人気ブログランキング |

カテゴリ:いちにち( 120 )

《K S》

ただでさえ 更新マメでない上に この回は 
いつも以上にジコマン内容なので 無視するか
遠慮なく《既読スルー》してくださいませ

9月の吉例ともいうべき《KOYABUSONIC》 
今年も参戦してきました
記念すべき10回目 何と言ってもわたしは 
ずっと出ている サニーデイ・サービスがおめあて
今年はなぜか 《曽我部恵一》ソロ名義での参加
何かあったのか…?と 心の隅で気をもみましたが
MCで 『来年はまたサニーデイで来ます!』
笑顔で言っていたので ほっとひと安心

さて 今年はTちゃん・HMっちゃんとわたしの
”サニーデイと言えば”の3人に加わり
TちゃんルームメイトのK子嬢もこれるというので 
いっそう楽しみにしていました

3日間あるコヤソニの中日 
自分たちにとっての最大眼目の《曽我部恵一》は
15時過ぎ~予定なのに ほぼオープニングから馳せ参ず
なぜならば…ポセイドン石川が観たかったから(笑)
山下達郎が好き過ぎて すべてを達郎に替えるというネタの彼
すでに会場は信じられないくらいの混雑
(えっなんでみんなそんなにポセイドンを…?)
いえいえ そうではなく 次の日向坂46めあての群衆でした
ポセイドンは 何のこっちゃない 10分足らずでサヨーナラ
まずかましでU.S.A歌って 次で最後の曲です と言うから
またまたァ~ 思ったらほんまに終わった(笑)
なーんや思ってる間もなく 会場のボルテージ 瞬時に
ヒートアップ!したと思ったら 日向坂の登場でした
ふつうなら じかになんてまあ観ることもないし
これも機会かと観覧 ひたすら感心
何かに本気で打ち込んでいる姿 というのは
誰であっても 胸を打ちますが 
それがこれから先も長いであろう若人ならなお
それでもぜーんぜん 興味はわかないけれど(すみません)
一人称がクルクル変わりまくる歌詞の世界を吟味したり
(ほんまに本人のワンオペだとして 秋元康の脳内って)
文字通りクルクル踊りまくる彼女たち それに熱狂する群衆
観ていて飽きが来ず すごく面白かったです
(男子を映えさせる問題さえクリアできるなら
昨今問題視される組体操 もうこんなんやればええんちゃうの?)

そして 日向坂の熱気さめやらぬままに引き続くネタブロック
アインシュタイン アキナ 霜降り明星ときたものだから
もうほんま どえらい騒ぎでした
(3組とも 超ド定番の十八番ネタかけてたからよけいに)
次のロバートがまた鉄板の『版画クラブ』ネタで
TV画面じゃなくて舞台でも 伝わり方完璧で感心…

それにしてもいっこもヒト減らんな~ 思ったら 
ハァ納得 お次は EXILEの一派の若人たちでした
これも日向坂と同じ感想
若者が必死に賭けてる姿って素敵!… 心から思うも
まったく自らに湧き上がるものは感じない(再びすみません)
それならまだしも次に続くバンドの方が… と思うが
もう立ってるの限界(老) 休憩しようか~と
ライブエリアを離れることにする ちょうどおひるどきで
フードエリアは異様な混雑(昨年これほどではなかったで)
それでもどうにか ひとやすみして さあどうする~?
曽我部近くで観たいし その前のコレサワから入る? 
>まあまあ観たいわ(わたし)
>え、たろちゃんそうなん?私らどないしょう?(T&K子)
などとごちゃごちゃ相談しているところに 悠然と
曽我部だけでヨシ!の初志貫徹のHMっちゃん登場し
カルテットがそろい 更に相談の末 結局 
曽我部の際に すこしでも良いポジションを取るため(必死)
コレサワから観ることにする
(ちなみにわたし 何でまあまあ観たかったかと言うと
先日 息子がサッカーで行った会場の中学の行き方を
調べていて 著名な卒業生の中に コレサワの名前
誰コレ?芸人?お母さん知ってる?言われて
あ、今度コヤソニ出る子やわ! …ただそれだけ 笑)
顔出しNGの歌い手さんらしく 年齢も知らんが
大阪やし aiko好きなんやろうなあ…(勝手なイメージ)
いやいや ええ声で ふわふわ可愛らしいスカートで
よろしかったですよ~

