<< ⇔ 仲いいですし、素でいいかな? ⇔ しゅー >>

素敵な匂いの世界

それにしても、今回の長引き過ぎた風邪には心底・・・参りました~
b0141230_0322862.jpg
かなり回復してきた頃の オットおやすみデー。
「栄養つけなあかんで!」と、黒門市場で素晴らしい鰻を見つくろってきてくれました。
むろん、ごはんとごはんの間にも鰻~の、いわゆる『間蒸し(まむし)』方式+爽やかな薬味のっけで。

b0141230_0354014.jpg
さすが親子 発想は同じ?
ダウンして寝こんでるわたしに
「おなかとかどうもないんやろ?栄養つけなさいよ~」
近所の百貨店の 鰻専門店のものを
差入れしてくれたオット母
「私もお父さんのぶんと買ってきてん
しっかり食べて うつらんようにするわ!頑張らな!」
と言っていたオット母さえも 数日後ダウン・・・(号泣)
いずれも美味しく、有難~く噛みしめていただいたのでしたが なんと!
こじらせきった症状として嗅覚が無い・・・ 
お味って、鼻から感じる薫りとともに舌で味わうものなんだ!ということが、よくよくよくよくわかりました~
薫りがなければ、半減以下(涙) 料理じゃないけど、歯みがき粉なんて変な苦い化学物質?!にすら感じた
************************************************************************************
わたし、ふだんからあんまり味見ってしないんですが
b0141230_20524819.jpg
それは嗅覚あってこそ、勘も働くからなんだ!とも思い知りました。
嗅覚ゼロで、味見しても本来の味がわからぬ中で料理すると、手慣れに手慣れたものでも
ロシアンルーレット用の料理(何)を作っている気分・・・

b0141230_20555142.jpg


何しろ カレーでさえ

あの薫りが!

わからなかったのです
そもそも大好きなごぼう
b0141230_2058094.jpg
その魅力のひとつは、あの慕わしい土の薫りではないかと思うのですが
洗っててもささがいてても煮いてても・・・土、どこ?コンクリートジャングル?(違)まったくしない・・・
b0141230_20572467.jpg
最近、かなり手の内に入ったと思っている炊きこみごはん。
かつて苦手意識あった時は、ぴしっと味が決まらないというか
どこかぼやけた味に仕上がるのが不満だったんです。 
と言いつつ、あっさり淡味も、おかずとの組合せにより、それもヨシ~と思ってはいたのですが^^
ともあれ最近は、背骨があるというか、ぱしっとハマったお味つけ感がわかった気がしていたのですが
何しろ嗅覚と舌に自信を失うと、水くさいよりマシ?と疑心暗鬼になり
どんどん調味してしまい、少々濃いめになったみたい^^ これはこれでいい、とは皆言ってくれたけど(沈)
白和えのために煮いた干し椎茸やこんにゃくとにんじんのおあまりをスライドさせたのも一因かなあ

b0141230_21234268.jpg
病んでるあいだ このわたしが 食欲も失い 

食べたいものなんてあらへん・・・状態

おうどんだけは 唯一まだしも

美味しく食べられたので

おうどんで生きてました(オーゲサ)
なんでそう浮かんだのかまったく不明なんですが
b0141230_1623396.jpg
半分くらい嗅覚が戻ってきたとき、こうゆうのが食べたい・・・って唐突に思ったんですよ。
ちくわをマヨネーズとすり胡麻で和えて、ざくざく刻んだ貝割れと合わせただけのもの。
ちくわは息子がNGの唯一の食材なので、常備してはおらず、わざわざ買いに行ってまで・・・ 
あの衝動、何だったのかしら???
b0141230_1694972.jpg
そんな折の週末、息子おべんとう持ちで、終日大会へ。
毎度変わり映えなくてすまんが、めちゃくちゃ美味しかったらしい。
とにもかくにものだし巻き、↑ の牛ごぼう、スキマに適宜マカロニやミドリを挟みこみ
ハンバーグは何を思ったか殊勝にも、このサイズで焼いた状態で冷凍してあったものを利用。
苦手だ嫌いだときめかない・・・とずっと思ってきたおべんとうだけど、だいぶ気が楽になってきている。
b0141230_16162576.jpg
あわや延期か・・・とまで思ったが、前々から約束していた友人おやこ2組来訪~
オットと共通の友人なので、オットおやすみデーに。
あれこれはりきって作りたい気はあるが、病み上がりとて食材も乏しく、身体もついていかず^^ 
これならオットに調理参画してもらえる上に、わいわいおしゃべりも出来るかと、お好み焼き大会^^
b0141230_16191116.jpg
唐突に、山のような厚揚げの煮いたん・・・(笑)
臥す前、たくさん買ってしまった厚揚げ。どうにも辛くて調理が出来ず・・・
雑誌やなんかで、食感が変わるとあり、不安ではあったが捨てるよりいいか~ええいままよと
冷凍してみたものをたっぷりのおだしで、お味しんみりめに煮こんでみたが、存外アリです!

