カテゴリ:とあそな( 6 )

ジミーに首ったけ

しろ菜とお揚げの煮びたし hiyoさん~これこれ、これですよね^^
b0141230_17301415.jpg
早めに作って 冷やして食べるのが美味しい! ジミな一品もちょい格が上がる?
b0141230_17303752.jpg
八百屋さんの店先で ほうれん草たっぷり4束ずつざるに盛られてイキイキしてた!買わずにおれず^^ 
洗って茹でて絞って~ 醤油洗いしておだしにひたしたのと 展開用にただ刻んだのと

b0141230_15375429.jpgb0141230_15381791.jpg
ただでさえおひたし好きな子ら いつもより少し手をかけただけで食いつき倍増
毎朝の息子の「なー、何かある?」攻撃(激) こうしてあると「はいよっ」と少々気の余裕~ 再認識
b0141230_1692040.jpg
ざく切りぴーまんをきんぴら味にして お得意天かす仕上げ
b0141230_17305455.jpg
胡瓜などの緑の差し色すらない 地味なマカサラでも

b0141230_16201611.jpg

何がしかのメインに

小鉢な副菜 添えれば

リッパに体裁整えられる気が
近ごろ、ほうぼうから玉ねぎをいただくこと多く嬉しい限り
b0141230_16262164.jpg
ただただじっくりと焼いて 塩とお酢・・・ のわたしの定番

b0141230_16274462.jpg
日曜日の午後 娘のボーイフレンドがお越し~

遊んでも遊んでも 遊び足りず

何なら晩ごはん・・・そしておふろも・・・な流れで

出したらご好評♪
b0141230_1628084.jpgb0141230_16281134.jpg
ピザにもたっぷり玉ねぎ~ これまた定番のお味噌ピザにのっけたきんぴらも、作ってあって良かった^^
b0141230_16242424.jpg
たくさんの玉ねぎ便の中に、レッドオニオンも♪ 
冷や奴にのっけたり グリーンサラダのアクセントにイイよね~
ふと どうかしら?と まるごとでスライスした姿 蚊取り線香みたいで可愛い~ 
しかし食べにくいか?と結局半分に刻んだけど(笑) 

b0141230_16401982.jpgb0141230_16405883.jpg
すぐに調理に取りかかれるようにしとくと便利なのは よーくわかってるのだけど 
何かヘンな苦みが出たり シナ~・・・ってなったりするんじゃないかと怖れてしまって
しょっちゅうはしないんだけど ビビり過ぎ? 

b0141230_17134851.jpgb0141230_17182849.jpg
お豆腐は 水切りするほど濃くて美味しいんだけどね~
アボカド レモン汁かけておいてもどうも色悪くなったりしそうで 直前に切ってしまう^^
b0141230_17254127.jpg
生野菜 こんなピクルス・マリネ系なら おいておくほどにお味になるんだけど~ 
そらまめさん、早速やってみました!

b0141230_16405100.jpg
同じ調理一歩手前でも これは安心

友人の石川のご実家からの蕗

すじを取って 水に浸けておいたら

水分吸って くるりくるくる~~ 面白い!

アジアンな雰囲気のお店とかにこんなふうに曲がった細い竹あるよね
b0141230_17294011.jpg
かくして蕗さんは わたしの母おかずでも上位に好きな『牛肉と蕗の煮いたん』に~ 地味ながら最高に美味!
それにしても日々のおさんどん、ジミでジミチなひとつひとつがあとあとシミジミ活きますなあ。
[PR]
by toaruhi | 2015-06-22 07:00 | とあそな | Comments(4)

干し椎茸の甘辛煮

b0141230_12574521.jpg
干し椎茸をもどして、ひたひたのおだし、砂糖:みりん:醤油=1:1:1でことこと。
和えものの具にしたり、何かと使えます。わさびなどを添えて、お酒のあてにも。

b0141230_12594758.jpg

ただきのこの柄だというだけで
干し椎茸の収納にはこの缶を使ってます

ところで缶のことを
『かんかん』って呼ぶの大阪弁?
[PR]
by toaruhi | 2008-10-11 18:56 | とあそな | Comments(0)

