カテゴリ:おもてなし( 77 )

⇔ 寒くて腕組むさ ⇔

もう数回食べておりますよ おでん
b0141230_15404129.jpg
寒くなってくるとより美味しいというのもありますが
b0141230_15421664.jpg
オットはもとより 子らが『そっ そんなに好きなん!?』こちらがたじろぐほどに 
おでんが好きらしい おかげで得意料理と言えるまでの気になってます
b0141230_15433390.jpg
たいてい入れるお肉系は牛すじですが このときは切らして鶏ももで
これがまたほろほろやわらか~く 良いおだしも出るしで たいへん美味

b0141230_15483371.jpg
b0141230_15490357.jpg
b0141230_16141660.jpg








b0141230_16145466.jpg

 実に大根2本 皮をむき面取りし 下茹で
 その残り湯(やな言い方)で こんにゃくも下茹で
 その後 おだしのみで更に煮いてから調味
 お味がしゅんだら てんぷら(練りものの意)
 とろけそうなもの(餅巾着やしうまい等)は最後の最後


お餅はねんじゅう常備  週末のおひるなどによく利用 息子など4~5個あっちゅーま・・・(呆然)
b0141230_16282089.jpg
同じくお揚げも常備しているので おでんの際 『餅巾着替え玉?(とは言わんか) はいよッ!』対応可
b0141230_16442624.jpg
それでも さすがにいくらかはあまりますので・・・
おでんの数日後に オット両親もまじえてうどんすきをした際の
サイドメニューとして たいへん喜ばれました   オット両親にお味をほめられるととても嬉しい♫
b0141230_16452065.jpg
うどんすきもまた 寒い日にはとっても美味しいもの
この日は 息子の『陸上記録会』をオットと観に行っていたため 娘を見てもらっており
せめて一緒にいかがですかとお誘い~  強い風がびゅうびゅう吹いた日でした
b0141230_16485621.jpg
ところでうどんすきと言えばココ!という銘店が 地元にありまして
わたしはてっきりそこが本店だと思って育ちましたが 実際は大阪でも本町なのでした^^
そういえば新入社員のとき 本社で研修などがあるとそこで会食したなあ…と思いだした
娘の七五三の撮影で地元に帰った際(実家の家業は写真やカメラ関係なのです)
久しぶりに行きましたよ
b0141230_16590487.jpg
今は改装され また違った雰囲気になってるけれど 
一緒に来たおじいちゃんおばあちゃんの声や顔と共に 昔のたたずまいクッキリと思いだせます
おばあちゃんが海老が好きで好きで!体質的なものか単なる好き嫌いか、お肉は食べられへんかったのにねえ
*********************************************************************************************************
おだしはもっぱらかつおだし派なのですけれど その地元のお店に久しぶりに行って
『うーん お昆布のおだしもまったりとええなあ・・・』しみじみ思い 
b0141230_17172063.jpg
かつおと昆布のあわせだしにして またまた!おでん  結び昆布のオマケもできるし^^
b0141230_17221261.jpg
いつも以上に気迫?もこめましたのには訳がありまして
b0141230_17243297.jpg
大好きなクボ嬢が土曜日の午後 いらしてくれることになっておりました
来られる前までわたしは仕事 おでんなら 前もって用意しておけるしお味もしゅむし
いいことづくめ 葱わっさ~の柑橘絞り~のわがや流 クボ嬢にも楽しんでいただけた模様
クボさんちのおでんは もっと黒~いお醤油がかったものなんですって それも美味しそうだなあ~
そして 古き良き正しき大阪の呼びならわしどおり『かんとだき(関東煮)』と呼ぶそう
彼女とははからずも地元が同じで うまれた病院や幼稚園も同じなのですが… 後に知ってお互いビックリ

b0141230_17441784.jpg
b0141230_17460759.jpg

 この黒いお豆は
 香川名物の『しょうゆ豆』
 甘くて濃くてだーい好き
 先日クボ嬢と延々
 ぬか漬をテーマにLINE
 ゆえに頃合いのあんばいを
 想定し漬けたはずの胡瓜
 ・・・全然浅かった(涙)


などもありながらの おともと呼ぶには貫禄ありすぎ?のおむすび どーん
b0141230_17351886.jpg
クボ嬢は裸の大将ではありませんがな・・・ ヒイてはらへんかったかしらん^^
b0141230_17544332.jpg
b0141230_18014372.jpg
夢中で語らうわたしとクボ嬢を横目に お鍋の中ばかり気にしていた息子に娘
あんたらも友達と遊んでたくせにぃ~ ちゃんと晩ごはんに食べさしますがな!)
そして おでんを楽しみにしているオットのために クボ嬢お帰りののち
たたたと皮をむいたメイクインを足し タタタと商店街まで買いに走ったてんぷらを足し
b0141230_18033956.jpg
しうまいやソーセージは大入り袋で買ってあり 量には心配ご無用
b0141230_18051290.jpg
おでんの定番じゃが芋 案外とわたしは入れないことが多い(おだしの濁りが・・・) 
たまごも同じ理由であまり入れないので たまご好きなオットはとても喜んでました(いつも入れたれ)
無事にたんのうし 翌晩はこうして一品としてひとわたり
めいめい楽しめて 今回もひと鍋修了~

[PR]
by toaruhi | 2017-11-05 20:50 | おもてなし | Comments(2)

⇔ 定期的に来て聞いて ⇔

好きな四字熟語は 『千客万来』
b0141230_1833072.jpg
新年お初の集いは 年の初めの吉例といってもいい おなじみchicoさんki*koさんYUKOさん

b0141230_18331540.jpg

年明け4日のことでしたので

『おせちもいいけど カレーもね』

と いうことで

大豆 DE キーマカリー

(もち米の袋くらいの量で常に大豆を在庫)

