<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

キングおカズ

家庭おかず界の雄。
b0141230_1613031.jpg
それはこれ、『肉じゃが』ではないですか?
あまりにメジャーゆえに、自分以外の肉じゃが…ということで浮かぶ肉じゃががいくつもある。
自分の母の、オット母の、大親友S子の(いや、ほんま、作ってる鍋まで浮かぶ 笑)
はたまたS子の母のまで(しかも食べたのは大学時代)
ところで、オットはいつも、肉じゃがに胡椒をかけて食べるのです。
b0141230_16131974.jpg
この日は肉じゃがと、こうしたゆでたまごが入ったサラダが浮かんでしょうがなかった。
生野菜がごはんのおかずになりうる家・・・^^
b0141230_16133637.jpg
とはいえ、さすがにこれはおかずにはならない。蓮根とキウイの酢のものなんです。
しかし箸休めというにはこの量感・・・(おそらくオットは覚えちゃいないだろうが)結婚当初わりに作っていたもの。
古くからの友人たちは、一度は食べたことあるやもしれません。
愛用の古い料理本がその出典だけど、なんかこのビジュアルが好きで。

b0141230_1614564.jpgb0141230_16142676.jpg
納豆も、まったく普通に売っています・・・
かつて納豆ダイエット騒ぎ云々のとき、ほんとに棚にガラガラで
『大阪のオバチャン、たいがいにしなはれや…』と思ったものでしたが
少なくともわたしの見る限り、周辺では極端な買占め傾向はほとんど見受けられません。すこし、安心。
********************************************************
麻婆豆腐~。これまた、家庭おかずの代表格かな?
b0141230_1626252.jpg
b0141230_16282781.jpg
この日はオットおやすみデー
お彼岸だったので
オット祖母宅に行ったりお墓参りをしたり
結構な距離を自転車で周遊
息子も自分の自転車を
駆るようになったので
その走行距離はのびる一方^^
たっぷり身体動かしておなかぺこりんこ~
なぜか息子が断言
『まーボーどーフが食べたいでス!』
で メインは即決
b0141230_16262559.jpg
ターツァイをサッと塩炒め
b0141230_1626414.jpg
全員意地になる性格。野菜スティックが大皿盛りなんかだと、なおのこと。
***********************************************************
さて、たーっぷり作った肉じゃが、さしもの大食漢のわがやでも翌日のおひるに繰りこし。
b0141230_16144833.jpg
野菜室をチェックしたら、もやしが一袋に、またあったほうれん草。
順々にゆでて、それぞれナムル。常備のキムチを添えると、なんだかそれらしい一皿に。
オットはごはんにのっけ、ビビンバふうにわしわし食べてました。
b0141230_16145876.jpg

b0141230_161574.jpg

繰りこしおかずに
てきとーおかず

でもこんなコマゴマ寄せ集めって
気軽さ手伝って
妙にごはんがすすみます
[PR]
by toaruhi | 2011-03-30 20:02 | ひる・よる | Comments(4)

報 連 相

ほうれん草のおひたし~ 正しくはゆでっぱなし(笑)
b0141230_16183296.jpg
b0141230_16185592.jpg

この周辺では
八百屋さんでもスーパーでも
緑のお山…普通に売られています

旬だから新鮮!
したがっておねだんもお求めやすく^^

非常に喜ばれるので
オットとのおひるに
わっしわっしわっし
b0141230_16201478.jpg
わっさり大束のほうれん草 トリャー!と中華鍋ゆで^^
ゆでた後水にさらしてる間
また同じ中華鍋で めんちかつ揚げ作業
ナンデモカンデモ中華鍋
     *   *   *   *   *   *   *   *   *
たくさんゆでておくと…またとあるひ、サッと添えておひるごはんの格好つきます。
b0141230_16191945.jpg

