タグ:味ごはん ( 287 ) タグの人気記事

板井典夫

栗の季節ですねえ
b0141230_2322401.jpg
何はなくとも やはり これでございますわ・・・

b0141230_2324426.jpg
毎年この時季 オットが常日頃
とてもお世話になっている方が
ご実家に成るという 栗の実をたくさんくださる
わたしと同年配のその方のお子さんたちは 
ちっとも喜ばないそうで
「んもー、だからMさんみんなもらって!」と
ご享受に与るという・・・

今年はまたそーれはそれは
立派な大粒のもので
嬉し涙のかたちが 栗の形状に
なるかというほどの(何やそれ)
b0141230_23241830.jpgb0141230_23243879.jpg
ほうぼうにおすそわけしても まだたーっぷり!
蒸籠で蒸しておやつに食べて おあとは熱湯にひたし 気力をためてから(笑)いざ、栗ごはんに!と
意を決して剥きはじめました^^ キングオブコント2016のオープニングから決勝ファーストステージ終わるまでかかった

b0141230_23354462.jpg
手を攣りそうになりながら
必死で剥きました~

このために きらしてた
もち米と黒胡麻も忘れず用意して

こうして炊きあがると 
報われた思いでいっぱいの
素晴らしい栗ごはんに~~~♪
お相手のメインおかずは これ!と決めていました
b0141230_233852.jpg
蓮根のはさみ揚げ~~~ 詰めた肉だねのお味のあんばいもなかなかうまくできました◎
この蓮根 息子と雨やどりに入った阿倍野近鉄百貨店にて あーでもないこーでもないと選んだもの

b0141230_23411936.jpg


しかし この日は
またまた まだまだ 暑くって~
おあとは 冷やっこですよ

茗荷はもう 巻きのかたい
辛みもじゅうぶんな
秋口の 茗荷なんですがねえ・・・
******************************************************************************************
同じ栗でも オット母の手によると 素晴らしい渋皮の甘露煮になるのですよ!
b0141230_23441652.jpg
足元にもおよばない どころか 足元にはひれふす思いしかない~ 母(ハハ)~ッ!(掌&額は地面)

b0141230_23471186.jpg
同じ名前の これとは似て非なる
(もちろんこれも最高ですけど!)

お手間のかかった
優しい優しい 美味しさ
おかげで毎年 『秋の日曜日の朝ごはんの幸せ』 の1ページはこれです・・・♪ 
b0141230_2346885.jpg

[PR]
by toaruhi | 2016-10-03 20:06 | いちにち | Comments(6)

⇔ 苛つく夏、切なく辛い ⇔

暑さも辛いけど 夏バテのほうがもっと辛いはず
b0141230_20213055.jpg
しっかり食べて しっかり寝るべし

b0141230_20232060.jpgb0141230_20233768.jpg
買物も出たくない・・・ 食品棚に たしか春雨が~ 冷凍庫にも豚こまがひとつ 
ありあわせ野菜をじゃかじゃか刻み 春巻の具を作っているうちに 気温同様気持ちもすこ~し上向きに^^
************************************************************************************
同じくありあわせのもの 何でも入れて どーにかなる豚汁
b0141230_2037582.jpg
この暑さゆえ いつもは入れる南瓜やお芋系は重たく感じて入れませんでした お味噌もごくあっさりと
********************************************************************************
まだまだ 絶賛おなすフェス
b0141230_20513525.jpg
おなすを油でジャーっと炒めてから 牛肉と煮きました こちらはあえて濃いめの味つけで
b0141230_2055522.jpg
にら パワーが出る気がします
*************************************************************************************
おおもの野菜の中では 実は白菜がちと使いあぐねる感があり 1/4カットやせいぜい半割を買う
b0141230_21133930.jpg
しろ菜や小松菜なんかはよく こうしてお揚げと煮くよねえ~
白菜でやってもええんやん!と浮かび そのおつゆたっぷりな感じがいかにも美味しそうに思え
だけど恐る恐るで1/4カットのを買い 全部使って作ってみた するとたいへん子らにウケたので
b0141230_2215042.jpg
数日後 まるまるひと玉買ってみた(単純)
今度は半分近くも使って ベーコンとの重ね蒸し煮に~
加工肉NGのオットがいるので ベーコンはかるく両面焼いて ついでにガーリックチップスも作り
段々がさねにして やっとこふたが閉められるほどまで ぎゅう詰めにして加熱
b0141230_22174850.jpg
塩とコンソメすこしと お酒をひと回しほどで火にかけ ワ~ッとわいたら火を止め 後はほっぽいといただけ
食べるときに 胡椒を挽いて・・・ うーんこれは気にいったわ~ もう白菜怖くないわ!
つきについて見とかなくてもいいし 加熱時間の短さからも 夏場にも◎
*******************************************************************************************
b0141230_22523425.jpg
炊きこみごはんや  これは見てのとおりの蛸めし 生姜たっぷり入ってます
b0141230_2254640.jpg
カレーライスなど ヒトサラDE完結ふうなものを多用し 暑さを乗りきってます~
味ごはんは うっかりするといたむのがコワイので 食後の対処や保存に気を遣うんだけれどもね
b0141230_22552289.jpg
この暑さが辛いのは 気温もさることながら 何しろこの蒸し暑さが辛い・・・
なんか 常に髪の地肌がしっとりしている気がする~ 涙
これほどまでのジメジメ湿気には 勝てる気がしない そして巻ける気もしない(カーラー)
ゆえに毎日 きゅーっと髪ひっつめつつ ごはん作って食べて・・・たらやっぱ 負ける気がしない!夏~ 
[PR]
by toaruhi | 2016-07-13 21:44 | 晩ごはん | Comments(8)