ありあわせの野菜 かき集めサラダと~
肉を自在に操るYUKOさんが ローストビーフを~♪
美しくも美味しいゆでたまごにも うっとり・・・  >わたしはゆでたまご作製がとても苦手
お肉と同時にお菓子も自由自在のYUKOさんは ふんわりしっとりチーズケーキも!
皆でふむふむ~と伺ったレシピ 実際もう作ったのは・・・きっとわたし以外(笑)
b0141230_18334327.jpg
最近電気フライヤーを購入されたchico さんは ぷちサイズのアメリカンドッグを(=争奪戦 オトナ負けまくり)
b0141230_18335856.jpg
遠路をものともせず 来てくれるki*koさんは 子どもたちが”虎視眈々”と言えるほどの雰囲気を 
漂わせてしまうほど バラエティ豊かなぱんの数々
その上 彩り鮮やかなフルーツがこんもりのったケーキまでも!(同じく虎視眈々もしくは戦々恐々)
b0141230_16491114.jpg
しかしまあ 楽しいひとときの あっという間なことよ
b0141230_18343413.jpg
そんな積み重ねだから そりゃ一年もあっという間! なのも道理
**********************************************************************************************************************************************************
YUKOさん母子には その数週後にも来ていただきました
b0141230_18292574.jpg
そうそうない息子のサッカーOFFの日曜日 
せっかくご主人いらっしゃるのに(たまにはいい♪と満喫してくださっていたらしいけれど) 
われらのお相手にお越しいただいた上に ニュースになるほど大寒波の日で^^
せめて大鍋いっぱいあっつあつのとん汁でもめしあがれと
b0141230_18294460.jpg
b0141230_18295569.jpg
b0141230_18301194.jpg
チーズ入りささみフライ しうまい フレンチポテト ・・・すべてフリーザーのかき集めでしたが(笑)
b0141230_18302449.jpg
b0141230_18303898.jpg
定番過ぎてもはや画像不要のこれらも含め 子らの食べっぷりを見れば そんな懸念も払拭
YUKOさんとの語らいの楽しさに 日頃の憂さ(微量やろ!)も払拭
**************************************************************************************************************************
そして大好きなT子さんも~~~
b0141230_00385997.jpg
何度となく来ていただいてるので できればこれまでとかぶらないもの・・・
だけど慣れぬものに手を出して失敗するのもなあ~という思いとの 交差点で このような~
ハイ 酢豚のように見えますが ささみを用いておりますので 酢鶏でございます
あんの塩梅もうまくいき 多少の珍しさも手伝ってか たいそうな売れゆきで 良かったあ!!
b0141230_00435406.jpg
ひじきサラダ これはうちでは定番であるが T子さんとブラザーズには もの珍しかったようで◎
聞けば長男くんは 実はひじきはちょいニガテなんだそうだが 『これなら!』と♪
バスケに夢中の長男くん 涼やかな美男子
(大森南朋をベースに むきたてゆでたまごのような坂口健太郎的透明度を足した感 つまり最高)であると同時に 
息子と同い年でありながら既に163センチの高身長 おばちゃんは将来楽しみや・・・
b0141230_00530956.jpg
これは 『だし巻き だしの中』なるもの 
昔よくよく通った大好きなお店(単なる偶然だが そこの大将はT子さんちと同じ街に在住)の 大好きなメニュウのひとつ 
ふと思いだして 先日 オットおやすみデーに作ったところ たいへん好評で
「T子さんら来たときも作ってなー!!」 子らに言われていたのです
b0141230_00525399.jpg
これは先夜 大鍋にどーっさりこしらえた筑前煮の 繰りこしの繰りこしで~^^
煮かえして煮かえして 鶏はほろほろ 繊維がまとわりついてますね(笑)
*****************************************************************************************************************************
それにしても よんだり・よばれたりが 好きで好きでしょうがありません
作ること 食べること 食べてもらうこと その好きさと同じくらい 
それらを囲んでのおしゃべりが 好きなのです

昔から 誰か彼か家に呼んでは ごはん食べたり泊めたり ばーっかりしてました >ありがとうお母さん
父も 「俺には 娘も息子もひとりずつのはずやねんけど…?」と よく言ってたな(笑)
もはやそれにも飽きたらなくなり 思いついたら怒涛の勢いで準備を済まし 
ひとり暮らしをしてたときも おとなのおままごと ぞんぶんに満喫
相変わらず 地道に書道も続けていまして 書くときばかりはしかつめらしく神妙に
漢詩や万葉仮名なぞ さらっておりますけれど たまには自由律で 
『千客万来』とか『厨事』とか『大盤振舞』とか いちばん太い筆で 墨跡も黒々と 書いてみますかな

[PR]
by toaruhi | 2017-01-30 22:34 | おもてなし | Comments(2)

⇔ 共に待つ 煮こんで美味しいおでん 子に 妻にも と ⇔

おでんおでんおで~ん
b0141230_21171093.jpg
頻繁どころか 作っては食べ 減っては足し・・・ といったぐあいに 
おだし代々継承の老舗か!の エンドレス状態
b0141230_22525833.jpg
下茹でしたお大根 網代に刻み入れたこんにゃくを まずは煮いていきます
このお色が示すとおり この段階では かなり濃いめの調味です
ここでしっかりお味を入れたら この後はおだしを加えるくらいのつもり 
すっかりやわらかくなって お味もしゅんで でも あともうちょい旨み?深み?が欲しいざんす
b0141230_22552399.jpg
・・・という時点になって 練りものの登場でございます ここらでは これのことを『天ぷら』って呼びます 
海老やら精進揚げの例のものも 天ぷらと言いますが そこは会話のニュアンスでちゃんと区別
b0141230_2259432.jpg
引き続き煮いてゆくと うむ、これがおでん!という味に成長してゆく・・・といった感
b0141230_2314593.jpg
そうして出来あがりましたらば うちは例のごとくの薬味をご用意して
b0141230_2310150.jpg
思い思いに好きなのを うつわにとって はふはふ・・・ いただきまーす
*****************************************************************************************
冬のお客様にもいいんですよ おでん
b0141230_2312115.jpg
前もって仕込んでおけるし お鍋ごとどーんと卓上に持ってって あれこれわいわい
b0141230_23133162.jpg
この日は 小さなお姫様を連れた婦人がお越しだったので こうした煮こみハンバーグも
これもまた あらかじめ用意が出来るもの◎