     *   *   *   *   *   *   *   *   *
そんなこんなでじきになくなるので(笑)夕食にもまたゆでる。
b0141230_16194569.jpg
美味し~い上等なおじゃこをいただいたので、これまた相乗効果で美味しいな~
b0141230_16211756.jpg
ほうれん草以上にオットからの愛を一身にうけているお葱。
さすがにいつものお揚げとの炒めものはこの日はせず^^ 鶏と味噌炒めにしてみました。

b0141230_1621428.jpgb0141230_16235099.jpg
b0141230_16221010.jpg

ほうれん草関連の
《報》道を眼にするたび

何ぼでも食うから俺に
《連》絡 くれ~!とオット

・・・そりゃ無茶な
《相》談ちゃいますか
[PR]
by toaruhi | 2011-03-29 16:22 | ひる・よる | Comments(2)

はー 春休み

息子、今年度修了~ ただいま春休み。
b0141230_20403650.jpg
幼稚園大好き、おともだち大好き、先生大好き。
おやすみもなく、一年間めいっぱい楽しく元気に過ごせてよかったね。
b0141230_204165.jpg
終業式の午後はさっそく仲良し軍団でお遊び~
開催宅ではカレーを用意してくれるとのことで、少々お持寄り。美味しかった~楽しかった~

b0141230_20414619.jpgb0141230_2042074.jpg
b0141230_20421825.jpg

おひるごはんをまたいで

いつもよりたくさん遊べたり

ふだんしょっちゅうは逢えない

すこし距離のあるお友達と

遊べたりするのは

こうした長期のおやすみの良いところ~~
・・・ですが、日々のおひるごはんには頭を悩ませますね~
b0141230_20385148.jpg
b0141230_20392185.jpg
リクエストを募ると、やはりこうしたものに^^
それでも、少々頑張って作ったほうです~ 春休みはね、まだ短めだからね^^
[PR]
by toaruhi | 2011-03-29 16:00 | いちにち | Comments(0)

センバツ

河内野菜で春の大会が行われるとしたら(いや、だから誰が何のために開催?)
第一シードは若ごぼうではないでしょうか~ 今季も何かと食べてます。
b0141230_1264759.jpg
これは、友人らとのおひるに出したもの。大定番で、お揚げさんと。
b0141230_127556.jpg
メインはおなじみ胡瓜と生姜、そして千切りじゃが芋の春巻き。
若ごぼう煮に、作りおきの卯の花やひじきサラダで、えらくファイバーな食卓となりました^^
b0141230_127204.jpg
息子とふたりごはんの時だって煮きます~

b0141230_1333286.jpg

この日はふと
豚こまとお麩なんて
合わせてみたのでした

お揚げとの定番味より
よく食べてたなあ
b0141230_045289.jpgb0141230_0454455.jpg
高校時代のクラブ仲間と、ランチへ。
前菜の盛合せの内のひとつがお揚げと若ごぼうの煮いたん(左画像の一番手前のもの)
刻み方やお味つけが、なんとも洗練された、すっきりした美味しいものでした。
b0141230_0415796.jpg
これは昨晩、わたしが煮いたの。武骨とすらいっていい、なんとも田舎風な・・・
b0141230_0535852.jpg
普通小鉢ものやろ!という酢のものでさえ、この量^^
b0141230_055353.jpg
牛カツ。トマトソースにマヨに辛子など適宜混ぜたものをたらりと。
非ニクニクなのにとんかつラヴァーなオット(ほんまややこしい)「牛肉のカツのほうが旨い気がしてきた!」らしい。
b0141230_0555177.jpg
フライものには山盛り千切り野菜、がお決まりのわがや。免罪符的役割か。

b0141230_10788.jpg

ほうれん草も

若ごぼうと同じくらい

愛しているのですが

近ごろ何やら

取り沙汰されてますね…(悲)
b0141230_18779.jpg

若ごぼう

かき揚げやパスタ

炊きこみごはんなんてのにも

トライしてみたい
[PR]
by toaruhi | 2011-03-26 09:47 | ひる・よる | Comments(6)