⇔ 足すパスタ 串カツ懐かしく カツオくん、どっかでカツ丼食おっか? ⇔

『ぼくの誕生日 ミートソースのパスタにしてな!』 前々から申し渡されておりました
b0141230_20435533.jpg
パスタにはバゲット、というのも いつの頃からかのうちでのお約束  子らは長じてもそうゆうものとしていくんだろうなあ
息子にオットは これほどの大盛りにしても 替え玉(パスタには言わんか)するんですよ・・・

b0141230_20482817.jpgb0141230_20483953.jpg
その前夜はとんかつ これまたこのところとんかつが食べたい~と言っていた息子の意見採用^^
大喜びでバクバク食べて『おかあさん、明日ミートソースやろ?来年の誕生日はとんかつで!』 気ィ早いわ!
今回 手で刻むのがどうにもたいぎに感じ バーミックスで瞬速カット ラクやった~◎ 
どうしても 水気は多めになるので 煮詰める時間がいつもよりかかるけどもね
**********************************************************************************
翌日は オットおやすみデーでしたので 一堂そろってお祝いしようと

b0141230_2315059.jpgb0141230_232260.jpg
b0141230_2321660.jpg
串カツ@道頓堀 ・・・って修学旅行生か!

前にも一度 行ったことあるんですが^^

しゅうしゅう音するような 揚げたて~

もちろん 美味しいに決まってますわ!

お店で直接待合わせ~ オットと子らは釣り堀

わたしは祖母のお見舞行ってました
b0141230_2325877.jpg
串カツ屋さんに どて焼きがあるのは 決まりもん?

すくなくとも わたしには絶対

お見舞に行った祖母宅のそばに その昔あった串カツ屋さん

そこのどて焼きが 子ども心にも ものすごく美味しくて

厨房の隅の大きなお鍋でぐつぐつ煮こまれてる様子も覚えてる

自分で どて焼きのまねごと作るたびに思い出す

更に そのあと これですよ~ はい チャレンジ・ザ・トリプル 狙いです^^
b0141230_231697.jpg
あー美味しかったなあー そやけどとんかつにミートソース そんで串カツやで 
明日は野菜てんこもりでいっとかなあかんな! 一堂異口同音に言ったのに
b0141230_18123486.jpg
なんと翌晩は まさかのカツ丼なんですの!
そんなことは知らず(そりゃそうや) オット母が揚げたてのとんかつを持ってきてくれたのです~