b0141230_23162769.jpgb0141230_23163963.jpg
お供にするにもスゴイ量~の マカロニサラダと バターコーン
でも大勢でおしゃべりしながら食べると 綺麗さっぱりみんなのおなかにおさまってゆくのです☆
b0141230_23214022.jpg
しかも ちゃーんとこちらが入る余裕を残して ですよ・・・(笑)
*****************************************************************************************
実は その次の週にもお客様 そして おでん(笑)
b0141230_232342.jpg
この日も 5歳の王子と3歳の姫君を連れたママ 

b0141230_2326966.jpg
みんなで囲むからかなあ

ちいさいひとも 予想以上に

喜んで食べるんですよ~ おでん
この日の わかりやすい子どもウケ(笑)
b0141230_2328133.jpg
b0141230_23281385.jpg
唐揚げにポテトも ご好評いただいたようですけれど♪
b0141230_2331985.jpg
偶然にも オット母のマカロニサラダも届いたからにゃ
b0141230_2332054.jpg
またまたまたまた バターコーン
b0141230_23344835.jpg
先週との違いは これぐらい? 前夜 見越してどっさり作っておいた 牛こま入りのおかずきんぴら
*****************************************************************************************
b0141230_23384258.jpg
ふたつみっつのお大根と 天ぷら数種が 残ったよ~

b0141230_23394152.jpg
そこに 立て続けに

あちこちから 美味しそう~な

海老芋をいただいたもんだから

また リ菜クル するしかないじゃないの(嬉)
b0141230_23395384.jpg
最近お気にいりの絹揚げや 冷凍枝豆がんも(COOPの、便利やからちょくちょく買い置きしてます) 足しちゃお~ 
b0141230_2340387.jpg
まだまだ冬も 前半戦やというのに おでん 堪能し過ぎかしらん(笑)
[PR]
by toaruhi | 2016-12-20 00:14 | おもてなし | Comments(4)

ひとつおぼえ

YUKOさんが子どもたちとお越し~
b0141230_13532846.jpg
これしかないんか自分!のツッコミと これだけ作れば完全掌中なんで!のヒラキナオリが
造形に表現されたかのごとくの どでんとバーグ  YUKOさんも息子くんも娘ちゃんも仰天していた 笑
果たして添えのバターコーンと共に たいそう気に入ってもらえたので 結果オーライ
b0141230_13534311.jpg
同じく 心ならずも長らく逢えなかった間の積もる話を量で表現? 山盛り!せんきゃべ
b0141230_13535749.jpg
道中買ってきてくださった かしわ屋さんのとりどりの唐揚げ  七味のん超辛旨でしたー!
のみならず YUKOさんの周囲で大評判との とろっとろのプリンまでも・・・
*****************************************************************************************************************
思えば 長~~~いおつきあいの YUKOさん・chikoさん・ki*koさんとは この夏休みにももちろん 
一堂集結を約束していたのですが 娘の発熱でお流れになっていたのです(涙飲)
↑ は しからばせめて、と別の日に 予定が折合いついたYUKOさんが来てくれたのでした
b0141230_14402250.jpg
何とかオトナだけでもぉぉぉぉぉ~と 子らの新学期を待ちかねるようにして とあるひお約束@梅田
そんなときに限って わたしは少々仕事がおしてしまい 皆が食べている途中に参入~
メニュウを一瞥して『厚切りベーコンとスクランブルエッグ』と勇んでオーダー >オットが加工肉NGのため
『日ごろそうそう食べられへんもんねえ』と 皆一様に納得の微笑みを投げかけてくれる仲 
このひとときを逃すまじ 店内の喧騒にも負けるまじと 懸命におしゃべり
次々サーブされるパンにも 口中の水分を失われる有様 でもしゃべる  >どんだけ
******************************************************************************************************************
数日後 娘の幼稚園最後の運動会
b0141230_14592243.jpg
明け方のどしゃ降りのため 順延予定日での開催となりましたが^^  決定連絡は前日早い内にあったので混乱はなし
その甲斐あった?晴れわたる空の下 楽しい一日でした!
b0141230_14581147.jpg
娘のおべんとうリクエスト 『サンドういッチ。』 きっぱり断言 
兄が毎年そうなので 今年は自分も!と思ったらしいが 約半年後 あんたら一緒の小学校の運動会 さてどうすんの?
b0141230_1564565.jpg
定番ふうのサンドウィッチの他に 今回は娘の大好きなごぼうでサラダをこしらえ
b0141230_158387.jpg
白ぱんでこのようなサンドも・・・ ハンバーグ(また!)&とんかつは胡桃ぱんです

b0141230_15102718.jpgb0141230_15105920.jpg
出来あがってラッピングし 並べ その量と景色に 我ながら 『・・・パン屋か!』
サンドの場合 決して忘れてはならないチョコレート&バナナ 『・・・薄ぅ~い安もんのカツサンドか!』

b0141230_15104280.jpg
毎回毎回 同じことを思いつつ

出来上がったものを詰めていたら

楽しみと緊張で 変なテンションの娘

『おかーさん いっつも このかご やナ!』

正に そのことも思っていた瞬間 のご指摘

[PR]
by toaruhi | 2016-10-10 23:46 | おもてなし | Comments(4)

夏が終わる

夏休み最後の週末
b0141230_2384470.jpg
家族ぐるみの仲良しM家の長男坊くんがお泊りにやってきた
b0141230_2320277.jpg
いわゆるウマが合うというのか 小さい頃からとても仲良しの同い年の彼のために
息子はああでもないこうでもないと ずーっと献立を思案