そして いよいよ好き過ぎる《曽我部恵一》!
サニーデイサービスでも 曽我部恵一BANDでもない
フェスにおける ソロステージはどのような…?
さっぱりと短髪の(髭までないって!) 
あっさりと白シャツとジーンズ
きっぱりとギター1本 の《曽我部恵一》
期待あまりあり過ぎるその内容ったら…
 『キラキラ!』
 『おとなになんかならないで』
 『満員電車は走る』
 『シモーヌ』
 『青春狂走曲』
 『サマー・ソルジャー』
ど真ん中過ぎるセトリにも大満足
(いつだって何だって満足なんだけど)
昨年は 涙は心でとどめたが 今年はマジ泣き

…と泣いた後のカラスは一転し 続く再びの
ネタブロック 息忘れるほど笑った 
曽我部のおかげで なかなかの前列にいたので 
より楽しめました
氷室京介ネタを全力でやるチョコレートプラネット
世代的にたまらなく面白かった
(アラサーには通じるまい…)
ギャロップの練りに練られた巧さにも仰天
(昨年M-1の二本めにこれ残してたんちゃうやろか…)
かまいたちも流石! ほぼアドリブやったんちゃうか
(きっとツメコミで 10ステ以上させられてるやろなあ)
千鳥は圧巻 まだこれをやる!?の 
紅ズワイガニ海老美ネタ(たしか昨年もズワイ…?)
なのに色褪せない 狂気すら感ずる粘りつく面白さ

あああ 感動の涙と笑い過ぎの涙と
いよいよ情緒オカシクなってるところ
世代的に懐かしい(のみの)カジヒデキ
TちゃんK子ちゃんは もうあかん休憩~と引き取り
余力あるHMっちゃんと 気力(のみの)わたしは
カジくんを観覧…
うわー やっぱり半ズボンやで!
Mr.半ズボンは 出川でも勝俣でもない 
カジヒデキや!と思いつつ 観ていたら…
わたし《恋をした》のですーーー♡
カジの背後で ドラムを叩くひとに眼が釘づけに♡
こんなにひとめぼれのような感覚はいつ以来か!
バックバンドの方々は カジの意向なのか何なのか
まるで作業着のようなうっすいグレーのシャツ
そのドラマーもねずみ色 その上イマドキそんな眼鏡
かけてる人おる?っていう だっさい四角い眼鏡
理系の研究所員(イメージ)が何かの間違いで
ドラム叩いてるようなのだが(何でやねん) 
楽しくて楽しくてたまらんといった風情の笑顔
もうそこからは カジさんよのいてくれ
頼むし 前後替わってくれまへんか?とまで

続くホフディランも頑張った
(次のPerfumeのために… 笑)
いやしかし ホフもよかった
流石やな~ ファンでもないのにほぼわかる
そしてしみじみとユウヒに見惚れる
わたしは 背が高くて 額が髪で隠れた男性が
好きなのです(又吉直樹は別枠)
それで グルメで鍵盤弾きだなんてもう~
…ってあんた《恋をした》んちゃうんかい!
いやいや ちゃーんと心の奥底に
先ほどの弾ける笑顔のドラムさんをしまいつつ
(後でがっつり調べる!!と鼻息の嵐)

お次のPerfume~
ほんまあの娘たちはいったい何やの!? 
可愛さとプロ根性に感嘆するばかり
もう感心し過ぎて アドレナリン全開
もう ノンストップ このままで
ラストの吉本新喜劇ィズまで!
これがまた良くて 甲斐あった観てよかった
大好きな森田まりこちゃんもかいらしいし
ヤンシーのギター冴えわたってた
金原早苗ちゃん あない鍵盤上手やとは!
ベース上手いな~ 新喜劇の誰?思ったら
チャットモンチーのひとかあ そうかあ
……主催者コヤブのドラムほめたれ!
ごめん ドラムのことはよくわからないけど
新曲の歌詞 よかったよ!
サビまで伏線わからんかった すごい!
**********************************
そう ドラムのことはよくわからないのに
《心から素敵》と思ったあのドラマーは…
ちゃんとした(何)バンドの方だった 
その名も『おとぎ話』
びっくりするくらい まったく知らなかった
なぜ知らなかったのかを びっくりするくらい
(曽我部のレコード会社所属の時期があったり)
《恋の衝動》のままにいろいろ調べていると
クボ嬢の大好きな方とも ちょこちょこ
ご一緒していることが判明
『もしメンバー入ってるてわかったらライブ誘う』
と言ってもらったが 残念至極なことに
おとぎ話の奏でる音楽には さして心動かされず
(ドラム音にばかり集中しているせいか?)
うーん もうすこし よく聴いてみるが
《曽我部恵一》の声を最初に聴いたときは
どうだったんだろう? 
《記憶を遡って》みても 最初から
グワ――――ッと心つかまれた気がするのだが…

by toaruhi | 2019-09-18 19:58 | いちにち | Comments(2)