b0141230_18144247.jpgb0141230_18125732.jpg
お野菜たっぷり入れたお味噌汁とかさ 他で調整すれば いいじゃない^^ 
何より 揚げたてのカツで仕立てた カツ丼の美味しいことったら♪
b0141230_181592.jpg
この日のぬか漬 いつもならばもうちょい漬けておくところを 浅漬けサラダ感覚でもう出してたっぷりと^^
イタリアンカラーが素敵でしょう~ 赤ぴーまん、アリでした◎
*****************************************************************************************
満を持して・・・ の もりもり野菜
b0141230_1830246.jpg
熱々のベーコンと舞茸をのっけたので 難なくペロリですが 下に敷いた紅水菜はひと束ぶんです
b0141230_18302346.jpg
なんてことない おじゃがの煮っころがし 美味しくできました

b0141230_18303419.jpgb0141230_18304553.jpg
全然時季ちゃいますけど 秋刀魚のひらき でも美味しかった~
わたしのぶんの秋刀魚 ものすごい上体そらしじゃないですか? 『スポーツテスト』思い出しました

『コツコツノート』なる 自主学習帳がありまして・・・
[PR]
by toaruhi | 2016-06-17 22:54 | 晩ごはん | Comments(4)

⇔ 梅雨時季の記述 ⇔

蒸し暑くてかなわんよ
b0141230_21285970.jpg
涼味を求めて 豆腐さらだ
b0141230_2129999.jpg
今頃はまだ 身体が暑さに順応しきれてないから 真夏よりタチわるい・・・
こうしたひと皿完結系ばかりが浮かんでしまう たまごのお帽子ごはんにハッシュドビーフ 
b0141230_21295893.jpg
はたまた feat.麺のひと皿系 カリッと焼きつけた中華めんに小松菜と豚の炒めあんかけ お酢かけて
b0141230_21292095.jpg
やけにソース味のものが浮かんでしまうのも 蒸し暑さが理由(わたし内)
粉チーズをころもに混ぜた鶏ささみのフライ マスタードや蜂蜜など適宜いろいろをMIXさせたソースをたらり
b0141230_16554581.jpg
とまと 胡瓜 八百屋さんで常に買ってる気がします
b0141230_16563025.jpg
いくら得意でも 炒めてばっかりでもナニやなあ・・・ と
b0141230_1657770.jpg
じっくり煮ものも・・・と 意を決して(おーげさ)煮いてみたり
b0141230_233211.jpg
オーブン使って かるく後悔したり 美味しかったんやけどね・・・
b0141230_235097.jpg
あかん やっぱりソース味ばっかり浮かぶ~^^ 揚げ調理は不思議と気合でOK
b0141230_23122155.jpg
もちろん もうはじまってます
*************************************************
毎朝 ワンカール程度ほど 髪を巻いているのですが 暑い・・・ じっとり・・・ うんざり・・・
ギリギリ結べる長さはあるので ここ最近は「ええいまとめてしまえ」と 結んでばかり
先日 ぱつんぱつんに短くカットした娘(えのき茸みたいで可愛い)を見ては 
「わたしもこないしよかしらん・・・いやしかし・・・」 逡巡しております~ 
[PR]
by toaruhi | 2016-06-10 21:30 | 晩ごはん | Comments(4)

豆知識

春の食材ぞんぶんに味わってます
b0141230_17164491.jpg
その雄ともいうべき?たけのこと 牛肉とお豆を しんみりめのお味つけで・・・
春食材の中 わたしが最も好きなのは お豆さん♪ 色美しく 青い味も香りも大好き
b0141230_17183629.jpg
これも たけのこ×お豆のコラボを たまごとじ
「えんどう豆ってったら たまごとじやろ!」 息子断定によるもの まあわたしとて異論はない
b0141230_17201730.jpg
お豆の緑と たまごの黄色って 春を思わせる彩りに思います 
スナップえんどう スナップ?スナック? 古い料理本なんかだと『砂糖さや』なんて書いてあったり
b0141230_1723367.jpg
春きゃべつ DE 回鍋肉~ 春限定 仕上げにたっぷりの絹さやを組ませます

b0141230_18342661.jpg

どでーん と 大きくてぶこつな がんもにも
こうして 冴え冴えした緑を散らすと
かえって そのジミ色が 奏功
b0141230_18581226.jpg
ひょうきんな雰囲気(わたし内)の そらまめ
お酒とお塩で 茹でてます