ザザザSP

年に幾度となく作る、切干しの煮いたん。
b0141230_22492027.jpg
ほとほとやらかく、美味しく煮けました。 これの前の姿は
b0141230_22493199.jpg
黒七味ぱらり、がアクセントの、里芋の煮っころがしだったのですよ。
b0141230_22501223.jpg
更にその前の姿は、かぶと鶏ももを煮いたものでした。
煮汁も、ここまでとことん利用されれば浮かばれるというものです(笑)
b0141230_23552315.jpg
レバーひじき
b0141230_23553959.jpg
卯の花炒り
     *     *     *
以上のような煮いたものや常備菜、合間を見て作っておいて、食事の前にもう一品何か。
b0141230_2329195.jpg
またまた!葱とお揚げのサッと炒め えのき茸増量バージョン
b0141230_1442475.jpg
豚キムチ
b0141230_23451217.jpg
鰈の煮つけ
b0141230_23462685.jpg
海老入りにらたま
b0141230_23455639.jpg
じゃがいもと白菜、甘辛味で煮いて、天かすをからめたの
b0141230_23294325.jpg
鶏むね肉に片栗粉はたいて揚げ、刻み葱こんもりぽん酢がけ

b0141230_0112524.jpgb0141230_0212091.jpg
b0141230_0213485.jpg


で ごはんにお味噌汁~

以上、ここのところの夕食

ザザザ~っと

数珠つなぎダイジェストでした!
[PR]
by toaruhi | 2011-03-24 22:43 | 晩ごはん | Comments(0)

弱冠ふたつ、重ねたり

オット、先日40歳になりました。
********************************************
バースディ当日の夕食は、本人リクエストによるもの。
b0141230_0354449.jpg
b0141230_036057.jpg
数日おいたおやすみデーに『家族で肉。』(非ニクニク星人なのに、なぜか祝いの膳は肉に断定)と決まってたのです。
(ふむ、鰻だろう・・・そしてたっぷり酢のものでマチガイナイね!)と、心中算段していたら
当日朝「パスタ食いたいわぁぁぁぁぁ~ そんで山盛りサラダやな」・・・というわけで。
オットがパスタを所望、それすなわちトマトソース。
水菜に、大根を山と刻み、サニーレタスをちぎりにちぎり、生姜ドレッシング。
b0141230_0361533.jpg
かぶらとハーブソーセージのスープ煮。
非ニクニクでも、とりわけ加工肉がNGのオットですが、これは大変お気に召した模様。(こんがり焼いたからかな)

b0141230_0363663.jpgb0141230_0371827.jpg
よりお気に召した様子だったのがこれ、菜ばなのココット焼き。
かるくゆでた菜ばなに、ホワイトソースをからめてたまごを落とし、チーズ散らして焼きました。
b0141230_0374055.jpg
本人セルフプレゼンツの瓶ビールと共に・・・ 素敵な40代になりますよう、わたしは隣で支えます!
******************************************************************
で、予言の肉はこちら。グリルパンじゅうじゅう~
b0141230_23304156.jpg
和牛ステーキ肉、そしてあっさりとモモ肉やハラミも。
このアソートっぷりがかなり正解でした。年齢に添うてきたというのか(笑)
b0141230_2331328.jpg
b0141230_23311381.jpgb0141230_23312978.jpg
お取り合わせの野菜はやはりたっぷりと。焼き青梗菜が最大ヒットでした。
バターぽとり、の黄金色の安納芋も美味しかった!

b0141230_23314172.jpgバースデーケーキもまた

本人セルフプレゼンツ(笑)