⇔ 讃岐で以外 出来ぬさ! ⇔

いや実に 讃岐で以外 味わえませぬ
b0141230_20400185.jpg
今夏も行ってまいりました 小豆島・高松の旅
b0141230_20401867.jpg
初年に偶然 ふらりと入って以来
このお店には 必ず行っております
>鶏天のカリカリっぷり・絶妙の味かげんに瞠目
 いったいどうやって あんなに固いころもに出来るの⁉
b0141230_20422100.jpg
今回は もう一店 ふらりと入ってみましたが
ここも美味しかった!!!!!!!
>ここの舞茸と椎茸の天ぷらが美味しすぎて
 帰宅後 即真似てみた
b0141230_16272430.jpg
三年めともなれば 島のあちこち
わかった気になってるけれど
b0141230_16290941.jpg
そうは問屋が卸しまへん~
わかった気ィもええとこ
b0141230_16304000.jpg
第一 島のいたるところで見かける
この 植木鉢?バケツ型?的な土台に
様々な顔が描かれた まるーい球が
のっかってるやつ 昨年までは
意識してなかったよ(鈍感なだけか)
b0141230_16334702.jpg
これが置かれてる店先 その商いの内容を
知らなければ 『どないしたん!ケガ?!』
とも見えるが (そんなら何で笑てるねん)
b0141230_16355132.jpg
ふふふ たこ焼き屋さんですのよ~
いちおうたこ焼きが名物とされる地から来て
わざわざたこ焼き、ゆうのもアレですけれど
何と店主さん自体 そもそも大阪の方で
こよなくたこ焼きを愛するあまりに 
全国各地を練り歩いた末に 開店の地と定めたのが 
ここ小豆島だったのだそうな
小豆島 美味しいお素麺の里でもあるゆえ
良い粉があるのかなあ 海も近いしねえ(蛸)
b0141230_16464282.jpg
たまたま TVから聞こえた
”小豆島”の単語に反応したところ
こちらのお店の紹介だったのです
100年以上も前に建ったおうちを
(二十四の瞳の時代設定より前やん!)
お店にしてあるだけでも興味深いのに
b0141230_17024574.jpg
中のしつらえや調度品もそのまま
ゆえに天井がとても低く オットや息子
首をおらんばかりの猫背でしたけれど(笑)
b0141230_17231425.jpg
こんなポスターとか たまらん^^
何しろ 戸口を入ってすぐにあった
ビールのタテカンが明石家さんま大先生
今もカッコいいけど 若かりし頃の
素敵さ… ときめき過ぎて
看板に向かって 倒れそうになる
わたしは誰が何と言おうと(誰も言わん)
さんまが本当にとても好きで心から尊敬している
あの瞬発力 あの気配り あの優しさ
そら太らへん 寝られへんはずやわ
聞けば 日替わりのお楽しみで
昭和のアニメやトレンディドラマ(笑)
夜のバータイムに 流しているらしい
そのときのBGMは♪翼の折れたエンジェル♪
(子らは”ゆにばーす”のネタで知っていた)

b0141230_17532736.jpgb0141230_17534070.jpgb0141230_17531659.jpg










もはやお約束 のていで
例のごとくのソフトクリーム食べ比べ
寒霞渓へも(濃霧もまた一興)
オットが大好き過ぎるディスカウントストア
その名も『ダイレックス』へも日参
全身ふやけよとばかりに
温泉・プールのループ(回文!)は基本の基本
初年度の伝説(わがや内)の御礼参りも忘るるまじ
今年も スーパーマルナカ内海店へも向かい
ハマモト氏と談笑し 愛しの正金醤油は
今回マルナカから直送してもらう
b0141230_17273435.jpg
のんびりとした雰囲気に 身を置くだけでも 
心までほどける素敵な島 この夏もありがとう

by toaruhi | 2019-08-26 20:43 | いちにち | Comments(4)

⇔ おかんらしくボケ、僕知らん顔 ⇔

近ごろ とみにボケがひどい
b0141230_16250828.jpg
忘れっぽい のもそうだけど 最も多いのは 
(次は)あれしないと!などと 強く考えていて 
いざその行動をするべく その場に行ったら
『もう、既にしてある』ことが 非常に多い
やったつもりでやってない のもどうかとも思うが
やったことを忘れている という自分への不安…

b0141230_16253633.jpg

 わりと間を置かずに
 ハンバーグ…
 これは さすがに
 忘れていたわけでは
 なかったのだが
 どーーーしても
 何も思いつかなかったの
 家族は ただただ
 喜んでいたのでヨシとする
 (せめて味を変える)