わたしいつも 皮つきのまんま^^
えぐくなければ もろとも食べてしまいます(笑)
豆ごはんも 春に一度は 食べたい いや何度でもいい
b0141230_18364241.jpg
お豆は 最初から炊きこむ派です
b0141230_18394561.jpg
そして 豆ごはんには 生姜焼と マヨ味の副菜を揃えなければならない心持ちになるのです
生姜焼にも この時季は たーっぷりの新たまねぎを・・・
b0141230_1840576.jpg
新たまねぎで 最も好きな一品は これこれこれ
両面じっくり 鋳鉄のフライパンで焼いて お塩とビネガー 胡椒をパッパッ

b0141230_20472033.jpg
これは わたしの定番
胡瓜と生姜の春巻に並んで
とても婦女子ウケするものの ひとつ

こないだ いつものご近所会にも出して 
ヤンヤの喝采を(嬉)
そう そのときも 春だから~♪ と 筍ごはんと 三つ葉を散らしたかきたま汁
b0141230_18463672.jpg
「仕事より帰宅した也!いつでもどうぞ~」のお知らせと同時に炊飯器ON(ガス炊きなんで勝負早し)
おだしを温めはじめて調味 おあと お顔を見たら たまごを流しますよ~

b0141230_1848947.jpgb0141230_18482194.jpg
そして揚げだし豆腐を揚げはじめたところに ご近所友がやってくるダンドリであります◎
友からのお持ちよりの 美味しい納豆のてんぷら! はからずも イソフラボ~ンなラインナップ^^

キックベースの発祥地は 千葉県市川市
[PR]
by toaruhi | 2016-05-16 19:13 | 晩ごはん | Comments(6)

たけのこ ぐん

たけかんむりに『旬』 とは よく言ったものだなあ
b0141230_1874340.jpg
八百屋さんでも うーん どれがいいかな~ なんて思案して 結局やめたところに(笑) 
ふと筍を頂戴する機会に恵まれ わー♪ それが口あけのごとく ほうぼうから(嬉嬉嬉)
b0141230_1875660.jpg
今日も帰宅したら若竹煮だ~と 内心息まいてたところに 雇用主の奥様からも 掘りたてのを頂いた♪ 

b0141230_1881812.jpgb0141230_188316.jpgb0141230_1884430.jpg
とにもかくにも急いで茹でなきゃ~ と レンジの上は 筍ビフォーアフター^^
その昔 銀行時代にとても可愛がってくださったお客様夫妻から頂いたお料理の本
めったと分量なぞ見ないわたしですが 若竹煮や筑前煮のときには 必ずこの本をひらきます
b0141230_0223731.jpg
そうして完成 若竹煮~ 新わかめの冴えた緑と歯ごたえが最高!
b0141230_15285486.jpg
炊いても煮いてもイケルたけのこ 炒めるのもアリですよね!
同じく歯ごたえコンビ?にんにくの芽と 豚ばらもあわせて 塩胡椒で

b0141230_1531496.jpgb0141230_15311998.jpg
こんがり焼いた厚揚げの 最強コンビのすり生姜さん
春は ここぞとばかりに このたけのこのお手塩に(実際におろせるつぶつぶが付いてます)
見てるだけでもわくわくするデパ地下も 季節の素材・旬の素材をこれでもかとプッシュ!
ローストビーフに筍にセミドライトマトをあわせるなんて これぞデリの成せる味♪
b0141230_15463750.jpg
大好き 木の芽和え~ これはオット母の成せる味~~~
冒頭の筍ごはんも 実はオット母の成せる味でして(笑)
******************************************************************************
われもせむとす 筍ごはん♪ 大好きT子さんとブラザーズがお越しでハリキリました!
b0141230_15485195.jpg
食感はまったく違いますが パッと見の色は筍と変わらない? 冷たぁーくしていただきます
b0141230_1651069.jpg
あっという間というのを はるかに超える速さで消滅した 鶏天(がメインのつもり 笑)
b0141230_1631178.jpg
揚げたてアツアツには ひんやり生野菜も かかせませんね
b0141230_1684219.jpg
b0141230_1693175.jpgb0141230_169444.jpg

***************************************************************************
筍のように すくすく成長中! わがやの可愛い寅年ちゃん 6歳のお誕生日を迎えました
b0141230_1833061.jpg
高すぎて先がしなって見えるほどの竹登りに 今まいにち一生懸命取り組んでます!