息子とわたしは

いただく前のお歌プレゼンツ^^

来年は娘も焼き野菜だけでなく

ケーキまでお相伴できるかな?
**********************************************************
そうだ、合間の日に、お外でランチもしたのですよ(どんだけ寿いで食べるねん~)
b0141230_23574264.jpg
生姜のきいた鶏つくねと、トマトのスープ
b0141230_045447.jpg
きのことじゃが芋のミルクスープ。メインのスープを選び、パンかごはんが付きます。

b0141230_2359961.jpgb0141230_23592181.jpg
サラダバー形式のたっぷりお野菜が我々にうってつけ~

b0141230_23594894.jpg

オットは展示会後
わたしと娘は街ぶら後
以前オットが知人と行って
良かったから~という
お店にて待ち合わせ

地元も大好きだけど
やっぱたまにはこうゆうのもいいね!
b0141230_0354825.jpgb0141230_036651.jpgb0141230_0371021.jpg
この日はぽかぽか陽気の中、運動がてらおんぶで自転車で… 娘はぐっすり眠ってたのですが
いざ食べる段になって、むっくりと起き上がり^^

b0141230_0362484.jpgb0141230_0364770.jpg
「あ、おうちの椅子と一緒のんあるやん~」とばかり、にこにこ鎮座したはいいが
じきに立ち上がってしまう態度も食べっぷりも、家と一緒でした(笑)
[PR]
by toaruhi | 2011-03-22 00:14 | ひる・よる | Comments(4)

あたりまえがありがたい

’座右の銘’だといっては、何かと唱えているこの言葉。
このたびの巨大地震で、更なる感謝と重みをもって、いっそうかみしめています。
かみしめられること自体がまずもって、なんてなんてありがたいのでしょうか。
その『あたりまえ』を抗いようのないものに押し流されてしまった方々を思うと。
     *    *    *
発生からこのかた、出来うることを実践しながら、たくさんたくさん考えています。
その折々の心情や考えを、何度も書いては消し書いては消し、しましたが
どうしても上手に記すことができなかった・・・
以前のサイトでは、食だけによらず他のつれづれも綴っていたけれど
こちらではことに『食』にスポットを当てているからか、日々の糧にも事欠く被災地を思うと
罪悪感のようなものが先に立ってしまった。
この有事の際に更新することも、自己顕示欲が勝っているように思えてしまった。
でも、更新しなくたって、温かい食事をじゅうぶんにいただいてるのです・・・
申し訳ないから・・・と食べないの?生活スタイルを変えるの?
―否、でした。 だったらそうやって暗い気持ちでいることがいったい何になるのか。
     *    *    *
今回のことで、深く深く思い知ったけれど、日常って奇跡の積み重ね。
この奇跡を、積み重ね続けられているのってものすごいパワー!
だったらそのパワーを放出しよう。
これまでと変わりない日常を紡げているわたしは、元気でいられる。
元気だから、明るくいられる。優しく出来る余裕もある。
まだまだ続くであろうこれからの展開の間ずーーーっと、わたしはわたしで
奇跡を感謝し続けて、出来ることを成し続け、元気で居続けよう。
非被災者である多くの方が、様々な表現でそう提唱している段階に、自分の気持ちがやっと追いつきました。
     *    *    *
こうやって書いてても、何かがとことんずれているような、まだまだ言葉は尽くせていない感でいっぱいです。
でも、ここを訪れてくださるたくさんの方々すべてと、直接お話することや意見を聞くこともかなわない。
まだ迷いはあるけれど『日常の日々がここにあること』を記したく、これまでの調子で更新していこうと思います。
たゆみなく 明るく 温かく 強く 優しく 元気に。
**************************************************************
**************************************************************
かつての勤務先の後輩が、1歳半の娘ちゃんを連れて遊びに来てくれました。
b0141230_020162.jpg
ささがきごぼうたっぷりのハンバーグ
b0141230_0201924.jpg
トマトとたまごの炒めもの
b0141230_0203548.jpg
彼女のリクエストは煮もの。
b0141230_0205131.jpg
手慣れたお大根とがんもどきの含め煮と、小松菜とお揚げの煮びたしを作りました。
b0141230_021549.jpg
とあるそなえ=とあそな、わたしの常備菜の中でも定番中の定番、ひじきサラダ。
b0141230_0212091.jpg
炊きたてごはんにお漬けもの、蕗味噌。
ひさしぶりに逢う彼女と、気の置けぬおしゃべりを楽しんでいる最中に揺れが起こりました。
****************************************************************
次々に明らかになる事実に、心は騒ぎ、気は沈みながらもその夜。
b0141230_0232595.jpg
b0141230_0222391.jpg
b0141230_022403.jpg
b0141230_023229.jpgb0141230_0233646.jpg
小松菜、挽肉、にんじん、きくらげ、春雨の炒めもの。あっさりと塩味です。
あとは作りおきのたたきごぼう、日中のスライドもの、さつま芋・えのき・きゃべつのお味噌汁でした。
[PR]
by toaruhi | 2011-03-21 09:00 | おもてなし | Comments(5)

