<< 主に書いてます パレード >>

年度ならまだ半分

買ったところにいただいたり~ 白菜が3玉
b0141230_1426397.jpg
そんなときには辣白菜(ラーパーツァイ)~ 美味しく容易に消費が可能
b0141230_1428597.jpg
それから お鍋ね! 娘、型抜きにんじん頑張りました~

b0141230_1429571.jpgb0141230_14301296.jpg


ふと興味をひかれて
買っておいた これは
コラボ商品の様ですが
石川出身のオットの同期さんに
ずっと以前 本家本元のお味噌 
頂いたことがありました
何かたまらん風味の
このママ?の表情 以来
心の片隅に残っておりました^^
オススメの〆はらーめんとあったけど、うちではおうどんで~ とっても美味しかったです☆
******************************************************************************
『あるこう会』なる、娘の園の山登り遠足べんとう  山焼きで有名な奈良の若草山に登ります
b0141230_14422426.jpg
朝まだ暗いうちから出てって夕刻帰宅の終日大会 息子のおべんとう
例によって、これに+ランチパック3つですよ・・・
b0141230_14423626.jpg
これまた間違いさがしばりに変わり映えがないのは、2日連続だったから^^ ・・・だけか?笑
唐揚げは、下味をかるくして⇒揚げたてを同割のお砂糖・お醤油・レモン汁にからめたもの。
息子に入れたハッシュドポテト、娘も入れてほしがったがサイズ的にキビシイ~そこでさつま芋の素揚げ。
ごはんはふたりともわたしに似て?詰めごはんが好きなのだが
息子、どんな砂まみれの状況で食べるのか・・・?とかふと想像してしまい、おにぎりに。
b0141230_1583123.jpg
そんな訳で、常よりはすこし早起きをしたので、ええいついでに・・・と
おなすと三度豆の揚げびたしと、揚げなすの中華マリネなんぞを仕込みました
b0141230_15103027.jpg
その後、朝ごはんに・・・とさつま芋の蒸しぱんまでも。
毎朝、これくらい余裕の感じでいくのがいいのだろうとはわかってはいるが、なかなかなかなか!
*****************************************************************************
ともあれ、 ↑ のような作りおきがあると、その安心感は相当なもの
b0141230_17573339.jpg
はまちのさくを買ってきて紫蘇と一緒に切っただけ~ そして揚げびたしを並べて
b0141230_17575289.jpg
セロリと豚こま塩炒めで、とある一夜は一丁あがり
****************************************************************************
中華マリネは、数日置くうちにこんなに綺麗な瑠璃色に
b0141230_17461745.jpg

b0141230_1746599.jpg


まだある辣白菜と共に

ちょいと小鉢に盛りまして・・・
サッと湯がいた三度豆と牛の切り落としをチャチャチャと炒め
b0141230_17483375.jpg
お味噌汁を作るあいだに、たまごを巻いて

b0141230_1749316.jpg
b0141230_2029547.jpg

所用で近くまで来た母に

遅めのおひる定食を

♪ へい おまちどお~ 

って、わたしも食べる(笑)
母から脈々と継承^^の、食後のしめくくりも、ハイぬかりなく~
b0141230_16302778.jpg
今月はなんだかいつも以上にばたばたしていた感。 それでいて、とても長い気がしたよ。
ふと、月の旧名のことを考えてて、十月=長月っていうもんなあ・・・ いやいやちゃうちゃう~!正しくは神無月
b0141230_16371651.jpg
近年すっかり定着したこちらが最終日にあるがゆえ、明日から11月!クッキリハッキリ意識
うわあああああ~ あと2ヶ月で今年も暮れる~

b0141230_1734915.jpg

TRICK or TREAT!

おりしも当日 娘は土曜プログラムで

本気も本気の仮装行列

とっても楽しかったみたいです♪

[PR]
by toaruhi | 2015-10-31 21:00 | ひる・よる | Comments(5)
Commented by fusk-en25 at 2015-11-07 11:12
話があちこちしてしまいましたが、
私も荻昌弘を持っていて、大人のままごとも。
ただしこの初版の時期は私は充分大人になっておりました。
獅子文六の歳時記も、辰巳浜子の料理歳時記も、もちろん檀一雄も
読み耽っております。
Commented by toaruhi at 2015-11-07 23:42
いえーす!わたしも網羅しております!
獅子文六は『悦ちゃん』という小説が好きで好きで好きでもう~
辰巳母娘はじめ、壇流クッキングも、息子太郎さんの新・壇流クッキングももちろんです。
その頃の食関係の本は読むところいっぱいあって大好き。
真木よう子、もとい、牧羊子さんや、大ベストセラー?桐島女史の『聡明な女は…』
暮しの手帖一派(って)石井好子さんにおていさん~
Commented by fusk-en25 at 2015-11-08 03:36
中身の好き嫌いは別として。。。
太田愛人。甘粕幸子。子母沢寛。大村しげ。澤村貞子(おていさんのことね)
丸元淑生。辻嘉一。辻静雄。北大路魯山人。吉田健一。大河内昭璽は?
文庫ちゃうけど佐藤雅子さんはめちゃ好きです。
辰巳家は、娘はどうも好かん。笑。牧羊子も癖あるしなあ。。。
Commented by toaruhi at 2015-11-08 20:23
牧師様にりり子さんの母。
時代小説が食わず嫌いなので子母沢氏は知らねども
(ところが池波正太郎氏の食関係はたんと所持)
今は杉本節子さんか、の京町家の元祖?におていさんはもう大好き!
献立記録は貞子さんからですもの。
親子関係が目立つ料理界において、嘉一さんと静雄さんはそうかと思ってたら違ったり(笑)
辰巳家は浜子さん著の芳子さん編、の装丁が昔風で好きです。
丸元淑生さんと塩田丸男をなぜかごっちゃに混同してた子供でありました。
(だって丸男さん、嫁も娘も料理やん~)
バカヤロー氏の御子息であられる健一氏、それでいうと今吉田類さんという
酒場事情に詳し過ぎる方が今熱く(自分内)・・・吉田という苗字は多いですが^^
同じく多い苗字?小林カツ代さんは好き過ぎて、心は勝手に弟子入り。
息子ケンタロウさんは同い年です~
牧羊子さん、たしかにクセありますねえ・・・読んでるだけでいいという感じ。
Commented by toaruhi at 2015-11-08 20:23
佐藤雅子さん・・・保存食の方ですね?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 主に書いてます パレード >>