相変わらず どうにか冷蔵庫を気持ちよく整理出来ないかとばかり考えている

b0141230_16515174.jpgb0141230_16522138.jpg













暑い時季に 特にその傾向が強くなる
夏場は 飲みものをはじめとして
腐敗が怖いので おかずでも お鍋でも
すっぽり冷蔵庫に入れたいから
ちなみにこのボウル かーなり大きいです
フレンチトーストにしようと バゲット2本分
(何作ってんねん自分) 薄笑いしながら
切っては浸し 切っては浸し しました
b0141230_16580992.jpg
これもまた 家族は何も思わず 『わー 美味しー!』
『フランスパンで作んの最高』などと喜んでいた
(もうすっかり 長時間卵液に浸しオーブン焼き仕上げ方式が板につきました)

b0141230_16471789.jpg

 冷蔵部分のみならず
 冷凍庫がひどい
 冷凍庫はパンパンであるべし
 (その方が冷気が回るらしい)
 だそうだが 無秩序に
 ぎゅうぎゅうであることが
 嫌でしょうがない


息子が 日々持ってゆくペットボトル類や保冷剤が
大量にある上に アイスクリームも相当量
毎日の食事やおべんとうに使う 肉や魚 
半調理品のたぐいも どっさり~
それらを小分け冷凍し 都合に応じて
解凍して使うことに まったく抵抗はない
買ってきた当日に 使いきらなかった分を
小分けして冷凍するのも 億劫にも思わない
>ちなみに調味料などを移し替える作業など
 とても好きだと言っていい
b0141230_17540417.jpg
しかし そんな際に必需とされる ジップロックを
素敵に綺麗に収納することが どうにも得意ではない…
自在にカタチを変える袋状のモノが ごちゃついてるのが許せん
(ブックスタンドを使う、とかもあかんかった)
>それにしても ハンバーグにオムレツ
 タコライス(ふう)… 挽肉ストック
 えらいぎょうさん あってんねえ(笑)

b0141230_18153914.jpgb0141230_18155069.jpg










開けるたびに そのごっちゃり感に『…。』となる
ラップも使う ジップロックだって便利に使うが 
それがいっぱい眼に入るのが嫌だとしみじみ思ったので
ふたを閉めていてもほんのり見える タッパーに入れることにした
タッパーごとに 肉や魚・半調理済みのもの お揚げ などに分ける 
寸法を測り ぴしっと収まるようにしたので やっとスッキリ☆
容器に入れるほどでもない量のものは ジップでヨシとした
b0141230_18295300.jpg
ヒマか!と思いつつも 暑い最中に熱中して脱水
それこそ熱中症なったらあかん…と水分補給にも努める

by toaruhi | 2019-08-12 01:38 | いちにち | Comments(2)

