<< 真っ正直者 はうつー >>

たんぱく質摂取は豆腐でかまわぬ

というようなシマウマ草食系のわがやには、豆腐まわりのものは大活躍。
豆腐まわりって…『暮らしまわりのもの』『お茶まわりのもの』とかのロハス語(笑)とは
えらい違いだが、すくなくともむずがゆさはない(わたし的には)
b0141230_23335039.jpg
黄・緑ぴーまん、しめじ、たまねぎ、にんじんと豚挽き肉で厚揚げのとろみあん。
鷹の爪がちょいピリリ、でもかつおだしベースなので、わりに和風味です。
最初に厚揚げの油抜きをして取り出しひとくち大に切る。
同じ鍋で(わたしはこうゆうことはヘイキ)胡麻油が冷たいうちに生姜スライス・鷹の爪で香りを出し
たまねぎ・豚挽き肉を炒めお酒と砂糖とみりん。
厚揚げを戻し、かつおだしをひたひたに注ぎぐつぐつ…ここまでで放置。下段階というか。
オット帰宅して入浴の間に、いつも仕上げ調理や盛りつけ(そして撮影も)をするのですが
今日のこのメインおかずは、再度火にかけわいたところに、醤油・味噌、ちょっとたりなそうなところを塩で補い
にんじん→しめじ→黄ぴーまん→緑ぴーまんを入れてざっと混ぜたら、水溶き片栗粉で結構固めにとろみづけ。
おおざっぱでめっぽう計量が苦手なわたしですが
いわゆる’サシスセソ’の調味料の順番と(お醤油やなんかは甘みをしっかりしませてから)
野菜の入れる順などの点は死守してるかも。
(好みだけど、例えば今日の場合玉ねぎはトロリ~やわらかく
緑ぴーまんは色や香り・食感重視で余熱程度の青臭いのが好き、とか)
だから、シャキッとさせたいときは繊維に平行・やわらかくしたいなら垂直、大きさも揃えるとか
切り方も結構考えてる(あたりまえかなあ)

b0141230_2359147.jpg
オットが知人からいただいてきた真っ白なとうもろこし
生で食べられるくらい新鮮で甘いものらしい
でもじゃがいもをお供に蒸篭で蒸してみた
半分は糠床へ~はてさてほほ~

b0141230_013355.jpg
蒸し野菜は明太子混ぜたバター
厚揚げ野菜とろみあんとタッグを組み
お酒がすすむ ごはんもすすむ(危)


b0141230_033060.jpg
メインにお味噌入れたので今日はスープ
昆布だしと鶏がらあわせで
椎茸のかきたまちゃん


b0141230_051866.jpg
今日も夕方の大雨で足止めというのを
大義名分に友人宅に長々といたのでした
小止みになったのは夕闇
猛然とケイリンこぎで帰宅

大急ぎの時、放置可能な蒸しものとかって重宝
オーブンやレンジ調理もいいってよく言いますね
使いこなすのが目標のひとつ

画像失念したのですが糠漬は西瓜の皮
まんま瓜のお漬物で、アリでした^^
[PR]
by toaruhi | 2008-09-05 21:38 | 晩ごはん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 真っ正直者 はうつー >>