 x
たろさ~~~~ん!
ごごご、ご無沙汰しておりますっ(恐縮以上の言葉が何かあればいいのにレベル~)
父が入院したり、祖母が亡くなったり…その他もなんかちょこちょこあり
少しバタバタしておりまして、すっかりご無沙汰してしまいました。

もうすっかり秋ですねぇ(しみじみ…)
暑いのがもう本当っにニガテなわたしには、嬉しい限り!食べ物もおいしいですし^^
柿好きのたろさんも秋好きなのかなあ?

SW楽しく過ごされたようで何よりです♪
おもてなし上手でなんせ素晴らしいお人柄のたろさん^^
人がたくさん寄ってこられるもの納得です!
わたしは1泊ですが福島の祖母宅に行ったり、ちょこちょこ近場に出かけたり
まあまあ楽しんだほうでしょうか^^
しかし、祖母宅から駅まで叔母に車で送ってもらう途中、
後ろから追突されるという^^;もう、ついてなさ過ぎる…笑

そうですね~秋というと、お弁当持っておでかけすることも増えますね。
娘ちゃんの「ふるーつはわけわけしたいからたくさんいれてクダサい」
もう、可愛すぎてキュンキュンしちゃいました!!
わけわけって!もう、かわいいっ!
わたしも遠い遠い昔、確かにお友達とおかずや果物の交換しました^^

たろさん、お仕事もされて益々お忙しいことでしょうね。
風邪など召されませんように。

Commented by toaruhi at 2015-10-07 21:57
s〜a〜k〜o〜さーんだああああ〜〜〜♪
どうしてるのかな…と思ってたんですよ!嬉しい!
いろいろとありつつも、自分なりに楽しくしてはったのですね☆

秋、冬、大好きですよ。うまれた季節でもありますしね。
食べものもおいしいし(通年…笑)おしゃれも寒い時季のが
重ね着が楽しくて好きです。

わけわけ…大阪弁ですかね(笑)
順番に何かすることも『じゅんばんじゅんばん』と言います。

今年は、わりに残暑のきびしさはなく秋らしいですよね。
大阪も、日中暑いかな…と思ってもカラリと爽やかで
朝晩はかなりヒンヤリしたりして、過ごしやすいけれども
油断したら風邪!?な感じです。
お互い、元気に楽しく日々を生きましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 人はパンのみにて生くるにあらず ⇔ 実り、栗の実 ⇔ >>