昼スペ

あれ、こないだの、また? いえいえ~
b0141230_13211455.jpg
ふわ~っと・しゅわ~っと・しっとり・・・
b0141230_13212694.jpg
きめ細かい、なめらかな断面
b0141230_13213991.jpg
もはや老舗?『りくろーおじさんのチーズケーキ』
コドモ心に、’行列ができるスウィーツ’という認識の最初のものかもしれません。
*************************************************************
オットが知人に大量にいただいてきた、中華生めん。
今日は息子が午前保育、おひるに使おうか~と話してたら「俺焼きそばでも作るわ!」ということに。
あらめずらしい~ てゆうか初めて? ではでは~と、いっさいがっさいおまかせすることに^^
お迎え時のいつもの息子の第一声「きょー、オヒルゴハン なに???」オットが作る旨伝えたら
鼻息ふんがふんがいわせながら「スペっしゃるキカクやな!おとーさんがしェフになるンヤな!」
先生をはじめ、周りのおともだちやおかあさん、誰彼構わず言いまくっていた(恥)

b0141230_16364895.jpgb0141230_16365913.jpg
ほしい野菜と使う道具を聞いて、用意するのみであとは丸投げしてみました^^
具と麺の量バランスのかねあいとか、どうとらえているのかな?楽しみです。
へー、と思ったのは、麺をお水にくぐらせて、蒸し焼きにしていたこと。あれ、具は?

b0141230_16373498.jpgb0141230_16375275.jpg
別立てで中華鍋にて炒めておりました。ふーん。
味つけもどうするかな?きっと、相当入れたつもりでも案外のらないことに驚くと予想される。
(お菓子を手作りしたりすると、市販のものの砂糖の量って…とガクゼンとするよね~的な)

b0141230_16381179.jpgb0141230_16382387.jpg
チャッチャッチャ・・・ おお、構え、決まっているではないか(パジャマのズボンやけど 笑)
オット、やはり「めっちゃソース入れたつもりやのに、案外味うっすいな!」驚いていた。

b0141230_16384028.jpgb0141230_16385343.jpg
お店の麺の太さも相まって(食べたことないけど)横手とか富士宮とかのB級グルメ焼きそばのような☆
うんうん、美味しい美味しい♪
ふと「ケンタロウおるやん?焼きそばには生卵つけはるねんで、すき焼きみたいに。
カツ代さんがそないしはるから、大阪ってみんなそうなんやと思って育ったらしい・・・」
言ったその次の瞬間には卵を取りに冷蔵庫に向かうオット、その俊敏さ?オット母そっくり^^
なんか、食品サンプルみたいな焼きあがりのめだま焼きにしてはったが。
b0141230_16391872.jpg
ところで、昨日の日中オットが在宅していたので、おひるごはんは焼きそば!
まさか今日こんな焼きそばを食べることになるとは夢にも思わず~。
ソース味でなくてせめても。お醤油ベースで、大人仕様の辛~~~いの。にら・葱・豚ばらを入れました。
添えたお豆腐のスープを、わたしにしてはかなり濃いめにして、豆板醤の辛みのみをひきたたせ
焼きそばの味つけは淡めにしたつもり。一緒に食べてちょうどよくなるようにね。
     *   *   *   *   *
さて昼食後、オットと息子は釣り堀へ。
わたしも娘も行きたかったが、ぴゅーぴゅーうなる風の音に恐れをなしてしまい、おるすばん。
おひるがスペシャル企画だったので、夕食はあるもの作製・・・したら、朝ごはんのような内容に。

