<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

⇔ 何ら変わらないなら分からんな ⇔

たまには 『おっ 見慣れないな お初?』てなものをこしらえるときもありますが
b0141230_15143999.jpg
基本『え またこれ?』と言われそうな 変わり映えしないものばかり
b0141230_15160572.jpg
けどそれ 安心安定の味ってことやん
詰めたり・巻いたり その上揚げた・・・ってところを評価してして
b0141230_15330693.jpg
ついつい買ってしまう食材って何ですか?
わたしは 厚揚げなんですよ
消費期限わりに短いから 買い過ぎ注意!なんですけれどもね~
中国四川省の家庭料理の定番だという『家常豆腐』 厚揚げ使ってよく作ります

b0141230_22244187.jpg 
 友人宅で食べて『そうかなるほど!』と
 思って以来 おみそ汁の実にもします
 そのとき もずくも入ってたのも印象的
 思い出して たまたまあっためかぶを
 『まー仲間やん』とサッと洗って入れてみた
 ♪ これも ア~リ~~~!!!
  (ご存知の方は お見送り芸人しんいちの節でどうぞ)


それでも コロンと一枚 あまったりするので
『家常豆腐』(の更なる簡略版) とあるひのサッカーべんとうにも入れてみたところ

b0141230_22314214.jpg
『おかあさん 今日のあの厚揚げのやつ、神やった!初めての気ィするけどこれからも入れて!』
・・・わたしとしては なんべんも作ってなんべんも出してる気ィしてるねんけど?
変わり映えなくて あいすみません…とすら思っていたが どうやら そうは思てないもんなんですな


角野卓造じゃねーわ!
[PR]
by toaruhi | 2018-02-26 23:18 | 晩ごはん | Comments(2)

オモイオコメ テ

何しろコメの消費が著しい
b0141230_16213075.jpg
オットおやすみデー リクに応えて牛丼にしたら
b0141230_16224769.jpg
4合炊いたごはんが コメ粒ひとつあまらず!
b0141230_16254624.jpg
またとあるオットおやすみデー 同じくリクに応えてオムライス

b0141230_16265107.jpgb0141230_16270918.jpg


 炊きこみチキンライス

 5合がほぼ消滅・・・



ちなみにこの日の日中 オットとのおひるごはんに

b0141230_16302208.jpg
ほぐした鮭・紫蘇の薫りもかぐわしい ばらずし
刻んだおこうこや茎茗荷の酢漬のアクセントもきいた オット母のお手製
15×15㎝ほどのお重に詰められたこれ ふたりでペロリ
恥をしのんで激白します かけ蕎麦も加えた上に、でございます・・・
b0141230_17014919.jpg
カレーを作ってもあまらない のもさりながら 何合炊飯すれば引きあうのか
もはや不明…と思いつつ 7合のコメを研ぎました
b0141230_17054697.jpg
朝はほぼ100パーぱん食で 昼食としてオットはおにぎりを二個持っていくが 
子らは学校給食なのに 仕事から帰宅後 わたしがおひるにごはん食ーべよ…と
おひつを開けたら 心もとない量であることも多々なのはなぜ?
週末のおひる こんなふうに炒飯など作れたら 『ぅわ~作れた!』と思ってしまう
**************************************************************************************

b0141230_17232454.jpgb0141230_17241909.jpgb0141230_17244801.jpg










b0141230_17334755.jpg

 
 仲の良い近所の友人たちと折々に集ってます
 どこか食べに行ったりもするけど 
 それぞれのおうちで…ということも多々
 今日は内ひとりのおうちへ 


前夜のLINEで『小さなころっけと サラダ 作れたらスープもするね』
もうひとりも 『何かかんたんなおかず持ってくね』とあり 
きゃ~祭りだわ♪と わっくわく >あんたは⁉
とろ~りクリームチーズ入りのまんまるころっけに 美しいサラダ
パイ皮のお帽子をかぶったシチュウに 
さつま芋とお餅・ベーコンを少量のお粉でからめてチーズで焼いたもの

b0141230_17363533.jpg

 
 彼女たちは各自のお仕事は
 やすみの日だったが 
 仕事終わり次第駆けつけ~のわたしは
 


いったん帰宅し 超特急でだし巻を焼き 巻き簾に巻いたほかほか状態のものと
たまたま作ってあったひじきさらだを持参^^
以上が出そろい 顔もそろうと ♪ いただきま~す ♪ …え⁉ 
そういえば 彼女たちはたま~にお昼に食べることがあるくらいで
基本的には 白ごはんを食べないと言ってたな~
すっかり自分の感覚で ごはんのおかずの一品に…と思っていたことが照れる^^
先般 ひさしぶりに逢った大学時代の友も ダイエットの一環として
白ごはんをやめているらしく それを聞いて驚愕しつつも
『…わたしええわ、それは出来へんわ!無理やわ!』断言
白ごはん食べないくらいなら 一生梅干しでええから おかずやめるほうが出来る気がする~
友も 『焼肉でごはんナシなんて!ハンバーグでナシなんて!思ててんけど 
それがいけるようになるねん!』 えええええ~!ますます驚愕し
『そんだらあんた お酒は?』と問うと お酒やぱん・甘いものはその限りに非ず、らしい
この彼女たちとはまた別の 近所の友人も 白ごはんは食べないと言っていて
彼女曰く 呑み助であるからと言うのだが 飲むし食べるしのわたしっていったい…
暗澹たる思いにとらわれつつも 今日も6合研ぎました・・・ ちなみに 
それでゆめぴりか10キロ 13回の炊飯で はけたことも申し添えておきましょう・・・


