人気ブログランキング |
<< ⇔ もー、どんな? 何度も! ⇔ う、ふ、ふ、ふ、 >>

⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔

毎年のことだから ええかげん慣れたらええものを
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_22515574.jpg
夏前~今頃まで 書の展覧会がいくつか重なる
家事や仕事の合間に 書いて書いて出品
書いて書いて出品…が続く
実際 四六時中書いているわけではないが
ずっと心の隅にあるのが 気うとく
締切間際になると 焦燥感に変わる
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_23004261.jpg
そうはいっても 書道は自分が好きでやっていること
実際書きはじめると 心は凪ぎ 静かな楽しさがある
中でも最も力の入る展覧会の出品が 11月の半ば
一連の出品は 年度ではそれが最後
先日 それが済み ちょっと一息ついたところ…
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_13050998.jpg
好きな書道でも立てこむと『あああああ』
そこに 小学校のPTAの役員仕事がかぶさる
行事ごとに 事前の打合せや準備が何度もあり
当日の運営 後処理…としているうちに
また次の行事がやってくるといったあんばい
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_13461864.jpg
役を引き受けた以上 やるならやらねば!であるし
ひとつ終わるごとに 充実感・一体感もある
できる限りのことはいたします!の思いもある
じゃあ何が?というと 協調性がないつもりはないが
起きてはいない悪い予想や 失敗してはいない済んだことを
ソメソメと何度も 言ったり反芻したりが出来ない
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_14084854.jpg
好きとはいえ 没頭し続けるわけにはいかない書道も
わたし以外に役を持つ数人が関わっているPTAも
いずれにしろ 自分のペースだけでは
進められないことが しんどいだけなのだった 
つまり わがままやん!と思ったら
その自分勝手さに あほちゃう?と笑けてきたよ
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_15131199.jpg
そういえばかつて 息子がうまれて
ことごとくマイペースが破られることに
キィィィィィと葛藤の嵐だった
特に2歳前後の頃は 我ながら狂っていたと自覚
あれほど望んで 叶えられた奇跡なのに
何たる勝手さ!どないやねん自分?
と呆れかえったものだった
⇔ 否、無期限激務…ナイ ! ⇔_b0141230_14291936.jpg
そんなとあるひ聞いた 4児を持つ友達の言葉
『自分の時間、ねぇ… 秘策は”諦める。”かな♪』
えええええ!そんなあああ!とは思ったが
いまだにその言葉を しみじみとかみしめている
*********************************************
①まだまだラグビーW杯が大盛り上がりの序盤の頃
はたしてどんな雰囲気かいなーと 花園ラグビー場まで
行ってみた 予想をはるかに超えての大にぎわい
まるで日本代表戦があるのか?といった混雑の中
呼び込みの声につられて入ったJA(何故)で買った
うずら豆 ふっくらと美味しく煮けて大満足
本来そう好きでもない娘がもりもり食べるほどに^^
②海老 いや じゃこさえ出してないのに
鯛が豊漁…の気味があるわたし
新鮮でイキイキした間引き菜をいただいた
これで作った 定番菜っぱふりかけの美味さよ!
③THE・肉野菜炒め そして ④回鍋肉
ちょうど最もバタバタ忙しくしていた頃で
あーもう 鮭焼いて 野菜炒めや!とか
具だくさんの中華スープに 回鍋肉ね!とか
きゃべつ三昧デイズでした
気迫が味にのりうつったか?大変好評も博した記憶
⑤⑥有元葉子さん 失礼ながら外見が苦手なのだが
(ほんまに失礼)料理本は好き 面白い
これぐらいはあるでしょ?ーハイ、たしかに~の
長葱とたまごで炒めもの(大好評)
きんぴらは行平鍋で作ると美味しいとの言葉に
(そのココロは何やったっけ? >おい)
ふーん…とやってみた ―ハイ、たしかに~
⓻気持ちが慌ただしいとき かえって作りたくなる
(わたしあるある)豚の角煮
ただ 時間がかかるだけで難しくはないんやけどね

by toaruhi | 2019-11-19 16:03 | 晩ごはん | Comments(2)
Commented by fusk-en25 at 2019-11-22 06:15
高校の同級生とメールのやり取りをしていて。。
この歳になったらみんな愚痴っぽいのに。
あんた全然そう言うとこないね。と言われました。
ええ?みんな愚痴言うの好きなん? かえってびっくりした。
メソメソ、じくじく。。でけへんな。
でもああしましょう。こうしましょうも。言わないと思います。。
ええ加減でええやん。。って感じで。
うふふ。

子供のあるなしは。どうでもいいのですが(ってそれこそええ加減)
ただね。
待つことは覚えましたね。なんぼ頑張っても這うのも歩くのも時期が来ないとやらない。
もう一つは。子供がいると。子供と同じことをしても変に思われない。
公園で大人だけ何人かで滑り台やってたら。。気色悪いけど。
子供が入ったら。。普通になる。
もう一回子供の遊びができて得した気分。
特に私は。。子供のころ。あまり子供っぽい遊びをしなかった。
そのぶん取り返す感じで?孫とで2回やれた(アホちゃうか。私。ですが)
Commented by toaruhi at 2019-11-25 22:56
素晴らしいメンバーなんですけどね^^
真面目なつもりで生きてきたけど
ひょっとしてわたしふまじめなのだろうか?と
不安になってくるくらい。
しっかり準備しても、うまくいっても
延々…と続くLINEにだけはついていけん(汗)
…って、それこそ愚痴ですね~失礼いたしました^^

待つ、というか、どーんと構える、ことは
出来れば出来るほど、良いことだとしみじみ思います。
子どもがいれば、なおのこと。
大人だけで滑り台=気色わるい、に笑いました。
ほんまですね^^
(やりたかったら、もちろんやってもいいとは思うけど)
それで言ったらわたし…思うぞんぶん子どもらしい遊びを
したんでしょうかね?子らがもっとちっちゃいとき
公園遊びとか、自分自身は特に楽しくはなかった(非道)
おむつ替えながら、はよ大きなって
対等に喋ろうや~とばかり楽しみにしてました。
全然こどもに対する態度で来なかったので
特に娘、時としてわたしでさえ唖然とするほど
冷め~た、きっつい意見を言う時があります。
同年代の友達の中で浮いてへんかしら?と思うくらい。
娘に問うと『だいじょーぶだいじょーぶ、学校おるときは
周りに合わしてるから♪』などと言うのです^^
―その回答自体があああ!(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ⇔ もー、どんな? 何度も! ⇔ う、ふ、ふ、ふ、 >>