b0141230_22563082.jpgb0141230_22565245.jpg
b0141230_22574362.jpgb0141230_22575636.jpg
卵焼き器でなく、フライパンでサッと巻いただし巻、ちりめんじゃこ散らして、ソーセージを炒めたの。
てきとうな生野菜。昨晩の豆腐サラダにハマりまくった息子、めっちゃ食べてました。
オット母の、割干し大根の煮いたん。えりんぎやお芋、さつま揚げ入り、その発想の自由さに感心。
ビミョーに一尾ずつあった魚を焼いて、焼き魚アソート(笑)鯖みりん、鯵ひらき、鯖塩焼き。
むっちり肉厚お揚げも焼いて、おろし生姜に刻み葱。お漬けものに、えのきと玉ねぎのお味噌汁でした。
[PR]
by toaruhi | 2011-03-09 19:20 | ひる・よる | Comments(6)

とーじしゃらはおーまじ

b0141230_22502119.jpg
b0141230_2250342.jpgb0141230_22544148.jpg
息子とのおひるに、市販のトマトソース利用のパスタ。
朝ごはんのピッツァも、グラタンソース味なる市販のもの。

b0141230_22531137.jpgb0141230_22524585.jpg
左は先週の、右が今週のおべんとう。
まるで間違い探しのように似た内容に見えますが、実は作ってる気持ちが違うのでした。
上記のパスタも朝ごはんも、実は心の底に黒い感情がひとすじ混ざっている。
    *     *     *
ご存じ、よく食べる息子。加えて同世代としては、おそらく好き嫌いも言わないほうだと思います。
ところがこのところ、ソーセージやたまご焼きなどの食べやすいようなものや
わかりやすい市販のものは美味しいとパクパク。
それ以外の、例えば野菜の煮ものなどを、なんのかのと言っては避けることが続き。
以前、おやつの食べ過ぎが夕食に響き・・・といったことがありましたが、成長と共に
びっくりするくらいおやつを食べても夕食は別バラ!となったので、今回はそれではない。
(食べる前に)「オカワリしたいくらい~」「わーこれダイスキ~、おいしソ~」
などと言った上で、残すのでした。
以上の言葉、内心ちょっと臆してる気持ちを盛り上げようとしての自己暗示だとしても
何よりそのおもねるような物言いが嫌で嫌で。
基本、わりと素直な性格で、かつ男児にありがちなお母さん命☆なので、わたしの顔色を見て
無理してちょっと口に入れて、すぐにお茶をがぶ飲みし、流しこむようしたあげくにむせたりも。
どうしても嫌なら無理強いはしないし、第一、そこまでして食べてほしくない。
そこで5歳にも理解できるような言い方で何度か話し、数日様子を見たが依然変わらず。
それどころか、とりあえず白ごはんさえ食べれば究極には怒られないだろう(うがって見過ぎ?)
といった感じで「晩ごハンは、おにぎりしてください!他は何もイリマセン!」ときた。
それならそれで、よっしゃわかった、いっちょとことんそれでいけ!とばかり
息子のパスタは市販のソースのみ(ほろ苦菜ばなは、最初からわたしだけのつもりだったけど)
わたしは湯むきトマトやらたまねぎ、きのこ類を。
一瞬「あ・・・」という顔で見比べていたが、「おいしー!パスタさいこう!」とおかわりしてた。
朝ごはん、本来好きなはずのブロッコリを「ダイスキ、食べるー」言った直後に
「やっぱりいらん」というのでピッツァのみ。野菜スープはわたしとオットが。
じろじろ見ていたが、結局は何も言わず。
「しゃけをな、焼いテ、ホグシテ、ごはんに混ぜテ、おにぎりにして!」その通りにしたおべんとう。
翌週は瓶詰の鮭(それもじゅうぶん美味しいのだけど!)利用。
先日のマックも、これならまだしも、とのカレーライスも、みんなみんなそうゆう訳。
    *     *     *
そんなこんなが数食続き、しだいに息子しみじみ「オヤサイ、食べたナッテきた・・・」
「おかーさんのオカズは、◎◎くんがせいちょーしてほしいキモチで作ってルのがワカッタ・・・」
―かくして、一件落着、もとの通り、一緒のごはん。
挑戦の気持ちは持った方がいいけど、無理に食べても栄養にはならないよ。
ごはんは楽しいことやから、にっこりのお顔で食べようね、となりました。
嗚呼、実に・実に、くだらないですね・・・ 
こちらが大人で、作る人なぶん、意地をはりたおしたわたしがアホやな(沈)
**************************************************************
おりしも今日はオット夕食不要、息子とふたりでした。
b0141230_1263147.jpg
息子は大根の煮いたのが大好き。先日の鯛かぶらの美味しい煮汁で、がんもと合わせて煮きました。