♪ テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ~ … ♪

ロシア民謡『一週間』
b0141230_23121592.jpg
どこか妙な あの歌詞のような毎日
過ぎるのがほんとうに早い!
b0141230_23123676.jpg
何かは 成し遂げているはずなのに
b0141230_23125640.jpg
…そんで結局 自分 今日何しとったん?
b0141230_23131812.jpg
毎夜眠りにつくとき思う
思ったと同時に夢の国だが
(のび太に圧勝する自信)
b0141230_23133497.jpg
かといって 決してつまらなくはなく
それなりに起伏に富み 毎日楽しい
b0141230_23135056.jpg
怠けているつもりもないし(過度には 微笑)
やるべき/なすべきことには 真正面から向き合い
何なら小さくとも達成感だって味わっている
b0141230_23140927.jpg
自身のお楽しみは決して忘れず(キッパリ)
よく笑い なんだかんだ満足な日々
b0141230_23175363.jpg
有難い 誠に有難いが
まだ何かやれるんじゃないか?とは思っている
b0141230_23181659.jpg
ところで大学時代 第二外国語はロシア語でした
b0141230_23184079.jpg
周囲の友人の多くは ドイツ語・フランス語
スペイン語・中国語がやや少数派と称される中
b0141230_23190257.jpg
そんなん選ぶヒトおるん?とまで言われたロシア語
けれど一切の迷いなくロシア語!
何やったのその衝動?
b0141230_23192277.jpg
『たろちゃんて どっかとのハーフ?』
今もたまーに言われますが 
当時は更に聞かれていまして
b0141230_23194520.jpg
『堺と茨城のバリバリ日本人やけど
その場合 どこの国を想定?』
都度 問い返したらば
b0141230_23200536.jpg
その返答は ロシアもしくはブラジルなどの南国
(幅の振りが極端すぎる)
b0141230_23202526.jpg
色白さんに憧れていたわたしが
ややロシアが優勢だったことに気を良くして(笑)
ロシア語を選択したというのもあるのかないのか
b0141230_23112927.jpg
息子や娘には ↑ この人に
『お母さん、似過ぎやて!』
しきりに言われている
b0141230_23205461.jpg
ちなみに実家の御手洗には
この絵が(原画ね 笑)
飾られているのだが
『おじいちゃんおばあちゃんも
トイレ行くたびに娘を思い出したいからちゃう?』
…そ、そんなつもりはないと思う!
b0141230_23211631.jpg
ともかく未だに 少なくとも
ロシアのアルファベット
意味不明ながらも読み書きは出来る
(披露する場はない)
b0141230_00080688.jpg
『一週間』と同じくらい有名?な
『カチューシャ』は滅茶苦茶ながら歌える
(これまた披露する場はない)
*******************************************************************************
①お好み焼きに比べて なぜかめったにしないたこ焼き
 したならば この明石焼きバージョンと
②大定番ソースたこ焼き 両方味わうのがお約束
③焼きたてをオット実家にデリバったら 偶然母は
 お好み焼きを焼いていた からの物々交換~(笑)
 そして翌日の息子べんとうは コナ・ドリーム
④相変らず ハンバーグは頻度高し
⑤で 翌日はドカ・ロコモコと相成ります
⑥困ったときの?麻婆春雨といおうかチャプチェといおうか
 春巻の具にしてもいいよなあ~なんて思いつつも
 そのまま…がほとんどですけれど^^
⑦むしろ たまご焼きの芯のために作ってるんじゃないか?
⑧⑨愛する若ごぼう様 季節の間に一度でも多く…と必死(愛)
⑩⑪⑫若ごぼう様と 牡蠣のラストスパート期は
 だいたい同じではないでしょうか?
 オット叔父様から 殻付きの牡蠣をどっさり頂いて(喜)
 殻をはずしても 揚げてもビックリ!大きいこと美味しいこと
 冬ならではの お好み焼きに入れるもよきかなよきかな
⑬春きゃべつにブロッコリ 店頭で見かけるだけでウキウキ
 イソイソ買いこみ 買いこみ過ぎても 消費が上回る
⑭そこへもって来て 獲れたてをいただいたりもして♪
 大きくくし形に切り 串をさして焼きめをつけて
 同じく大きいままのおじゃがとにんじんとあわせて…
⑮なーんてまあ 美味しいんでしょう!感激した~
⑯原画は フェルメールの『真珠の耳飾りの女』
 または『青いターバンの少女』
⑰実家といえば直伝のひとつがコレ
 さつま芋と紅しょうがのコロコロ揚げ
⑱でもふつうの芋天も捨てがたく… >ぽぽんちさーん
⑲冬がとにかく好きだけど 春はもう来てますねえ…
 要らざる症状でヒシヒシ感じてます >花粉症(号泣)

by toaruhi | 2019-03-10 02:23 | いちにち | Comments(4)

⇔ 亥の胃 ⇔

あけましておめでとうございます
b0141230_22220072.jpg
本年も 楽しく美味しく 作って食べてまいります

by toaruhi | 2019-01-01 00:00 | いちにち | Comments(4)

⇔ わが香川 ⇔

と言いたいくらい好きかもしれん! 香川県
b0141230_22195749.jpg
『うどん県』今や つとに知られてますね
b0141230_22223794.jpg
高松周遊は最終日 この夏もオリーブの島・小豆島へ  >これはオリーブではない
b0141230_22240348.jpg
少なくとも数年は 同じところに旅行するわがや >これもオリーブではない
同じ場所をなぞり 訳知り顔で懐かしさを感じたり
新たに違うところにも行き 新しい魅力を発見したり 
b0141230_22272175.jpg
ホテルのプールはもちろんのこと 海でも大いに遊びますよ

b0141230_22280887.jpg

 
 潮の満ち引きで 一日の内で 
 砂浜が現れたり消えたりする 
 通称『エンジェル・ロード』
 『恋人の聖地』なんて名で
 名物スポットになってますが
 昔は何て呼ばれてたのかな
 島のお年寄りに聞いてみたい
 息子など 『小指との聖地』と
 聞きまつがい(笑)
 まあある意味合っているのか



昨年は悲願達成(=わがやでの語り草化確定) 
b0141230_22381511.jpg
本年 わたしが行きたかったのは こちら

b0141230_22383359.jpg

 
 自由律の俳人 尾崎放哉
 終焉の地が ここ 小豆島だったそうな
 まだ習っていないであろう
 息子や娘はしょうがないとはいえ
 『咳をしても一人』とか知らん?
 え、知らんの?マジで?
 オットに詰め寄るも
 知らんもんは知らんらしい