       

ぶしか えつこ
[PR]
by toaruhi | 2016-04-24 12:37 | 晩ごはん | Comments(0)

素敵な匂いの世界

それにしても、今回の長引き過ぎた風邪には心底・・・参りました~
b0141230_0322862.jpg
かなり回復してきた頃の オットおやすみデー。
「栄養つけなあかんで!」と、黒門市場で素晴らしい鰻を見つくろってきてくれました。
むろん、ごはんとごはんの間にも鰻~の、いわゆる『間蒸し(まむし)』方式+爽やかな薬味のっけで。

b0141230_0354014.jpg
さすが親子 発想は同じ?
ダウンして寝こんでるわたしに
「おなかとかどうもないんやろ?栄養つけなさいよ~」
近所の百貨店の 鰻専門店のものを
差入れしてくれたオット母
「私もお父さんのぶんと買ってきてん
しっかり食べて うつらんようにするわ!頑張らな!」
と言っていたオット母さえも 数日後ダウン・・・(号泣)
いずれも美味しく、有難~く噛みしめていただいたのでしたが なんと!
こじらせきった症状として嗅覚が無い・・・ 
お味って、鼻から感じる薫りとともに舌で味わうものなんだ!ということが、よくよくよくよくわかりました~
薫りがなければ、半減以下(涙) 料理じゃないけど、歯みがき粉なんて変な苦い化学物質?!にすら感じた
************************************************************************************
わたし、ふだんからあんまり味見ってしないんですが
b0141230_20524819.jpg
それは嗅覚あってこそ、勘も働くからなんだ!とも思い知りました。
嗅覚ゼロで、味見しても本来の味がわからぬ中で料理すると、手慣れに手慣れたものでも
ロシアンルーレット用の料理(何)を作っている気分・・・

b0141230_20555142.jpg


何しろ カレーでさえ

あの薫りが!

わからなかったのです
そもそも大好きなごぼう
b0141230_2058094.jpg
その魅力のひとつは、あの慕わしい土の薫りではないかと思うのですが
洗っててもささがいてても煮いてても・・・土、どこ?コンクリートジャングル?(違)まったくしない・・・
b0141230_20572467.jpg
最近、かなり手の内に入ったと思っている炊きこみごはん。
かつて苦手意識あった時は、ぴしっと味が決まらないというか
どこかぼやけた味に仕上がるのが不満だったんです。 
と言いつつ、あっさり淡味も、おかずとの組合せにより、それもヨシ~と思ってはいたのですが^^
ともあれ最近は、背骨があるというか、ぱしっとハマったお味つけ感がわかった気がしていたのですが
何しろ嗅覚と舌に自信を失うと、水くさいよりマシ?と疑心暗鬼になり
どんどん調味してしまい、少々濃いめになったみたい^^ これはこれでいい、とは皆言ってくれたけど(沈)
白和えのために煮いた干し椎茸やこんにゃくとにんじんのおあまりをスライドさせたのも一因かなあ

b0141230_21234268.jpg
病んでるあいだ このわたしが 食欲も失い 

食べたいものなんてあらへん・・・状態

おうどんだけは 唯一まだしも

美味しく食べられたので

おうどんで生きてました(オーゲサ)
なんでそう浮かんだのかまったく不明なんですが
b0141230_1623396.jpg
半分くらい嗅覚が戻ってきたとき、こうゆうのが食べたい・・・って唐突に思ったんですよ。
ちくわをマヨネーズとすり胡麻で和えて、ざくざく刻んだ貝割れと合わせただけのもの。
ちくわは息子がNGの唯一の食材なので、常備してはおらず、わざわざ買いに行ってまで・・・ 
あの衝動、何だったのかしら???
b0141230_1694972.jpg
そんな折の週末、息子おべんとう持ちで、終日大会へ。
毎度変わり映えなくてすまんが、めちゃくちゃ美味しかったらしい。
とにもかくにものだし巻き、↑ の牛ごぼう、スキマに適宜マカロニやミドリを挟みこみ
ハンバーグは何を思ったか殊勝にも、このサイズで焼いた状態で冷凍してあったものを利用。
苦手だ嫌いだときめかない・・・とずっと思ってきたおべんとうだけど、だいぶ気が楽になってきている。
b0141230_16162576.jpg
あわや延期か・・・とまで思ったが、前々から約束していた友人おやこ2組来訪~
オットと共通の友人なので、オットおやすみデーに。
あれこれはりきって作りたい気はあるが、病み上がりとて食材も乏しく、身体もついていかず^^ 
これならオットに調理参画してもらえる上に、わいわいおしゃべりも出来るかと、お好み焼き大会^^
b0141230_16191116.jpg
唐突に、山のような厚揚げの煮いたん・・・(笑)
臥す前、たくさん買ってしまった厚揚げ。どうにも辛くて調理が出来ず・・・
雑誌やなんかで、食感が変わるとあり、不安ではあったが捨てるよりいいか~ええいままよと
冷凍してみたものをたっぷりのおだしで、お味しんみりめに煮こんでみたが、存外アリです!