b0141230_1531648.jpgb0141230_15302483.jpg
『何はなくともまずはポテトフライやで!くし形の!ほくほくの! 
そんで揚げたてをみんなでシャカシャカポテトで味つけする、と!』 紙袋の中などに入れて振り回すってことね
『メインは とんかつで! あのしゃぶしゃぶ肉を何層にもするやつな!きゃべつたっぷりで!
とまとも忘れんように添えてな! あ、○○ちゃんはあかんけど・・・』 娘はトマトがNG
『それから炊きたてごはんと お味噌汁で完成! ふつうにお豆腐とお葱がええな!』
 ― 以上 ご要望にお応えいたしました ―
b0141230_15385533.jpg
乗換は一度あるとはいえ 地下鉄一本で来れます 次回はあんたが行ってみてみ
わたしは土曜も仕事なので お迎えは息子がいそいそと行き 2人でべたべたと過ごしていたよう
息子もそこそこ大きい方ですが Yくんは小5の枠を超越した長身ボーイ
帰宅したとたん かさ高い二人の熱烈な腹ヘリコールを受け 作った昼食はこちら
ごはんはまああるし ミートソースの冷凍ストックがあったので 
『カレーピラフとパスタ さあどっち?』 聞いたらYくん即答 そうやった ごはん党やったね^^
b0141230_15582412.jpg
翌 日曜日は お迎えがてら次男坊連れてT子さんがお越し
b0141230_160138.jpg
ありもの野菜を揚げて みんなでつるつる冷やしうどん~
ちょうど買ってあった ’日向酢’なるかぼすのような柑橘を つゆに絞るのに一同大ハマり
b0141230_1632422.jpg
ワワワ~ッと食べて サササ~ッと 遊びに散ってった子ら
しめしめ T子さん じっくり語りましょうぞ・・・♪ と ゴーヤーちゃんぷる
お供は日向酢を絞った焼酎よ(笑)

b0141230_1672463.jpgb0141230_167367.jpg
これもどうぞと あて替わりのぬか漬切って 〆に塩むすびなんぞ出したところに
子らが水分補給に戻り 目ざとく卓上のものを見つけ 食い散らかされるのであった・・・
**********************************************************************************************************
友と 美味しいものと 語らい・・・ 
b0141230_16164117.jpg
夏に限らず 嬉しく楽しいものですが ふだんは遠く福井に住むhiyoさんとは 夏限定のお楽しみ!

b0141230_16191180.jpgb0141230_16192823.jpg

b0141230_16195329.jpgb0141230_16201049.jpg

b0141230_16204422.jpg

今年の逢瀬は @天王寺
有名どころ過ぎますが ランチは『実身美』にて
hiyoさんとは なんかこうゆう地味滋味~タイプの
ごはんを食べたくなるんですよね
ジミジミごはんしながらシミジミ語る^^
この夏の暑さ疲れも吹っ飛び
また日常を頑張ろう!の
心意気も蓄えられるひととき・・・
******************************************************************************************
恒例 夏の家族旅行  またまた那智勝浦へ~
b0141230_1636252.jpg
ひとたび行くと数年は同じところに行くのが お約束^^ でもそれは ほんとうに気にいっているから!

b0141230_1651252.jpgb0141230_16513976.jpgb0141230_16524890.jpg
b0141230_16533943.jpgb0141230_16535292.jpg
b0141230_16541311.jpgb0141230_171733.jpg

b0141230_1654368.jpgb0141230_1658539.jpg
b0141230_16554863.jpgb0141230_16562049.jpg
たっぷり遊んで泳いで 当地の名所にも何度でも 
慣れたお宿でゆっくりして 心ゆくまでお湯につかって のーんびり
朝食だけをホテルでとり 他は気の向くまま 現地でいただくのがならわし
お決まりの喫茶店めぐりももちろんよ お店の方もちゃんと覚えててくださったりもして
二泊以上はするというのが オットのモットーで 数年同じ地というのもあり
もはやルーティンが構築され まるで帰省気分にひたりつつ・・・

♪ またひとつ 夏が終わる 音もたてずに 暑すぎた夏が終わる 音もたてずに ♪

一堂 総力を注ぎこむため
[PR]
by toaruhi | 2016-08-30 23:09 | おもてなし | Comments(4)

Parisで逢いましょう

どんな出逢いも、必然と思っています。 その深さや、続く長さがどうであろうと。
b0141230_14571545.jpg
そもそも、おひととのご縁ほど不思議なものはないとも思っていますが
『光と影を追いかけて』のfusk-en25さんとの出逢いは、不思議を超えたものを感じました。
日頃は遠くパリにお住まい、それも在仏40年近くになるfuskさんは、わたしの父やオット母と同い年。
この距離、年齢差、普通からすれば、出逢う確率はかなり低いでしょう?
そもそもはこのブログに来てくれたのが始まり、次第にメールもくださるようになって
ふと気づけばもう気心知れた仲になっていたのです。
いつか帰国する機会があればお逢いしましょう、とのお言葉に、もちろん!の思い。
それにしても、そもそも同じ大阪人というだけでもすごいと思っていたのに
帰国するなら滞在されるご生家は、なんとうちから自転車で10分もあれば行けてしまう距離。
のみならず、様々な共通点やつながり、湧くように出るわ出るわ・・・ もはや身震いさえしました。
そこに、本当に帰国するから!というお知らせ。
以降、まるでチャットのごとくのメールの応酬~
よもやま話の合間や〆に、可能な限り来てね、たびたび来てね、毎日来てね、の勢いで(笑)
わたしもそれはもう楽しみに、その日を待ちました♪
b0141230_2104299.jpg
今回の帰国は、fuskさんのご母堂が9年前に亡くなられたあと
誰も住む人のないままあったご生家を、ついに処分なさるのが第一の目的とのことでした。
数年ごとに帰国しては、1~2ヶ月は滞在されるのが常、とはいえ、いつ行っても誰か彼かいて
お初の方がいたら、ちょちょっと自己紹介^^ 後はもう、お互い旧知の仲のように自然~に過ごす。
fuskさんの存在感、そしてこの家の空気がそうさせる・・・という他ない空間、それがまた心地良くて。
ふたりきりで差向かい・・・なんてほんの数えるほどだったかも^^
*****************************************************************************
その内の貴重な一回(笑)は、たってのご希望で、うちに来ていただきました~
いつもなら仕事中は自分でもコワイほどに集中しきって滅私奉公(自己満か 笑)のわたしも
さすがにドキドキ気もそぞろ~ それなのにその日に限って、忙しさハンパなく時間も押して押して(涙)
やっと終わって→迎えに行って→一緒に戻り、さあどうぞ~~
「何でもいいから、Mちゃんのごはん食べたいわ」「簡単なもんでいいから」
fuskさんはそう言うけど、緊張しちゃってもうもうもう!
b0141230_21172355.jpg
いや、実際、飾るも何もないのですけれどね
b0141230_2118473.jpg
甘辛レモン醤油にからめた、小さい唐揚げ
その日の早朝、大会に出かけてった息子のおべんとうついで(笑)
b0141230_21182123.jpg
身欠きにしんの山椒煮きも
b0141230_21183510.jpg
炒り豆腐も
b0141230_2119187.jpg
若ごぼうと牛肉の煮いたんも
b0141230_21194886.jpg
いつもながらのもやしのナムルも、ぜーんぶそのときあったもんの、よせこせ(笑)
b0141230_21192950.jpg
こんな、ただ蓮根焼いたんと
b0141230_2120962.jpg
水菜と大根のサラダが、まだしもその日その場で作ったライヴもん~
お口の肥えたfuskさんをして、シンプルで腕の関係ないこんなんがまだ、マシにいただいてもらえたみたい