あと なんといってもここ!
b0141230_22483637.jpg
尤も『二十四の瞳』も オットも子らも知らんらしい・・・
b0141230_22494809.jpg
十二人の子どもたちの 姓名とあだ名まで言えるよ~
b0141230_22505643.jpg
萌え萌え~ ここに住みたいくらいである
めっちゃ成績あがりそうや… あんたが住み~!
>息子の成績で 頭を痛めているわたしの心からの叫び
b0141230_22515278.jpg
とはいえ 二十四の瞳映画村 それなりにオットも子らも楽しんだようだ
b0141230_23252777.jpg
そちらこちらにある ソフトクリームの食べ比べもコミでね(笑)
b0141230_22532919.jpg
昨年 もろみやみたらし味ソフトは食べたので 
今年は違うものを見つけたら かたっぱしから^^
今回は レンタカー利用で相当あちこち回ったので
それがまたよい休憩になったのです
ちなみにこれは レンタカー屋さんオススメの『佃煮ソフト』
想像する以上に美味しいから!と 扱ってる中でもイチオシ店の
紹介まで受けたもの これがほんとに美味しかったの!

b0141230_22571428.jpgb0141230_22575315.jpg

 
 醤油feat.のものは
 むろんのことに
 瀬戸内レモンに
 塩バニラ
 オリーブソフト
 いずれもそれぞれに
 美味しく ちゃんと
 特徴際立ってました



そうそう お醤油feat.といえば このお醤油シューも絶品でした!
b0141230_23123986.jpg
比較的近年の名所なのかな? 迷路のまちと銘打った一角も面白かった

すぐに地理を理解し 覚えられると自負しているわたしですが
ほんとにちょっと アレ?とわからなくなるくらい
思った通りに進めない道があったりして^^
そこはともかくとしても
昨年 決死の思いでチャリンコ走らせた甲斐あって(笑)
主要な道は頭に入っていたので クルマだとなおラクラク~♪
昨年のお礼参りとして(どうしても行きたかった)
スーパーマルナカ内海店のハマグチあらため正しくはハマモト氏を
訪ねることも叶ったし(最初キョトンとされていたが思い出してくださった)
魔女の宅急便が大好きな娘狂喜♪の 
イメージ風景満載のオリーブ公園にも行けた

b0141230_23290743.jpg
 あるていどの年齢の方に 
 小豆島といったら必ず聞かれる
 『寒霞渓』にも行きました
 ベストとされる紅葉の時季で
 なくとも たいそう美しかった!


ああ この夏の家族旅行も楽しかった!!
b0141230_23245383.jpg
この楽しさを胸に 一年のおおかたを占める日常の日々もまた
いぶし銀の輝きを放つ・・・ ように頑張りましょう

by toaruhi | 2018-08-31 23:01 | いちにち | Comments(6)

⇔ 春景色 繁る葉 ⇔

春の息吹 すこしずつ感じられるように
b0141230_18441720.jpg
この春はたいへん不漁だそうですが・・・
b0141230_18492886.jpg
いかなごのくぎ煮 これをいただくと 春が来た!って思います >煮いて思え
b0141230_18511497.jpg
美しい緑と可愛い黄色のコントラスト もっと見ていたいけど あんまり咲いちゃう前に・・・
b0141230_18530900.jpg
そのものもほろ苦いところに つーんと辛子きかせて 和えます食べます
b0141230_00140865.jpg
これまたほろ苦さがたまらない ふきのとう サッと揚げてぱらっとお塩ふって

b0141230_00145255.jpg

 近所の仲の良い友人が

 帰省の折に見かけたから~と

 おすそわけしてくれたもの




早く店頭に並ばぬものか…と手ぐすね引かんばかりに 毎春待つ 若様

b0141230_13504984.jpg

b0141230_13553584.jpgb0141230_13554694.jpg
 
 
 愛する若ごぼう様
 あく抜きのため 茹でこぼした段階では
 こんなに美しい緑ですが 煮いてくうちに 
 城下の民に寄り添うようなお色に~
 

一家をあげて 若様には愛を捧げておりますので「もっとないん?」「もうないん?」 ー奪い愛、春ー
b0141230_14025092.jpg
こちらも若様と甲乙つけがたく愛されている春の味 『葉たまねぎ』

b0141230_14101665.jpgb0141230_14102773.jpg

 たまねぎ部分は大きめのにんにくほど
 長~く伸びた緑色の部分も
 すじもなく美味しく食べられます
 加熱したときの 甘さ・やわらかさ
 お味つけに 甘みいらないくらい


b0141230_15241142.jpg
近くの公園では大きなミモザの木が満開! そう言ってる間に 桜ももうすぐ・・・


⇔いいわ~髪切る春 君、可愛い⇔
by toaruhi | 2017-03-29 20:44 | いちにち | Comments(4)