b0141230_16232235.jpg
息子10歳 娘5歳

彼女たちのお子 4歳男児に2歳女児に3歳女児

子ら熱狂のトッピングピッツァ大会も併催

これまたおなじみ コーンスープも添えてね
b0141230_16254271.jpg
たーくさんのいちご、身体の隅々に行きわたるように感じるほどの可愛いあまい薫り~~~!
それを、大好きなお友だちとの楽しい雰囲気の中で実感でき、嗚呼素晴らしきこの世界♪

君の顔が好きだ
[PR]
by toaruhi | 2016-03-24 21:53 | 晩ごはん | Comments(6)

忍者が!

♪ イッポンでも にんじん~ de 炊きこみごはん
b0141230_17465377.jpg
他の具材は 刻み昆布となめ茸~ まるきり精進ごはん
b0141230_1747784.jpg
きんぴらごぼうや 蓮根ひじきにも

b0141230_17472156.jpgb0141230_174884.jpg
b0141230_17482168.jpg
最近 やけに炊きこみづいてるでしょ^^
子らが大好きで ススム(これ以上必要?)のと
オット父がとてもほめてくれるので 嬉しいのとで舞い上がってます
以前は炊きこみごはんに苦手意識あったもので・・・

さて にんじん 
よくある西洋にんじんも 金時さんもどちらも好き
ちなみにごはんと蓮根のは金時さん

先日オット母が 何かで見て作ってみたという
どこぞやの郷土料理『いかにんじん』美味しかったなあ~
その地で馴染みのない者にとっては 思いつかぬ組合せだ~
加熱するにも及ばず ただただ切っただけ
b0141230_1634492.jpg
ポーリポーリ シャーリシャーリ 争奪戦
b0141230_16115992.jpg
にんじん3本 たまねぎ3個 底には牛挽肉500グラムが隠れています
b0141230_16192543.jpg
そこにトマト缶が2缶で ミートソースへと変身
b0141230_1556421.jpg
にんじんと トマトと すこしの冷やごはんでポタージュにも
******************************************************************************************
時々行く八百屋さん いつもは年配のおじさんしかいないのだが(3人いてそのどなたか)
あら おばさんがいる・・・ 珍しいなあ~と自転車を停めたとたんに 非常に積極的にじゃが芋をすすめてきた
家にすこしあるし特に要らん~と思いつつも(このお店は何でも結構な量なので) 押し切られてしまった
b0141230_16391863.jpg
でも ノッて良かった!とても美味しいお芋でした◎ 蒸して→揚げ焼き→そぼろ煮に~

b0141230_16492145.jpg

お芋たっぷりあったおかげで

数日後の息子の大会べんとうにも回せて

たいへん 楽でした
お芋類 サッと蒸してストックしておくと便利という ウー・ウェン女史の提唱を 雑誌で見たので 
b0141230_16512314.jpg
同じく合間を見て作ってストックしておいたホワイトソースに チーズをかけてオーブン で一品上がり 
[PR]
by toaruhi | 2016-02-25 21:55 | 晩ごはん | Comments(2)

