<< ⇔ 去るさっ!夏 去るさ ⇔ ⇔ 絞る母子 ⇔  >>

⇔ 品高し 品数悲し 仕方なし ⇔

近年 炊きこみごはんの味つけを会得出来たのが嬉しくて
b0141230_15400951.jpg
ちょいちょい 炊いております
b0141230_16101215.jpg
わたしが思うよりもずーっと思いきった調味! を念頭に置くと上手くいくとわかった
b0141230_23373380.jpg
その進化形?というか アレンジバージョンとして しんみりしたお味つけの煮ものを作った際に
煮汁があまったりすれば それを冷凍なりしてストックしたものを 炊飯に用いると
深みというか奥行きが出る 使いきった!感が主婦魂をも充足させるしね(笑)
↑ これなんかは お揚げのみじん切り・にんじん・ひじきをひとつまみ…てな具なんですが
牛すじを煮いたおだしや肉じゃがの煮汁を漉したものを水気にして 調味は整えるていど
なのに なんとも美味しく炊きあがりました~~~

b0141230_23492816.jpg

 冒頭の’たこめし’は たこからだしも出るし
 ほのかな塩気もあり 微かな桜色もつくので
 へたなお醤油けは むしろトゥーマッチ
 香味として 生姜は多めがよろしいよ~
 でもわかります?土生姜が思ったよりなくて
 えーいどないや!自家製甘酢生姜を刻みこみ^^
 結果 大いにアリでした



かねがね言うとりますが 炒めごはんの類は 得意と自負しております  
↓ オット熱烈リクによるそばめしです
b0141230_16190794.jpg
昔 中国料理を習ったことがあって なんだかものすごく手の内に入った感覚を得たんです
そのひらめきたるや いつも『ウォーター!』と叫ぶ ヘレンケラーではなく 北島マヤの絵が浮かぶ

b0141230_23584121.jpg

 そしてこれも 調味のかげんは

 『グッと思いきった濃さ(自分比)』

 食べるとき このようにからめる 

 半熟たまごの味も 計算した上で…^^



次なる(味つけごはんの)目標としては 
b0141230_00183405.jpg
『酢めし』のおかげん でございますわ  甘すぎず 酸っぱからず 淡からず 

b0141230_00165547.jpg
b0141230_00203550.jpg
 
 その 酢めしをつつむ

 おきつねの味かげんの 

 これまたむづかしこと・・・

 試行錯誤しておりますねん


************************************************************************************
なはんて 本来は めしは白!そしておかずにおつゆ~ の形式命なのですが
毎回そうも気張ってられない 子らの長期休みの昼食などに 
味つけごはんの類で乗りきっていた次第です

[PR]
by toaruhi | 2017-09-27 21:35 | Comments(2)
Commented by fusk-en25 at 2017-10-05 01:12
子供の頃。。こういうのはぜーんぶ食べられませんでした。
20歳を過ぎた頃から。。俄然(どういう意味や。。ですが)食べれるようになり。
今では焼きさばご飯も。トウモロコシの入ったものも。
里芋ご飯なんかだーいすき。
いまだに卵かけご飯と丼だけはどうしても。。クリアはできず。
ま。それはもう諦めて。一つぐらい(きちんと数にしたら多いのだけど)
食べられないものあってもいいか。。
と今更チャレンジする勇気がないのを許しています。
Commented by toaruhi at 2017-10-05 16:21
TKGがNGなひとはわりに多いですね。
わたしも、食べたいときと『いや、今はチョット』なときと差がありますよ。
炊きこみごはん、かつて自信がなかったのは、きっとそれほどの愛がなかったからとも思います。
おかずに味あるのにごはんも、って何?と思ってたんです。
いまだにらーめんと炒飯の組合せも自分自身では???と思ってます。
お互いを引き立てあってへんやーんと思ってしまうのですが
らーめんに白ごはんのほうが謎や!という意見もそれもそうか~と。
(それ以前に麺あるならコメ食うな、でしょうか 笑)
これまた再三いってますが、わたしは甘酒と白いお粥がクリアならず。
ツブツブがほの見える白いものがだめ。
ひと頃の塩こうじブーム(今や定着)も、見ためとしては『・・・。』でした。
オットは加工肉と肉塊がだめだし、娘も加工肉ときのこ・トマト。
息子はちくわを克服したようで無敵(笑)
こんな食いしん坊一家でも何かかんかあるので、話のネタにもなりますし?いいんじゃないでしょうか(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ⇔ 去るさっ!夏 去るさ ⇔ ⇔ 絞る母子 ⇔  >>