板井典夫

栗の季節ですねえ
b0141230_2322401.jpg
何はなくとも やはり これでございますわ・・・

b0141230_2324426.jpg
毎年この時季 オットが常日頃
とてもお世話になっている方が
ご実家に成るという 栗の実をたくさんくださる
わたしと同年配のその方のお子さんたちは 
ちっとも喜ばないそうで
「んもー、だからMさんみんなもらって!」と
ご享受に与るという・・・

今年はまたそーれはそれは
立派な大粒のもので
嬉し涙のかたちが 栗の形状に
なるかというほどの(何やそれ)
b0141230_23241830.jpgb0141230_23243879.jpg
ほうぼうにおすそわけしても まだたーっぷり!
蒸籠で蒸しておやつに食べて おあとは熱湯にひたし 気力をためてから(笑)いざ、栗ごはんに!と
意を決して剥きはじめました^^ キングオブコント2016のオープニングから決勝ファーストステージ終わるまでかかった

b0141230_23354462.jpg
手を攣りそうになりながら
必死で剥きました~

このために きらしてた
もち米と黒胡麻も忘れず用意して

こうして炊きあがると 
報われた思いでいっぱいの
素晴らしい栗ごはんに~~~♪
お相手のメインおかずは これ!と決めていました
b0141230_233852.jpg
蓮根のはさみ揚げ~~~ 詰めた肉だねのお味のあんばいもなかなかうまくできました◎
この蓮根 息子と雨やどりに入った阿倍野近鉄百貨店にて あーでもないこーでもないと選んだもの

b0141230_23411936.jpg


しかし この日は
またまた まだまだ 暑くって~
おあとは 冷やっこですよ

茗荷はもう 巻きのかたい
辛みもじゅうぶんな
秋口の 茗荷なんですがねえ・・・
******************************************************************************************
同じ栗でも オット母の手によると 素晴らしい渋皮の甘露煮になるのですよ!
b0141230_23441652.jpg
足元にもおよばない どころか 足元にはひれふす思いしかない~ 母(ハハ)~ッ!(掌&額は地面)

b0141230_23471186.jpg
同じ名前の これとは似て非なる
(もちろんこれも最高ですけど!)

お手間のかかった
優しい優しい 美味しさ
おかげで毎年 『秋の日曜日の朝ごはんの幸せ』 の1ページはこれです・・・♪ 
b0141230_2346885.jpg

by toaruhi | 2016-10-03 20:06 | いちにち | Comments(6)

⇔ くよくよしない男児の甚大な食欲 ⇔

サッカーべんとう この酷暑 もしも傷んだらどうしよう・・・
b0141230_18302383.jpg
との心配をよそに 終日走って蹴って 帰宅するなり 『あああああああああ 腹へった!!!』
b0141230_161307.jpg
サッカーがない場合も 今は夏休み・・・ わたしが帰宅するなり 『あああああああああ 腹へった!!!』
昼食を待ちわびている息子・・・ そして一緒に作りたがる~
この日はお味噌汁のはんぱを片づけたかったので 焼きめしを(自分だけなら絶対に作らない 笑)
おくらとコーンを入れようと言ったのは息子 これがイイ感じの甘みとねばねば&さくさく食感でヒット!
b0141230_16222524.jpg
・・・と 夕方幼稚園から帰った娘に話すと 
「おニーちゃんずルい~ 〇〇ちゃんも作りタかった~」 しくしく・・・と泣きだした
わかったわかった、そんなら手伝ってね、と おくらに豚ばらを巻いて ころもをつけるところまでと 
食べる際のソースを混ぜ混ぜしてもらいました 
娘は忠実にわたしの教えたとおりにするので仕上がりが美しい
それにやはり自分の手がかかると 特に美味しく感じるようで 食べっぷりがすごかった☆

b0141230_1631256.jpg

わたしとオットは その前夜

肉巻きを焼いて食べたのでしたが

フライにすれば良かったなあ
まだ娘が未就園児で わたしも仕事をはじめる前 思えば毎日昼食づくり
b0141230_19341967.jpg
考えあぐねてふと作った うどんDEナポリタン
おいちーおいちーとちゅるちゅるしてた小さい娘の姿を 急に思い出し 息子との昼食に^^ 
このときは高校野球に夢中でついぞ一緒に作りたいとは言わず
息子にもどんぴしゃハマったようで「僕・・・うどんは鍋焼きが第一位やったけど コレ急浮上やわ!」