誰が決めたか 知らんけど

魚介のフライものには タルタル   これは頭と尾っぽが除かれた海老です
b0141230_1711962.jpg
*******************************************************************************************
カレーには らっきょう
b0141230_2383661.jpg
********************************************************************************************
サンドウィッチは 三角
b0141230_15291967.jpg
*******************************************************************************************
餃子は 半月に折り ふちにひだを寄せる
b0141230_1732288.jpg
*******************************************************************************************
ポテトサラダに
b0141230_17431668.jpg
マカロニサラダ  胡瓜がないとなーんや愛想ない
b0141230_23232465.jpg
*******************************************************************************************
うずらちゃんないと なんやシマらないのは 八宝菜
b0141230_21235880.jpg
牛丼には 半熟たまご のっけなきゃ
b0141230_211018100.jpg
ニッポンの大発明 ロングセラーのこれとて
b0141230_21174735.jpg
最初からポケットあるくらいやもんねえ  たまごマストと言わんばかり
*************************************************************************************
たまご3連発に続きましては およそたまご大の ころっけ
b0141230_15285363.jpg
売ってるのはたいてい ひらべったい小判型なのに 自家製だと なぜか俵型
b0141230_1529674.jpg
無意識に 『これってそうやんな』的な 形式に従って 日々ごはんを作ってますが
一般的なことなのか 自分ちだけの流儀なのか  ・・・知らんけど。 

語尾につけます
[PR]
by toaruhi | 2016-02-12 18:29 | 晩ごはん | Comments(2)

春がきたんだ

なんや!まだ 牡蠣ごは・・・  んじゃないんですよ~
b0141230_14422927.jpg
炊きこみごはんですよ ごく普通~の^^
b0141230_1451173.jpg
むかーし ひとり暮ししてた頃によく作ってた 大根と鶏つくねの煮もの

b0141230_14545128.jpgb0141230_1455224.jpgb0141230_14551386.jpg
当時も こんなふうに作ってたのかも覚えていないが(それほど昔)
①七分どおり下ゆでした乱切り大根を 今度はおだしで完全にやわらかくなるまで
②やわらかくなったら みりんとお醤油お砂糖で やや濃いかな?くらいに調味して
③食べる際 大根をいったん別にあけて たまごを入れてよく練った鶏挽肉(刻み生姜入り)を
 ぽとりぽとりとまるめて落とし 火を通したら 併せて盛って 出来あがり
*********************************************************************************
今週 職場の雇主がご家族もろとも次々と体調を崩し それより以前にナンバーツーにあたる方も
インフルでほぼ休まざるを得ず 更にはわたしと同じ立場の 夜の部の勤務の方までもがダウン・・・
それ相当に風邪ぎみだったわたしがその中ではもっともましだったので 替わって通し勤務の毎日でした
土曜日には 娘の幼稚園の発表会がひかえており 娘の体調管理にもひやひやしていたため
ここまで来て娘に及んだら・・・ わたしまでダウンしたら・・・ と緊迫感いっぱい^^
けれど 日頃からフルタイムの方や 正念場目前の受験生を抱えたご家庭からしたら そんなもん~!
*********************************************************************************
そんなあいだに 結婚14周年
b0141230_17151840.jpg
祝いましてのすき焼き
b0141230_17212610.jpg
この日まではまだ 夜に出ず済んでいたので 今思うと 何かの思し召し?
********************************************
鬼は外~ 福は内~ の節分は

b0141230_17185078.jpgb0141230_1719079.jpg
夜も急きょの出勤となり 豆まきはせず 恵方巻は オット母からで(今年も!)
b0141230_1717142.jpg
・・・あらゆる意味でまかずじまいの節分に(笑)
********************************************
直近のオットおやすみデー 『発表会ガンバレ!会』しようか~ 何がいい?
オットが娘に問うたら 予想通りの『たこやチ~』 
b0141230_17371076.jpg
結果的に わたし不在でもOKメニュウ ある種予定調和なお答えでした
********************************************
・・・ということで 冒頭の炊きこみごはんは あとはスイッチON
煮ものはあたためがてら 食べる分だけつくねを落としてね~ のお献立でしたよ
b0141230_1745366.jpg
添えてもらおうと茹でた菜ばなや いかにもやわらかいほうれん草や ほんのりの紅が可愛い苺大福
b0141230_1748133.jpg
しのびやかにでも 春は近づいてきてますね・・・

ちょっと まって くださいよ! いいもの もって いるんです!
[PR]
by toaruhi | 2016-02-07 19:35 | 晩ごはん | Comments(2)