<< へ~、ソーッスか ケーキ >>

ふ~ん、そうなんや

このじゃが芋は茹でているのではなく、油で素揚げしております
b0141230_20143723.jpg
カロリー度外視!お味を重視!!
b0141230_2183363.jpg
これは、ただ煮いたおなすの煮ものであり   ピリッと鷹の爪がアクセントです
b0141230_13594437.jpg
こちらは、揚げてから煮いたおなす、食感はとろっとろ~  茗荷の香味とシャキシャキとの対比が◎
b0141230_1513934.jpg
と、いうように、他人から見れば「ふーん、そうなん?」ってことでしょうが・・・
こうしたらどうかな?ああしたら今日は美味しいかな?とか考えるのが好きなんです
***************************************************************************************
親戚のおばさんから頂いたお蕎麦、いつ食べようかな~と楽しみにしていて

b0141230_20532967.jpgb0141230_20535546.jpg
すこし肌寒かったとあるひ、『よっしゃ今晩や!』 
b0141230_20564186.jpg
美味しいおだしをたっぷりひいて、具も葱も用意して
さあ後はお蕎麦を茹でるばかり~!と箱を開けたら、茶そばでした
b0141230_205747.jpg
ざるで食べたほうが活きたかなあ・・・と思いつつも、予定どおりのにしん蕎麦に。
わかってたら茶そばの美しい緑色をひきたてるべく、せめて白髪葱にしたのに~!
勢い込んでオットに話したけれど「ふーん、そうなんや」 ズルズル、ちゅるちゅる~ 
美味しければそれでイイらしい(笑) でもいいの、そうゆうこと考えるのが好きなの。
******************************************************************************************
たまにはゆっくりおしゃべりしよう~♪ と、ご近所友人とお約束
b0141230_1553978.jpg
前夜にたっぷり作っておいた、かぶたっぷりのミルクのスープ、手近な野菜を蒸したり

b0141230_1571498.jpgb0141230_1573195.jpg
ひとりはぱん担当、もうひとりにはおやつを担当してもらいました。
主婦の集まり、かくあるべし?明朗会計~が今後とも気楽に続く秘訣^^
美味しく味わいつつ、お互いの話に「ふーんそうなんや!」「はぁ~そうなんや!」賑々しく楽しい午後♪
b0141230_177475.jpg
隣町の昔ながらの和菓子屋さんのふるーつ大福。 定番の苺の他に、パインや葡萄。
『なんでこれだけ小ちゃめのがふたつくっついてんのかな…』とセレクトした葡萄。
割ってみて「へ~そうなんや!」と納得~ 普通の葡萄とマスカットの2色展開でした☆
******************************************************************************
先日のオットおやすみデー オットが発案し、わたしもそれにノリノリの夕食

b0141230_219892.jpgb0141230_2192489.jpg
b0141230_2193874.jpgb0141230_2195087.jpg
b0141230_21105267.jpg
かにかまの赤!錦糸たまごの黄!
葱と紫蘇の緑!またまた
⇔ ラスタひたすらにラスタひたすら ⇔
赤・黄・緑の配色に留意しております

・・・ で ツナ???
この組合せ ピンとくる方
いらっしゃいますか~~~
その昔(って今も少々業態を変えて現存しているようですが)THE・丼というファストフー丼店があったんですよ
b0141230_2318973.jpg
そこのメニュウのひとつに『かにツナどん』というのがありまして。
当時お互い出逢ってもいないオットとわたしでしたが、それぞれの環境で
そのメニュウに想い出(ってほどのもんでもないか、記憶?)があり。
だけどこれ、わりと広く認知されてたのか、COOKPADでもどわ~っとラインナップされてました
とあるひ、何の拍子でだったか、その話で盛り上がったわたしたち。
「次のおやすみにはこれで決まりやな!」と。 つくづく平和・・・
熱ごはんに思い思いに彩りよくのっけて、山葵醤油をかけ回して食べる、というただそれだけのもの。
息子も娘も相当気にいったらしく、美味しい美味しいとわしわし~
メモリーを熱く語るオットとわたしの話など「ふーん、そうなんや。・・・おかわり!」でございました。
[PR]
by toaruhi | 2015-11-19 20:15 | 晩ごはん | Comments(6)
Commented by fusk-en25 at 2015-11-24 01:00
へえっ。。。。丼専門店?
知らない。
というのは実は私。ご飯に「もの」がのっかてるの食べられへん。
カレーライス?カレーシチューとご飯に分けて食べます。カレー好きやし。
近頃こそかやくご飯も五目ずしも雑炊も食べられて美味しいとは思うようになりましたが。
20歳ぐらいまでは巻き寿司も中身を先に食べてから外の海苔を巻いたご飯部分を食べるという徹底さ?(誰も言うてへんがな)
胃袋に入ったら一緒やでと嫌がらされながらもいまだに。汁かけ飯は食べられない。ビビンパも卵かけ御飯もダメ。
クスクスもどっちかというとクスクスとスープに分けて食べたい。
食材料はどんなものでも食べられるから。形態さえご飯に醤油っ気がかからない限り大丈夫なので、困ったことはありません。(屁理屈?)
これは私だけかと思ってたら、結構いるのですよ。同族?お汁のかかったご飯の食べられない人。
中学の修学旅行では苦労しました、一日絶食に近かった。(メニューが悪い、笑 昼、三色弁当、夜カレー)
生涯で困ったのはその時一回きりでした。(自慢になるかい。。。)
Commented by よもぎ at 2015-11-24 13:04 x
たろさんこんにちは♪

あるー!!あるあるあります。THE丼エピ(笑)銀行から転職した会社で同期になった子が、このお店めちゃめちゃ好きで、何かといっちゃあ行きたがり(笑)やたらお伴した思い出が。ツナのメニューが印象的でした。コンビニのおにぎりや、回転寿司のネタ、サラダのトッピングとしては定番だったけど、ごはんにマヨ和えモノをのっける。っていう形態はまだまだの時代だったんでしょうかね?

