<< 子鬼の霍乱 まった『け』口福 >>

その相違が知りたい

お野菜あれこれと牛こまでチャプチェ。
b0141230_041780.jpg
本来、それぞれの具を炒め、混ぜて仕上げるのですよね。いわば和えものなのかな?
わたしはいつものはるさめ入り野菜炒め・・・的な作り方をしてしまった。
ちゃんとした味を知るひとが食べたらちっがーう!となるんだろうな^^
いちおう、牛肉は生姜・にんにく・砂糖・塩・オイスター・醤油・コチュジャンで濃いめに味つけ炒めて取り出しておき
たまねぎ・にんじんは塩炒め、戻したはるさめとお肉をあわせ、さらに熱々に炒めたところに
緑のぴーまん・赤黄パプリカは余熱で・・・という感じで作製。
塩で味をととのえ、さっぱりするかな?とお酢を数滴、仕上げに胡麻油たらり・炒りごまぱらりで。
b0141230_082163.jpg
昨日、オット母と息子と三人でお散歩中に買ってもらった梅焼き。商店街の昔ながらの蒲鉾屋さんのもの。
梅焼きといっても、梅風味なわけではなくて、五弁の梅の花のかたちのいわばはんぺん?というか。
焼き色はきつね色、中は綺麗な黄色だから、たまごがたっぷり入ってるのかなあ。
わたしの父の好物、母に聞いたらオット父もだそう。世代的好物?
蒸したなすとあわせて、わさび和えの一品に。オットに好評。
b0141230_072187.jpg
昨夜作って、おくるみ→冷めたら加熱・・・を数回リピートした大根。
熱々も、冷やして歯にしみそうなのもまた◎という『昔ながら煮』なるカツ代さんレシピ。
生姜の薄切り入りのだし汁・酒・醤油・お砂糖すこしの調味です。

b0141230_0101012.jpg

大根が続きます~
拍子木に切って塩当ててしぼったものを
実山椒入りの甘酢に漬けました

盛ったおかめチャンの鉢に『百福』の文字
見るたびにラーメン博物館に行きたい・・・と思う
(→安藤百福氏 悼)
b0141230_0125834.jpg


ごぼうと白菜のお味噌汁

b0141230_0133712.jpg
とんとお昼寝をしなくなった息子が
昼下がり自ら「ネムタイ」と言ってきた
眠気を認めること自体が
そもそもありえない彼なので
動揺するわたし
そして1時間(も!←という感じ、わたしからすれば)
機嫌よく起きてきて
さ~夜は寝ないやろうな・・・と覚悟したのに~
午前中1時間ほどしか公園には行ってないのに~
19時に寝た 怖い ビビる 怖い
[PR]
by toaruhi | 2008-11-17 21:50 | 晩ごはん | Comments(2)
Commented by yumuyumuy at 2008-11-20 09:50
いつも拝見してます。どれも美味しそうで食事作りのやる気を起こさせてくれます。
まだ小さいお子さんいらっしゃるのですね。
頑張って下さいね。
Commented by toaruhi at 2008-11-21 10:55
まあ~また過分なお言葉を・・・
おそれてちぢみますわ^^
ただいまチイサイオコサンが病気でもないけどちょっとシンネリした感じなので、ほんと、頑張ります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 子鬼の霍乱 まった『け』口福 >>