b0141230_21202851.jpg

緊張しちゃって おつゆカラかったですしね~(汗)

ふだん淡味なので お客をするとなると

ヘンに力んで ついこうなりがち・・・ がっくし

b0141230_21215438.jpg
とあるひは 逆に 仕事終わりの
ぺこぺこのままに fuskさんち行って
あつかましくも 昼食おねだりしたことも(笑)

サササと アンチョビとレタスのサラダ
湯どうふ なんかが出てきて
実家のごとく モクモクもぐもぐ頂いたっけ^^

折々に 息子や娘も連れてったけど
娘など わたしが不在でも
たくさんの客人の中 ちんまり・・・と
ごはんよばれた夜も(笑)
b0141230_21232148.jpgb0141230_21233468.jpg
*******************************************************************************************************
夢のように、日は過ぎました
b0141230_21302870.jpg
これからも、ここに行けばいつでもfuskさんがいる気がしますが、それはもうかなわぬこと。
フランスへ帰る日の朝、最後にぎゅーっとハグしてきたfuskさんの頬の感触、忘れません。
今度はパリの空の下で!素敵な目標が出来ました。
[PR]
by toaruhi | 2016-05-05 15:04 | おもてなし | Comments(6)

⇔ 仲いいですし、素でいいかな? ⇔

おなじみchicoさんki*koさんYUKOさん~ ようやく一堂勢ぞろいでわがやにお越し♪
b0141230_14471998.jpg
ひとまずのお出迎えを 春休み中の息子にお願いし(すこしでも遊びたいから望むところ) 
皆さまには あまくない系のぱん持参をお願いし(近くのぱん屋さんがその日は定休日だったの・・・)

b0141230_15553036.jpg
その理由は サンドウィッチ大会
ドタバタ帰宅したわたしが 
ドタバタ用意した具材でも 開催可能

ゆでたまごの殻むいたり 混ぜたり
配膳も 息子をはじめ子らにも
ゲストにも手伝っていただきます^^
基本セルフサンドという時点で
単なる会場開放のみの ホステス感放棄(笑)
b0141230_167191.jpgb0141230_1671825.jpg
苦肉の策を 至上のアイディアに押し上げてくれた YUKOさんお持ちよりのローストビーフ!
b0141230_1501870.jpg
ローストビーフはもちろんのこと 色とりどりのトマトもスプラウトもベビーリーフも 美味しかった~
b0141230_14455886.jpg
ぱんの下焼きetcを YUKOさん長男くんと息子に担当してもらい 
きゃべつマリネの混ぜ混ぜは YUKOさん娘ちゃん
指示するのみで 『沼サン』出来あがり~
b0141230_1538792.jpg
このところの うちのヘビロテ ありものお野菜なんでものコンソメスープ
b0141230_14432653.jpg
ありもの野菜の重鎮を成すのはきゃべつ~ だから沼サンもね(笑) またきゃべフェス小さく開催中なんです^^
ゆっくり食べつつ そして飲みつつ(このメンバー ソレ外しません!)
積もる話も あっち行き~こっち戻り~ 展開につぐ展開の連続で ああああああああああまた次回
********************************************************************************
パンとスープ とネコ日和・・・ではなく と言えば
b0141230_16131227.jpg
先日ご近所仲間とのおしゃべりでもそうでした~ 「あった野菜なんでも入れただけよ~」って言うのだけど 
これほどまでの違いはなぜ!?という 眼をみはる美味しさでした☆
スープも さらっと出てくる筍ごはんのおむすびも 良いおかげんのお酢のものも 
「残りものでごめん~」 ・・・わたし、渾身のおもてなしのつもりで作ってもかなわぬよ・・・

b0141230_1615324.jpgb0141230_16152694.jpgb0141230_1615158.jpg
もうひとり招かれた彼女のお持ちよりの ささみとほうれん草のスパサラがまた美味しくって!
必ずやまねっこして作ろう・・・と鼻息荒くしてます(暑苦しい)
****************************************************************************
キュアップ・ラパパ! 娘のお友だちのお誕生日会におよばれしました
b0141230_1625297.jpg
この女の子は 3人兄妹の真ん中ちゃん~
とーっても娘のことを好いてくれてて たくさん遊びたいんだそう^^
この春 年子のお兄ちゃんは同じ幼稚園を卒園 下の妹ちゃんが入れかわりにご入園
このママさん 一見豪快~な肝っ玉母ちゃんなのですが 何しろ子どもへの愛情のかけ方がすごい!
わたし つくづくアッサリ過ぎるかもと いつも自省&尊敬の念・・・
この日 他に招かれたのは 招待宅とたまたま同じマンションに住む男児とその母 
そして ふたご男児&年子の妹ちゃんとその母 しかもこの母どうしは中学の同級生という^^
みんな仕事をしてるので(ふたご男児&年子娘母に至っては夜勤もバリバリにこなす看護師!) やっと合った日にちは日曜日~
「昼すましてきてな!来たらまずケーキでお祝しよう~ で 夜ごはん食べてって!」
嬉し過ぎるお誘いに 母子3組 ほいほいイソイソ 参集した次第です♪
b0141230_2116428.jpg
お姫様ドレス着用で出迎えてくれた姉妹と どんだけお色直しする気なのか?娘も4着持参^^ 
そんなこたどう~でもいい男児たち(笑)との怒涛のケーキタイムののち 待望の泡とか泡とか泡とか
”焼”の文字のある でも焼いてない飲みもの(わたし持ちこみました 笑)もありつつ・・・の夕食タイム☆
招かれた母トリオのみならず 肝っ玉母ちゃんも 同じテーブルで飲む食べる語る~
なぜならば!招待宅の大黒柱が さながら店主のように次から次へとおごちそうを!!!