今ではカフェめし的なところではどこでもあるアボカド+○○みたいなごはんも。
オットも、THE丼エピ(笑)は、持っていて、新婚当初エピ披露で盛り上がっていたのがたまたま梅田で、なんか小洒落た店で飲も〜!のコンセプトが一転、「あるやん!!」のひとことど、JR構内だったかの「丼」になったことは今でもふたりの間で語り継がれております(笑)

お芋もおなすも、揚げ工程が加わるとコクっていうか、奥行き?が変わる気がしますね。特に作りたての日じゃなくて、2日目食べたりするとより感じる。わたし、揚げもんする時は、カロリー気にしない主義で油ナミナミ注いで揚げてたんですけど、最近お料理好きな友達と話してて、思うとこあって←大げさ。「少なめ油de揚げ」チャレンジ中です。「揚げ焼き」って好きじゃなくて、そうなるのは嫌だから油の量に真剣勝負なんですけど、確かに南蛮漬けやらはひょいひょい出来上がるようになった気がして、気負いは減ったかも〜。ちなみにわたし、たろさんの影響でレッツフライ買いました♪♪
Commented by toaruhi at 2015-11-24 22:09
それほどまでではないですが、わたしも本来はどんぶりものはそう好きではありません。
昔よりは「ああ、これもありだな」と思うようになりましたが。
混然一体に混ざっていることが苦手。
全体すべてが同じ味・同じ色あい、というのが好きでない。
だから、自由軒のカレーには魅かれません。
濃いところあり、淡味のとこあり、というめりはりがないと悔しい~(悔しいって)
その意味から、らーめんに焼きめしのセットとか
どっちも味濃いからサッパリするとこないやん!と。それならどちらかを単品で味わう方を取る。
(誰も選択を迫ってはきませんがね・・・笑)
Commented by toaruhi at 2015-11-24 22:20
おお、ございますかエピドン!(壁ドンみたいに言うな)
てゆうかよもぎはん、銀行から転職?そうだったのですね!
そのドンファン(違)な彼女、自宅で再現、なさっておいででしょうか^^
ご夫婦でのそれぞれのエピ、そしてその微笑ましい共通エピで
これからもドンドン盛りあがり続けましょう~

思うところあっての揚げ焼きへの移行、そのエピを知りたいです☆
レッツフライ、もうあれがないとわたし揚げもんなんてやる気出ません!
カートリッジの備蓄数もハンパないです(笑)
Commented by よもぎ at 2015-11-26 12:16 x
そうですたろさん。わたしも新卒で入ったのは銀行でした。だからたろさんに勝手に親近感わいてたんです♪てへ。銀行員。。向いてなかった(笑)

少なめ油揚モンにしようとしたきっかけは、同じIHのキッチンの友達が、マメにひびのごはんに揚げおかずを登場させていたので、「あのIHに付属の揚げ鍋大きいやん?あれで揚モン気合いいるわ〜」と、話したら「え?アレ使ってんの?あの鉄カブトみたいなん!」と。

ビビリのわたしは、器具に専用のモノがついてたら絶対使わな危険なんや!との思い込みから逃れられず(笑)毎回大家族使用の付属鍋で揚げてたんですよ〜。油が1リットルじゃ足りない感じにすごくおっくうで。

でも友達によると、深めのフライパンで少なめ油、かつ「揚げものモード」じゃない設定でも全く問題ないとのこと!目からウロコでした(笑)さっそくその日のご飯を唐揚げにしてみたら。カラリとおいしく。そしてオットにことの顛末語っても「ふーん。全然わからへんかった。違い」って!

。。って話です。天ぷらやかき揚げはあのデカ鍋のほうがきっと絶対おいしい気がするけど、でもわたししか気にしないのかも(笑)

たろさんもサラリと揚モン登場させてはって、わたし、ちょっとずつ近づきたいです♪
Commented by toaruhi at 2015-11-26 23:23
わたしも、今更ながら何で入れたんやろう?って不思議^^
まずもって、何で受けたんかも不思議(笑)
でも、出逢えた同期や先輩後輩は財産ですし、受けた研修はとても役立っていると
実感すること多いです。企業の設備投資ってすごいんだなあと。

鉄カブトみたいな揚げ鍋、想像すると面白いー
鉄カブトという響きの連想から、全身甲冑の洋風の騎士がフェンシングの手つきで
具材を油の中に投入する姿が・・・(妄想し過ぎ)
お笑い向上委員会、観てます? ↑ その際の掛け声は『フェルナンデス!』
IH,揚げ作業後の拭き掃除、ラクそうでいいなあ~
サラリと揚げもん、うちの母がそうなんです。
手早いとかではなく、性格は丁寧・きちょうめん・おっとりなんだけど
億劫とかは思わないみたいで。わたしは食べたい一心ですが(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< へ~、ソーッスか ケーキ >>