<< 春がきたんだ ⇔ 汁、すするし ⇔ >>

⇔ 突撃!牡蠣ゲット! 鯛がもがいた 太鼓叩いた蛸いた ⇔

牡蠣ごはん
b0141230_16501429.jpg
お醤油とお酒でかるく下煮してから 煮汁ごとたっぷりの千切り生姜と炊きこむごはん
確かに少々いいおねだんのを買ったのもあるけど  予想以上に大~粒の牡蠣で◎
大ぶりのお茶わんにたっぷりよそって ざくざく刻んだ芹を散らして

b0141230_16564515.jpg
相変わらず

炊きこみごはんには 

だし巻き

の 発想
b0141230_16591125.jpg

の 親の鶏~

手羽先塩焼き

ニクらしいニクNGのオットも

本当にこれは大丈夫らしい
これは豚こまと かぶの煮いたん 葉っぱも青みがてら全部入れました
b0141230_1723586.jpg
みりんとうすくち醤油とおだし ごく淡い調味でしたが かぶの優しい甘みが出て 美味しく出来ました
************************************************************************************
この炊きこみごはんも かぶの風味が出てるんですよ
b0141230_15282861.jpg

b0141230_15284441.jpg

その前夜だかに作った

鯛かぶら

あまった身をほぐして

煮汁を漉して

炊きこんだんですもの~

だしのお昆布も ゆめゆめ無駄にせず

刻んで 具に
この日のお供はだし巻きではなく おうどんでした
b0141230_15291176.jpg
でもたまご合わせたかったんでしょうね^^ 月見のつもりがお月さま破れてますが(笑) 
茶色いのはね 瓶詰の牛おぼろ煮です 甘辛いお味がいいアクセントになる気がして
*******************************************************************************************
先月あたりに たこめし炊いて 大好評で
b0141230_22531830.jpg
以来買物すると ちょいちょいたこを物色しておりました~ そして見つけた!明石のたこ~ 
その上敬愛する土井善晴氏の『おかずのクッキング』にて観た 『たこと梅干しの炊きこみごはん』
それ作ってたんは土井先生じゃなかったけど(笑) よーし今回はこのパターンのたこめしや!と

b0141230_2353374.jpgb0141230_2354752.jpg
ちょうどオットが
知人から頂戴した
素晴らしく美味しい梅干しも
あったのでね

そして たまごは
おすましに かきたまで

[PR]
by toaruhi | 2016-01-31 22:28 | 晩ごはん | Comments(4)
Commented by あんこん at 2016-02-01 18:52 x
回文が、どんどん進化してますね!(^^)!最近はタイトルが楽しみで仕方ないですー(笑)
Commented by toaruhi at 2016-02-01 21:01
あんこんさん、はじめまして…でしょうか?
コメントありがとうございます!
ウケようがウケまいが、何しろ繰り出すことに
最大の意味を見いだす親父ギャグ!みたいな
甚だしい一方通行感で、自分ではいっぱいでしたので(笑)
そんなこと言ったら、このブログそのものそうなんですけどもね…
何食べようが知らんがな!って。
自分の中では確かな目的と意思があるのですが〜もちろん単純に楽しんでる部分も大。
その最たる回文は、主にそういう回文集からなんですけど
おまとめな内容といちおーリンクさせてる(つもり)で
そのへんが楽しいです…ってやっぱり自己満かー!
Commented by fusk-en25 at 2016-02-06 23:44
牡蠣ご飯のコメント書いたつもりでしたが。。。
ぼんやりしてどっかに行ったか。。笑。
牡蠣は殻付きでしかなくて高いから。まさかご飯には。。。
どっかから飛び降りる?つもりでフライにはします。。
代わりにこれも高いけど浅蜊ご飯。
浅蜊を酒蒸しにして、汁だけでご飯を炊き、出来上がりにたくさんの千切り生姜と浅蜊を混ぜる。
めちゃ磯の香りがして美味しい。
できた即食べるのがミソです。。。
Commented by toaruhi at 2016-02-07 20:25
檸檬を絞ってちゅるん・・・的な!(涎)
牡蠣、子どもの時は「なんで冬になるとこれのフライするねんやろ」という感想しかなかったのですが
とあるひあるとき「・・・!!!」とその美味にうなったのでした。
でも今の牡蠣は、いや、これでもいちお牡蠣の看板張っとりますけど…みたいな風情で
磯々しさ(そんな言葉はないが)にいまひとつ欠ける^^海のミルクと呼ぶには濃厚さが~
それこそ、どっかから飛び降りるほどのおねだんのなら違うのでしょうが。
あさりごはん、ものすごく美味しそうです。是非、作ってみたい!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春がきたんだ ⇔ 汁、すするし ⇔ >>