b0141230_0384940.jpgb0141230_03937.jpg
どうですか この彩りに盛りつけ・・・ 最初のマカサラの天盛りの胡瓜の繊細さにため息~ 
肝っ玉母ちゃん曰く 「カット葱って売ってるやん?あれ見ても 粗刻み~って思う ダンナの見慣れてるからさ!」とのこと
いろんな方面に夢中過ぎて 気づいたらこのみっつしか撮ってなかったのだけど(汗)
文字どおり 本当に山!のような量の カリっふわの唐揚げやポテトフライに
シチューにドリアなどなど 次から次に出てきて どれも美味しくて美味しくて☆
おひとに作ってもらうと何でも美味しい 以上の味なんです
素直~なお味つけというのか ドヤ!的なところが何もない 素のままの美味しさ
ゆえに 味わうこちらも 素の状態で ただひたすらに美味しい美味しいああ美味しいといかんなく~
***********************************************************************************************
続くときは続くもんです~ せんだってのオットおやすみデーには
時々家族ぐるみでごはん食べに行く家族と 先方御贔屓の中華やさんへ
b0141230_0535269.jpg
車で前を通りすがるときなんかに気になってた ザ・大衆中華料理!なお店 行けて満足~~~
ほらほら春巻が 皮じゃなくて 薄焼きたまごで巻いて揚げてあるの

b0141230_057378.jpgb0141230_0571653.jpgb0141230_0573065.jpg
b0141230_0575436.jpgb0141230_0581672.jpgb0141230_059583.jpg
子どもは三人の先方家族 中学一年生の長女ちゃんは クラブの合宿でいませんでしたが
長男くんと息子は 大が何個付く?仲良し 次女ちゃんは 娘と同じ園をこのほど卒園したばかり
むろん親どうしも仲が良いので 円卓グルッグル回しながら 食べるのにしゃべるのに大忙し!
***********************************************************************************
飾らず 気どらず 素のままで つきあえるひとたちとの幸せを いつまでも味わいたい
[PR]
by toaruhi | 2016-03-31 23:33 | おもてなし | Comments(2)

⇔ 煮た、仕上がりが明日に ⇔

煮こみハンバーグ
b0141230_16442177.jpg

b0141230_20214473.jpgb0141230_20215986.jpgb0141230_20221374.jpg
こねて まるめて 焼き焼き~
焼けたはしから 隣の鍋に移し 刻みトマトにトマト缶のW攻撃&ハーブ

b0141230_20223015.jpgb0141230_20224484.jpgb0141230_2133574.jpg
味を見ながら適宜調味し にんじんがやわらかくなったら 
ふたをするようにざく切りきゃべつ山 しんなり一体化したら 舞茸しめじのきのこ群 

b0141230_2141153.jpg

思い思い よそったら

お好みで粉チーズなんぞを

ぱらぱらして ハイ どうぞ~

そうそう パスタも添えました
土鍋の中で おしあいへしあい 仲良くおしくらまんじゅう 
b0141230_16443439.jpg
なかみのバラエティは そう多くはないですが お時間だけはかけました~
商店街の練りもの屋さんの きくらげ白天・牛すじ天にごぼ天
ええいと思いつきで入れた粗びきソーセージ 存外の好評を得ました^^
b0141230_21105854.jpg
お大根は ご近所の方からの抜きたて新鮮 泥のついたのを洗ってすぐさま煮こみました とろーり
b0141230_21243017.jpg
熱々の煮こみもののお口なおしに ひんやりサラダはいかがですか

b0141230_21255998.jpg

定番のこちらも

ひかえておりますよ

刻んだにんじんにかるく塩

水気を捨てたら ♪ やるじゃん すし酢 ♪
そもそもはオットの友人・たきちゃんと息子くん娘ちゃんが来てくれました~
先日、ぴかぴかの新居へ伺った際は週末で、仕事のオットは行けず逢えなかったので
オットおやすみデーに来てもらったという訳でした♪
前の日からじっくり煮こんで、明日を楽しみにする気持ちもますます増します~~☆ 
みんな喜んでたーくさん食べてくれて、嬉しい限り!
************************************************************************************
↑ の、宴の明日である翌日 煮こみハンバーグはソース一滴あまさず 綺麗~にはけちゃいましたが
b0141230_21363761.jpg
おでんもどきは たっぷりのおだしとほんの数個のたね=エンリョノカタマリが残りました
そこに 前日も声の上がった「厚揚げは?」「お豆腐は?」コールに応えるべく 足しまして・・・
あえて 追っての調味はしなかったので すり生姜をのせて ちょこっとお醤油たらしたりして姫路おでん風?
b0141230_23362011.jpg
たきちゃんたち来た際にも作ろうかなあ~と思いつつ 取合せが変か?とやめた 牛肉と蕗の煮いたん
蕗 苦手なひとは苦手ですよね・・・ わたしは大好きなんだけど~

b0141230_23382529.jpg

なんで これっぽっちの量 残しておいたのか?