Mrs.ビーン

b0141230_23172956.jpg
期限などはまだ大丈夫なのだけど、近頃お豆や缶詰をせっせと消費につとめています。
期限オーライとはいえ買ったのが前過ぎて、いったい何のつもりで買ったんやったかしら…?というのを
頭をひねってお料理に転化させるのがおもしろくて^^
b0141230_23204392.jpg
ま、お豆さんはこうやって甘く煮くのが大好きなので、購入理由は明確なのですが。
今回、すこし変化球なのは黒糖で煮いたこと。
色が濃くなって虎豆の可愛い模様は見えにくいですが、黒糖のわずかな渋みが甘みにのって美味しい!
     ============================================
今日はオット両親と信貴山へお墓参りの後、生駒市立山麓公園というところへ。
美味しいおべんとう(オット母作^^)にカステラで珈琲タイム。
いろんな遊具やアスレチックのある素晴らしい公園で存分に遊びました!
今日は入らなかったけど、おふろや温水プールもあるようです。
初秋の爽やかな天気の中、わたしも息子と一緒になって遊びまくったので
さすがにツッカレタ~!そしておなかはぺっこぺこ^^
帰宅後、超特急でおふろに息子の夕食・寝かしつけ~
夕飯支度はその後だったので時間はかけられぬ…
b0141230_23364121.jpg
強い味方は炒めもの、なすとぴーまんの鍋しぎ。青紫蘇てんこもり。
b0141230_23382094.jpg
お味噌汁にははんぱ量のおだしストック、お酒・みりん・淡口で調味しワーッと煮立てた中に
牛肉の切り落としと茗荷の斜め切りをさっと煮いて、すこし葛をひき、卵でとじて黒七味。
b0141230_2341684.jpg
だしストックは↑で使い切ったし、鍋しぎでお味噌も使ってるので、汁ものは豆乳温やっこ。
男前豆腐店の日本列島大改造うんぬん…と書いてあった寄せ豆腐をあっためて
熱くした豆乳を張り、おろし生姜をのせるだけ。塩やだし醤油を適宜お好みに。

b0141230_23451178.jpg
胡瓜の季節もそろそろ…と思うと
なくなっては作りなくなっては作りしてしまう
定番たたき胡瓜漬
間違いなくオット喜ぶし(笑)
息子もばりばり食べるので
辛味をつけなくなって久しい
わたし達だけの時は辣油をたらり
b0141230_2348385.jpg


ごはんのおかずになるってわけでもないけれど
お豆さんなりと煮いてあると気持ちが落ち着く

あ、わたしは甘いお豆とごはん、とか
全っ然アリなんですけど~
[PR]
by toaruhi | 2008-09-27 21:45 | とあそな | Comments(3)

好評

b0141230_19501866.jpg
新玉ねぎの厚切りをじっくりじっくり焼いて、ワインビネガーと塩、オリーブオイルでマリネしたもの。
黒胡椒ガリガリ、枝豆をぱらぱら。
あたたかいままでも、キーンと冷やして味がしみこんだものも美味~~。
ハマり本『京都のお酢屋のお酢レシピ』より(本では酢は紅芋酢でした)
先日実家に行ったとき、ちょうど作ってあったこれを持ってったのだけど、母にもいたく好評でした。
[PR]
by toaruhi | 2008-07-28 19:48 | とあそな | Comments(6)

レバー入りひじき

鉄分満載~~~レバー入りひじき。
b0141230_2374231.jpg

ひょっとしてもともと実はデアイモノな組み合せなのかもしれないけど
認知度上がったのは、巨匠:栗原はるみさんでかな?(と、わたし的には思っている)
ともあれ、レバーなんて食べるのはもとより扱うのもダメだったわたしもこれは大好き。
何より、息子がよく食べる!ので、以来ひじきを煮くなら時々入れてます。

b0141230_2393088.jpg

16センチのルクいっぱいに作ったら
野田琺瑯のレクタングルのLサイズ
同じくMサイズと
10センチ四方位のタッパーウェアぶん
できました~
[PR]
by toaruhi | 2008-06-20 14:14 | とあそな | Comments(0)

実ざんしょ・ざんしょ

b0141230_2141225.jpg
実山椒の佃煮。
前から作ってみたかったのです。
煮魚にぱらぱら入れたり、オトナ向きの混ぜごはん、昆布煮いたりに展開しても…と想像はひろがる^^
小枝を取り除いたりがちょっと手間でしたが
最初オットに手伝ってもらったら、「ほんまにこんなんやってんの!?」とちょいギレで
やってるわいー!とわたしもちょいギレ(笑)
息子は嬉々としてやってくれました~^^
手間と言えばそれくらいで、後はゆでこぼして水気を切ったら、ひたすら煮詰めるだけでかんたんでした。
ちなみに、煮汁の割合は酒・みりん大さじ1で、お醤油はひたひた。
b0141230_21373091.jpg

b0141230_21398100.jpg

b0141230_21392670.jpg

[PR]
by toaruhi | 2008-06-13 21:23 | とあそな | Comments(2)