b0141230_16232235.jpg
息子10歳 娘5歳

彼女たちのお子 4歳男児に2歳女児に3歳女児

子ら熱狂のトッピングピッツァ大会も併催

これまたおなじみ コーンスープも添えてね
b0141230_16254271.jpg
たーくさんのいちご、身体の隅々に行きわたるように感じるほどの可愛いあまい薫り~~~!
それを、大好きなお友だちとの楽しい雰囲気の中で実感でき、嗚呼素晴らしきこの世界♪



********************************************************************
いわゆる面食いではない・・・と思っています。それより何よりトーク重視。
このひとの話しぶりおもろい!となれば、顔もいいように思えてしまう。
それでももちろん、好みのタイプの顔立ちというのはあって、そこに
◎お料理や食べることに興味がある ◎関西人 ◎家庭や家族の雰囲気を感じる(大事にしてる、など)
といった要素がひとつでもあてはまると、「このひと好きやわ~」と好感を抱くのが常(笑)
・・・以上の点をふまえて、ずっと好きなひとは、土井善晴先生、藤井隆、オリラジのあっちゃんです。
あてはまる要素については不明ながら、「このひとの顔と姿はどうしても見てしまう!」と思うのは大森南朋。
関西人でないくらいは知っているが、お父さん奈良育ちやからすこしはエッセンスあるからかしら?とまで思う。
むりやり要素探してるという意味で、だいぶ好きなのでしょう(笑)

つまり、わたしの好む容貌、男性は大森南朋。女性は永遠に宮沢りえ。




・・・・・・・ 誰が興味あんねん!
[PR]
by toaruhi | 2016-03-24 21:53 | 晩ごはん | Comments(6)
Commented by fusk-en25 at 2016-03-29 17:19
病み上がりの食卓は。。。
私の好きなものばっかり並んでる。。。笑。
貝われがいいな。。
市販されてないから、うちはラディッシュの種を蒔いて作ります。
大根を蒔くよりさすが20日大根と呼ばれるだけあって
できが早い。香りが強い。
買うたもんが食べらえへんようになる。。。
しかもええ加減にぎっしり種をまいて摘みながら収穫でくるのがいい。。
Commented by よもぎ at 2016-03-29 21:49 x
たろさん。にほひの世界へ帰ってこられたのですね!!!!(歓)よかったです!!ほんまに。

ね。お味をかんじることにこんなにも鼻が大事だったなんてね。。知らずにいたよこれまでは。。です。わたしは相変わらず全快爽快ではないのですが、7割くらいは戻ってきてるので、それだけでも喜ばしいです。あとは、花粉の季節が終わらんとムリかな。。←勝手な見解。

わたしも味見ってほとんどしないので、普段のお料理、ほんま、にほひ頼りやったんやなあと心底実感しました。
厚揚げの冷凍。気にはなりつつしたことなくて。大好きやからついついないのが不安で買い込みすぎてだぶつくことがまあまああるので、今度意図的にやってみようかな〜♪

フッフッフ。。南朋。。スキです!!うまくいえないたまらん好きさがある。いちばん好きな頃、本気でパフィーの由美ちゃんが邪魔だった過去も(笑)

好きになる条件が自分の中で整理されていないんで、自分でも謎が多いんですけど、昔、異常に時任三郎が好きな時がありました。今思い出した〜。あと仲村トオル!!