b0141230_1414478.jpgb0141230_1415665.jpg
ほうれん草のおひたし、豆腐サラダ、鯖の塩焼き。
うどはさすがにわたしだけにしましたが、わかめのお味噌汁も、ごはんもおかわり。
「オヤサイはあじもショッカンも、おかーさん ゆうよーにイロイロあっておいしいワ!」
どうやら、おもねりではなく、心からの言葉。・・・いちばんほっとしたのは、きっとわたし(笑)
[PR]
by toaruhi | 2011-03-08 19:02 | いちにち | Comments(5)

半熟とろとろ

あまくて・こうばしい・たまごとお粉・・・
b0141230_2344524.jpg
ぱふっ ・・・と、うっぷしたい感じ(謎)
b0141230_2344158.jpg
ふわ・ふわ・とろ・とろ~~り
b0141230_23443243.jpg
これぞ、ちらり小耳にははさんでいた『半熟かすていら』なるもの。

b0141230_2345329.jpg



ふたりの息子を連れ
仲良しT子さんがご来訪
楽しい日曜日になりました

とろとろチョコの
フォンデュも美味しかったね
*************************************************b0141230_23454732.jpgb0141230_23455835.jpg
めだま焼きも半熟が好きー。
同じフライパンでおじゃことかぶの葉炒め、ソーセージを焼いて、ザ・主婦のひとりランチ(笑)
先日、友人たちとのファミレスモーニングにて、『めだま焼きには何をかける?』談義。
お醤油だ、塩胡椒だ、いやお醤油にマヨも・・・etc 意見様々。案外ソースはいなかった。
**********************************************************
さて今夜は。
b0141230_23571719.jpg
うど、やっぱり天ぷらで食べたくて、先日使った残りを揚げました。抹茶塩をふりかけて。
さつま芋の天ぷら、再三書いてますように、わたしはこうしてサイコロ切り+紅生姜みじんとかき揚げ。
b0141230_23572998.jpg
大阪特有?しろ菜とお揚げの煮びたし。
お味つけは、小松菜なんかと同じ、おだし・お酒・淡口醤油です。しろ菜のときは鷹の爪は入れません。

b0141230_0104695.jpgb0141230_23581120.jpg
お気に入りのぶつ切り大根漬、コープでもシーズン最終とのこと。また来冬だね。
お味噌汁はえのきとにらでした。

b0141230_23582999.jpg
『半熟』というと美味しそうなのに
『生煮え』『生焼け』というと
とたんにオモムキが一変

でもフルーツなんかだと
やっぱ『完熟』じゃなきゃね
半熟=やわらかいというイメージですが
(そんな言い方しないけど)半熟のフルーツだと
青くて固い、ってことになるよね
言葉っておもしろい

[PR]
by toaruhi | 2011-03-07 22:00 | ひる・よる | Comments(0)