我ながら謎な たまご大ていどのかぼちゃ

小松菜1/3束くらい と えのきが少し

全部合わせたら なかなか結構な

おみそ汁の実になり◎

こうゆうの 嬉しいのです
*****************************************************************************************
↑ の 牛肉と蕗の煮いたん お肉400gと蕗ひと束用いて作ったので たくさん出来て あるていどあまった(珍)
b0141230_23461474.jpg
美味しいおだしも出てるしなあ・・・
里芋くらいの大きさの小さいじゃが芋が結構あって 使いあぐねていたのを投入~イイ感じ!
はんぱに残していた(これまた謎)糸こんも更に加え ますますイイ感じ!

b0141230_23462898.jpg
こうしたお味の煮ものに 焼き魚

みたいな献立が好きで好きで^^

粕汁にいいわ~と買ってあった鮭のあら

あまりに暖冬でまだ作る気分になれなくて

冷凍庫でお眠りあそばしてたのをゆり起こす
で なんか もういっちょ・・・と ふと作った蓮根とごぼうのサラダがクリーンヒット
b0141230_23465756.jpg
サッと湯がいて だし醤油と酢で下味 マヨにすり胡麻練り胡麻で和えました
根菜ラヴ一家 ついついいつもきんぴらにしちゃうのが常なので サラダというのが
眼先が変わってよかったのかな? にしても なかなか美味しく作れたぞ~~~
[PR]
by toaruhi | 2015-12-22 22:48 | おもてなし | Comments(6)

びっくりぽん

わたしの親世代=いわゆる団塊の世代? 蟹が好きだと思いませんか
b0141230_023744.jpg
子どもの頃、実家でよく食べた記憶が・・・ 実際、今も冬場に実家に行くと食べる機会が多い
b0141230_0101963.jpg
というより、蟹を自宅で食べた記憶があまりない(笑) 
でもこれ、こないだオットとわたしで食べたんですよ~
オット実家の来客で、たーくさん蟹すきをしたそうで、そのおこぼれに与った蟹。
だから『自宅で食べた』と言うよりは、限りなく『ご馳走になった』に近いのですけれども(笑)
ところで蟹、お鍋の際はどうやって食べますか?
オットの実家は、調味したおだしで蟹や野菜を煮いて、各人取りわけて食べるいわゆる『蟹すき』
オットは、オット父が好きというのもあって、幼少時は毎冬スキーに行っていたそう。
行きつけのスキー場とお宿があって、そこできまっていただくのが『蟹すき』。
という訳で、蟹を食べる際にはそこの作り方に倣ったお味つけでするらしい。
わたしの実家は、お昆布をひたしたお水で’水炊き’にして
各人がとんすい内でぽん酢や薬味で食べる『蟹ちり』(でも、『蟹すき』って呼ぶ) 
今回のこれは、『蟹すき』で(えーと、オット実家のほうです。・・・ややこしいな 笑)
b0141230_14592882.jpg
先月の話ですが^^ オット母のお誕生日で、うちでみんなでごはんを食べたんですよ
b0141230_1545776.jpg
オットが黒門であんこうや牡蠣を仕入れてきて、お鍋。
このときも水炊きではなくて、あらかじめ調味したおだしで作りましたが、大好評!
見るからにツヤッツヤの、肉厚なまでの葉肉(とは言わないか)のほうれん草がこれまた大好評!
素材がいいのと、楽しい雰囲気とで、子らもよく食べました~
b0141230_1575154.jpg
すべての旨みを吸った〆のおうどんがまた最高でした~
大トリ?はあえてケーキではなく、サーティワン。鍋のあとのアイスクリーム、大好評を超え、絶賛の嵐。
*************************************************************************
そもそも、なぜかうちでは以上のような、『冬といえばお鍋』ということがすくないのです。
ふだん子らは子らで、大人は大人だけで、の夕食なのが主な理由と思われ。
オットおやすみデーで揃って食べられるときも、火を囲む=お好み/たこ/そばの焼トリオの
テッパン系が断然!多いというのもありますね^^
だからかなあ、嫌いなわけではないのに、うちでは『ぽん酢』、びっくりするほど減りません。

お鍋の範疇外かしら
[PR]
by toaruhi | 2015-12-14 00:14 | おもてなし | Comments(4)

細く 長く

麺 麺 め~ん の、オンパレード
b0141230_019873.jpg
b0141230_1949240.jpg
美味しいブロックベーコンをたくさん使って・・・
マッシュルームがグッジョブ!なぺペロンチーノ、そして昔懐かし~い感じの甘めのナポリタン
b0141230_19491438.jpg
わたしのド定番、ごぼうとおじゃことお葱の和風あじ
b0141230_21405451.jpg
以上3種で、1200~300gほどのパスタを茹でたでしょうか?
何しろ子ども9人・大人4人ぶんが食べたもので^^
このシルバーウィーク、日々誰かがお泊まりしたり、ごはん食べたり、それはそれはにぎやかでした♪
b0141230_21513227.jpg
まずは初日、3年前に京都に越した友人母子のお泊まり企画。
ゴールデンウィークには、わたしたち母子が京都に行かせてもらい
シルバーウィークにはそのご返礼~今度はこちらへ・・・と、ひと月ほども前から決まって
おやこ共々、とっても楽しみにしていたのでした♪
で、この麺は何かと言いますと、わが街にいくつもある商店街の中のひとつの、とあるおうどん屋さん。
彼女たちがまだこちらに在住当時、よくよく通ったという懐かしい味を再び!ということでランチに。

b0141230_21382330.jpg
ご夫婦ふたりで切り盛りする
地元に根付いた小じんまりしたお店
「あら~!?大きくなって!」
すぐに彼女たちのこと思いだして
越した先が京都だということも覚えていらした

このお揚げが ことに絶品!
おむすび・だし巻・小鉢が付いた その名も天国定食
どのお味も 彼女の故郷である四国のお味に
限りなく近いんだそう
そしてその日の夜には、息子のサッカーの対外試合がありました

b0141230_20395218.jpgb0141230_2040762.jpg
せっかくたっぷり遊べるのに試合ってー!ほんでなんでまた夜にあんねん!
近いならまだしも電車で行くような場所やしー!息子さんざん吠えておりましたが
みんなでそれを観に行くことでまる~く納得^^ 
彼女自身が大のサッカーファンであることと、彼女の1年生の息子もサッカーを始めているので
4年生ってどんな?という興味もあるし行きたい!と有難~い申し出により、わいわいと・・・
b0141230_20483025.jpg
帰宅してかわるがわるに入浴したらもはや21時過ぎ!
サッと食べられて、それでいて楽しいごはん、何がいいかな?と考えて~

b0141230_2054528.jpg

ほんのりカレー風味の肉そぼろと
こってり甘辛味の牛肉炒めをどーん
各種野菜に キムチに納豆まで?