b0141230_2064377.jpg

おべんとうにも多用してますけど
これも急ごしらえの昼食に便利~
ハンバーグ多めに作って
素焼きしたのを冷凍してあるので^^
もっと小さかった頃の娘
『もころこもん』て言ってたなあ
先日ガッツリとした男っぽいメシを喰らう!的な内容のロケ番組を子らが観ていて
b0141230_16392123.jpg
それらを巡っていたのは ウェンツ瑛士と伊勢谷友介
食欲から遠そうな二人やなあ・・・ どんな人選?何の番宣?
あんたら そんなん全然食べなさそうやん!もやしと豆腐を醤油とマーガリンで煮いてごはんにのせるとか!
わたしは家事をしつつ ツッコみまくりながら画面を片目片耳で聞いていたが
果たして息子は「うまそう~~~ 食いたい~~~」 ずっと言い通し 娘は黙~って観ていた(笑)
だがしかし妙に脳裏に刷りこまれていたようで 後日 もやし&小松菜炒めの上に生姜焼きをのせ
番組にあったように(そうゆう丼モノだった)盛大にマヨネーズと七味をふったところ 息子は狂喜していたが
ニクニク星人ではないオットは 内心(何やねんこの学食みたいなんは)と思ったかもしれない
b0141230_20205160.jpg
これなんて たぶんオットは無理~
豚の一枚肉を 味醂でゆるめたお味噌に漬けておいたものを焼きました もちろん息子用
なかなかに美味しかったですよ! いやめちゃ美味しかった!
b0141230_20262792.jpg
つとに知られる 鶏むね肉DE鶏ハム
これも息子は 相当に気にいったらしく ある間ずっと「食べていい?食べていい?」言い続け
なくなってからは 「また作って」「あれよろしく」言い続けているが・・・
これすらめんどいなーと思う母であります(苦笑) 
あんた 料理に興味あって食欲もすごいから 自分でやったらどない?夏休みの宿題に・・・ならんか(笑)
by toaruhi | 2016-08-05 18:30 | いちにち | Comments(4)

味の母

調味料の類 あれこれ試してみるのが楽しみ
b0141230_18165249.jpg
お醤油は もう何年とこれひとすじ! 
最初 なぜこれを使いはじめたのか 覚えてないけど とにかくとても気にいり 使い続けてます 

b0141230_2028538.jpg


・・・なんて

たま~に ちょいと

浮気もしますケド^^
お味噌も これはよく使うなあっていう基本的なのはあって
b0141230_18201179.jpg
b0141230_18203172.jpgb0141230_18204576.jpgb0141230_182124.jpg
それに加えて ふと眼についたのを ついつい買っちゃう
『くるみの木』でわけてくれるお味噌(今もあるのかな) すごく好みなのだけど
そうそう行けないので 長らく使ってないよ^^ 
そんなふうにしてきて つかめた傾向は どうやらわりと甘めのものが好み

b0141230_2058281.jpgb0141230_20584264.jpg
酸っぱいもの大好き一家なので ハイペースで減るお酢 米酢が好きです
出先で 醸造元を見つけたり いかにも地元密着!な酒屋さんがあると吸寄せられるように入ります(笑)
すると だいたい『おお!』という出逢いアリ☆
ところで わたしが唯一口に出来ないもの=甘酒 このお酢の原材料を見て
ああどうしよう・・・!と思うも 結果的になんともなく(当然か) それどころかリピ買いですよ^^

b0141230_211763.jpg
胡麻油 調理にはあまり使わず 調味・風味づけとして使うことがほとんど
だから 特にいろんなのを味わってみたくて なくなっては違うものなくなっては違うもの・・・と物色~
オリーヴオイル 実はこれも少々苦手意識があったもの もこみちマジか!嘘やろ?常々思ってました 笑
なんか上手に使えなくて・・・ だから次第に淘汰されてたんですが この春帰国されてたfuskさんが
パリから持参してこっちで使いきれなかったものをくださったのです 
するとゲンキンにも あら?いいじゃないの!と^^ 今後は胡麻油同様 いろんなのを探す楽しみが♪
b0141230_233647100.jpg
この胡椒も fuskさんが おみやげとしてくださったもの
調味料と同じく こうゆうスパイス類も だーいすき 楽しいなあ
*********************************************************************************
もうすぐ 味醂を切らしそう・・・ タイトルどおり 次は『味の母』買ってみようかなあ~
by toaruhi | 2016-06-20 20:20 | いちにち | Comments(6)