なんの話や〜やけど楽しい気分になりました。うきゃっ。
Commented by toaruhi at 2016-03-30 23:07
fuskさん、鰻は丼でも大丈夫なんですか?
貝割れの、ほんま何で浮かんだのか謎なんですが
盛るこのうつわまで浮かぶほどで。満足しました^^
しかし貝割れまで自家製とは!
この貝割れなどのスプラウトの類、豆苗とかを
水耕栽培で再び!というのはよく聞きますけれども・・・
Commented by toaruhi at 2016-03-30 23:30
ちりぬるを!!どうにか復活しました~
数年前にも一度経験あるのですが、この嫌さ・辛さ、忘れてました・・・
記憶から消し去りたかったのでしょうけど。

厚揚げ、たしかにそのまま調理する感じとは違うのですけど
それもまたアリ、な感じでしたよ。でも、煮くのがよいかもしれません。

誰が興味あんねんバナシ、お楽しみいただけましたか^^
宮沢りえが女王の位置に好き過ぎて、間あいてますが
世代的なものもあってか、わたし、パパパパの彼女たちはどちらも好きですよ。
だから、似合ってるやーん、とすら思ってました。
でも、顔の取合せ的には、現夫人の方がより合ってるように思います。
大阪人のカップル/夫婦にはいなさそう~って思いますけど。
むかし、友達に「たろちゃん好きゆうひと、背ぇ高いか眉毛目立つかもしくはその両方やん」
と言われたことが。大森南朋・・・容貌のセンはどうも大筋はずれてないですね(笑)
その意味では、時任三郎も合致~ てゆうかわたしもかっこいい!と思ってました。ドラマも良いし。
整理された条件に関しては、自分オリジナルです。
これは男性のみならず、女性にも通じます。
もともと好感抱いていたなら→めっちゃ好きとなるし
何とも思っていない/むしろ嫌い、の場合→いや、ええひとなんちゃう?とまで(単純)
上沼恵美子がそうでした(笑)
Commented by fusk-en25 at 2016-03-31 03:32
もちろんと言い方が否定にも使えるのか?ですが
もちろんあきません、丼は。
蒲焼と白いご飯。ただしかやくご飯と雑炊は長ずるに応じて
たべられるようになりました。もっと小さい時はばらずしもお稲荷さんもダメで、太巻きは中身だけ先に食べた、高野豆腐のお汁が染み出たらあかんから(こんなこと自慢できるかい。。ですが)
握りはネタとシャリを別々に食べて、今も時々やりますよ。。お刺身とご飯みたいに。。。あほか、寿司屋に行くな。。だから海苔弁なんてもってのほか。。おにぎりも中身のないのん。徹底?してました。笑。
今、絶対あかんのが汁をかける丼ものと。卵かけ御飯。
クスクスも最初嫌やったので別々にたべたけど。今はなんとか、、でも別の方が美味しいな。。。
Commented by toaruhi at 2016-03-31 22:55
やっぱそうですよね(笑)鰻丼だけは例外~なんておかしいもん。
再三申しますが、わたしも本来は丼ものがめっちゃ好き!ではない。
別皿ならなおよし、の気でおりますが、鰻はのっててもいいなあ。
炊きこみやピラフ・焼きめし等の味ごはんの類も、ダンゼン白ごはんにはかなわない。
おべんとうも、おかずの汁けがしみてる・・・とか嫌なのに(それが好きという向きも多々おられるのに)
TKGは可。そのへん、自分の中の境界線、謎です。
唯一どうしても口に出来ない甘酒、それ以外は何でも~のつもりですが
『白い』おかいさんがあきません。塩味ついてようがお芋さん入ってようが。茶粥でないと食べられない。
白くてゆるゆるしたものがダメかと思いきや、粕汁は大好物、クリーム系も好きなの。
・・・やっぱ、線引き理由、謎ですね。
<< ⇔ 仲いいですし、素でいいかな? ⇔ しゅー >>