はい そのココロは
各人お好みでのっけてのっけて・・・ の ビビンバふう☆ 果たして、たいそう好評を得ました☆
b0141230_20592663.jpg
一夜明けて・・・ 今度はそこに、4人の子を連れた共通の仲良しが関東から!
これはSWの直前に、「連休中、そっち行こうかと思うんだけどいい?」とLINEが入り
そもそも京都の友人お泊まり企画があったこちらとしては「もっちろーん◎」とトントン決まったこと。
その友人も、京都の彼女と相前後して関東へ。 けれど、絶えることなく交流が続いているのです♪
関東の彼女は車の運転が大好きで、長距離をものともせず来てくれることもおおいに手伝ってます。
思えばその頃は、仲良くしていた友が偶然にも相次いで、おいそれとは逢えない距離に越したのですが
春夏冬の長めのおやすみや、こうした連休が続くときなど、必ずお互いの存在を確認。
こうしてうまく逢えるときもあれば、折りあいつかずのときもありますが
そばにいた頃と変わらない気持ちでおつきあいが続いていることがとても嬉しい。
実際、ひさしぶりに逢っても、そんな感じがまったくないんですよね。
何かっちゃ集まって、親は親どうし、子らは子らで遊ぶ姿があの頃のまま。
いや、子らの身体は成長してるんだけど^^ お互いの気持ちや関係性が変わらないのです。
ともあれ連休2日めには、京都の友人母子・関東の友人母子、そして今も近所に住まう
友人母子も加わって・・・冒頭の画像、総勢13人のパスタまつり、だったという訳☆
          
その夜、自宅へ帰る京都の友人と共に、関東の友人母子は今度は京都宅泊の予定でした。
シルバーウィーク中の京都、超渋滞にハマりこんだら大変~ そこで車はうち周辺において電車で移動。
となると、車を取りに、またこちらへ戻って来る訳で・・・ 
すると息子が「そんなら僕も明日(関東友人の)みんなと帰ってきたらいいやん! 
だから(京都の)◎◎ちゃんちに泊まりたい!」と言い出した!もちろん娘も^^
京都の友人は「うちならいいよーここまで来たらもう何人でも一緒やし!」と言うし
わたしも行けたら無問題だったのだけど、わたしはその夜、また別のお約束があって
そもそも皆が辞したら、そこからオットの帰宅まではオットの両親に息子と娘を頼んでいたのです。
息子も娘も前日からの興奮と楽しさが続いてるものだから、行きたい~行きたい~と大騒ぎ。
やっさもっさの末、息子だけが行くことに。
娘は、近所に住まう友人がどーんと請け負ってくれたんです。彼女の5年生の次女ちゃんが
娘をとても可愛がってくれて「お父さん帰るまで遊んどこか♪」の言葉に「そうするぅ~」とコロリ納得^^

はたして、夕方みんなを見送り、わたしは一路、地元へ~
中学2年のときのクラスの子からのお誘いでした。
内ひとりの子からの、福岡から帰省するからひさしぶりに…との連絡が発端だったのですが
わたしの毎度おなじみ小学校時代の盆/暮れ定例飲み会ならともかく
中学は35歳と40歳時に行われた、二度の学年全体の同窓会があったきり。 
ま、その際にしていた連絡先交換のおかげで成ったお約束、ノリの良さならまかせて!のわたしは
嬉しくほいほいのっかった次第。もっと来るのかなあ~と思いきや、結果的には
わたしとあとふたり(それも男子)というミニマム構成で、ちょっとお恥ずかしゅうございましたが(笑)
それはそれ、昔懐かしき旧知の仲、とっても楽しかったです!
そのふたりは、中学以降もずーっと仲良くしているそうですが、それぞれの今日までの来し方の
ダイジェストだけでも面白かった^^ 何より、当時のあれやこれや~もね。
福岡の彼は、今回家族をUSJに!とのミッションでの帰省、翌日超早起きで行ったそう。
過ごしやすい季節の、大型連休真っただ中のユニバ、いったいどうやったんやろうか・・・?
もうひとりの彼は車で来ていて、通り道だからと最後、わたしを自宅まで送り届けてくれて感謝感謝感謝!
また次回を楽しみにしているところです。
b0141230_1543492.jpg
そんなこんなで今、各地の代表銘菓がたくさん・・・ 物産展のようです(笑)
b0141230_15491774.jpg
さて翌日夕方、関東の友人母子と共にウッハウハで帰ってきた息子^^
関東の友人の弟さん一家が大阪にいるので、この日友人母子はそこに宿泊のはずだったんだけど
なんだかんだの話の流れから、友人と次女ちゃんは前夜娘をお預かりしてくれたご近所宅泊となり
長男くんと三女ちゃんはわがや泊に。長女ちゃんは、こちらに来た当初からずっと、また別の
同い年の仲良し宅泊していて、折々にうちで過ごしたり、ごはん食べたりしてたのです。
この長女ちゃんは今、中学2年生。
もちろんもれなく絶賛中二病だけど(笑)何かと「MちゃんMちゃん」と懐いてくれてます^^
小さいときから知ってるし、わたしと一脈相通ずる部分もあってわかるというか、とても可愛いの。
おりしも前夜、中2時代の子たちと逢っていたので、「ふーむ中2とはこうだったか!」と
いっそう感慨持って眺めたりもして(笑)

b0141230_15483194.jpgb0141230_15484262.jpg
b0141230_1549266.jpg
そんなこんなで もはや家族というか
親戚というか 気の置けない間柄

とにもかくにも ごはん食べとこかー と
急いで大鍋にとん汁を仕立て
初日の牛肉やらそぼろを芯にして
巻きおむすびといったていのものを作り
わいわいがやがや みんなで食べる

・・・この風景も まったく変わらない
   そして永遠なれ と思います


何よりも 厚く深く 御礼申し上げます
[PR]
by toaruhi | 2015-09-25 19:19 | おもてなし | Comments(2)