<< ⇔ 梅雨時季の記述 ⇔ 対米問題 >>

ピーパップ

綺麗に下ごしらえすると
b0141230_233157.jpg
気分もアガり 作業効率も上がり
b0141230_21352560.jpg
かくして チャプチェ(もどき)一丁あがり! 皆の絶賛を受ける(喜)
b0141230_21554830.jpg
ぴーまんを大量消費 なんてったって うちではコレ
b0141230_21432288.jpg
それから コレね  溶きがらしとぽん酢で食べるのが好きです
b0141230_21594570.jpg
先日無事に開催された息子の運動会の予備日は 給食はなく おべんとう必携  危うく忘れるとこやった・・・!
b0141230_21595513.jpg
その翌日が遠足で またおべんとう いずれもぴーまん・パプリカ大活躍☆

さて その遠足 たいへん楽しかったらしい^^
わたしがベランダ(しかも3階)で洗濯ものを取りこんでいるところに帰ってきた息子
ただでさえよく通る声なのに 家が見える角からわたしの姿を認めるや でーーーっかい声で
「おかーさん!! 遠足がもう、楽しすぎて・・・!」 
身もだえせんばかりのその様子に 「おお、それはよかったね」 心をこめて 返事した次第。





遠足でなくとも、とにかく息子は学校が楽しくて楽しくてならぬ模様。
特に5年になってから。よかったなあ、何よりですわ。
一日の大半学校やねんもんなあ、そら楽しいのがいいわねえ。
「あー、連休とか代休とか夏休みとか、全然要らんわ!」とまで言っている。
夜寝るときも「明日学校楽しみやな!よう寝よう~っと」とも。
でもわかる、わたしもそうやった。なんか、学校ってだけで毎日わくわくしていた。
[PR]
by toaruhi | 2016-06-02 23:36 | ひる・よる | Comments(3)
Commented by fusk-en25 at 2016-06-09 11:22
ピーマンやパプリカは、グラーシュかパエリアに。
ときどき卵と炒めた中華風にも。
ただしフランスのピーマンが大きくて肉厚で
繊細ではありません。
Commented by toaruhi at 2016-06-09 23:55
グラーシュ、わたしは『ドナウの旅人』で知りました。
肉厚だから、煮こむお料理に向いているのかな?
たまごと炒める中華風、はどんなお味つけなのでしょう。
ちいさいときからぴーまん大好きだったので
りんごみたいに、生でかじりたい~と思ってました。
繊細でないフランスのぴーまんなら更に好適?(笑)
パプリカでなくて、’赤ぴーまん’をたくさん買ったので
今晩はポテトぐらたんにたっぷり散らしましたよ。
Commented by fusk-en25 at 2016-06-10 00:44
ピーマンを適当に切って、中華鍋で炒めて。
たっぷりの油で卵も同じなべに入れてふわふわに焼いて混ぜ合わせる。最後にホーンの少しの醤油とごま油をかける。
どこが中華風なんや?ですけど。中華なべで炒めてるもん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ⇔ 梅雨時季の記述 ⇔ 対米問題 >>