想いを込めて
[PR]
by toaruhi | 2018-02-22 18:45 | 晩ごはん | Comments(2)

⇔ レアなあれ ⇔

珍しい どころではありません
b0141230_14544741.jpg
舌平目のムニエル、なんて・・・ でもやっぱりそこはわたし 器は和やし添えるの柚子やし(笑)
オット母が トロ箱買いなるもので多種多様な魚を買ったとのことで 恩恵に与りました^^
b0141230_14372604.jpg
ムニエルに合う献立、にまた困る(苦笑)それも 家にあるもので…? 
じゃが芋とほうれん草を用いてのぐらたんしか思いつかず^^

b0141230_14413612.jpgb0141230_14415028.jpgb0141230_14420764.jpg













わあ(歓)どうしたんおかあさん?大喜利のお題か? 『ムニエルにグラタン⁉ 何があった?』だの
『したびらめ、身ィやらかいのに 骨、たっけだけしいな~! にしても規則的過ぎへん?』
子らヤンヤとかまびすしいことはなはだしいが お口には合ったようで何より
*******************************************************************************************
これもまた 珍しいものを作りました 茶わん蒸し
b0141230_15004094.jpg
以前何かの拍子に 子らが茶わん蒸しが好きだという話になり むしろ嫌いだと思っていたわたしは
え!そうなん? そうやん!好きやん!美味しいやん!また作って! うんわかった~と作製
何しろたまごがたくさんあって 三つ葉も鰻もかまぼこなどのそれらしいものもなく
ああ おうどんあるわ!と 正しくは『おだまき蒸し』
おだまき 由来は知らねど たしかお豆腐だと『空也蒸し』って言うんですよね
そういった謂れもの(何)バナシ めっちゃ好きで 胡麻使ってたら=利久
豆乳やら牛乳使ってたら=飛鳥 お揚げさん使ってたら=信太 さつま芋あまく煮いたん=栂尾煮
お昆布使ってたら=松前・でもとろろ昆布なら=翁・・・ などなど
子ら 『またスイッチ入ったでおかあさん…』 てなところでしょうね(笑)
そんで結局なぜ うどん入りがおだまきかは知らないのであるが(謂れバナシ好きなら知っとけ)
おだまきってゆう植物あるよね… 子ども時代愛読した『のばらの村シリーズ』に出てきたような記憶
ところで 子ら夕食時 うっかり青み(貝割れやけど 笑)を入れずに蒸してしまい
ごめんフレッシュでどうぞと 貝割れのタッパーを差し出したら またヤンヤヤンヤ(何かと騒々しい)
ふと見ると息子 貝割れを一本一本 おだまき蒸しの表面に ちまちまと刺しては
『チンアナゴ!』などと言っている いつもなら『食べるもんで遊ぶな!』
一喝するところだが  …ちょっと面白かったので看過
b0141230_17212138.jpg
さーて おだまき蒸しを汁ものの立ち位置にするとして メインは・・・牛肉と蓮根
蓮根はほんの数十秒茹でてから 牛肉は片栗粉をすこしもみこんでから
お醤油とオイスターソース おさとうすこしで炒め煮ふう 
こんなのはちっとも珍しくはなく いかにもわたしらし~い
b0141230_17244293.jpg
もいっちょ わたしらし~い でもひさしぶりに作ったかも?の 『きりぼし大根のおかず煮』
今も敬愛してやまない小林カツ代さんレシピ 鶏もも・干し椎茸が入って 生姜の薫りもきいたこれ
いわゆる一般的な お揚げさんなんかとあっさりめに煮くきりぼしに比して 
もうちょいこっくりとして その名のとおり ごはんのおともによろしいのです

b0141230_17305166.jpg

 たま~には はりきって
 
 眼先の変わったものに

 挑戦するのも 楽しい

 それがいつしか

 手のうちに入るのも 嬉しい

[PR]
by toaruhi | 2018-02-19 08:25 | 晩ごはん | Comments(8)

⇔ 良い会さ 齢さ、久しと再会よ ⇔

何度行っても 愛が醒めない・・・ 例のお店
b0141230_20303534.jpg
そんじょそこらのショートケーキより大きいかもしれない
甘めで しっとりずっしり… 『オムレツ』という名で並べられているこちら
たまごいくつ使って どんな火かげんで 焼いてるのかしら 
b0141230_20314446.jpg
牛すじとごぼうの味噌煮  ミドリは菊菜でした
b0141230_20354487.jpg
なんとも香ばしく ごはんに合うお味~
『鶏と葱ときのこ』ボードにはそう書いてあった・・・そりゃそうやけど!(笑)
b0141230_20375709.jpg
***************************************************************************************************
b0141230_20503461.jpg
魚が旨いと書いて お鮨・・・
美味しすぎて幸せ! 寿を司ると書いて お寿司・・・
b0141230_20521920.jpg
お魚のみならず 野菜も受けとめる 酢めしや海苔の度量
b0141230_20530484.jpg
嗚呼 おすし・・・ 我が国の誇りであります(大げさ)
***************************************************************************************************
b0141230_21165684.jpg
でもパンも好き  THE CITY BAKERY(RUBINのほう)毎回口中の水分すべて持ってかれる(どんだけ)
b0141230_21060696.jpg
パスタも好きなの(何でもか!) このお店もパンの種類も豊富で目移りしたな~
b0141230_21173156.jpg
常日頃 茶系のジミなごはんばかり食べてますので(含笑) 
そとごはんは眼先が変わって ただでさえ嬉し美味し♪なのですが
このところ 旧年来の懐かしい慕わしい友と たてつづけにお約束が相成りまして
食べるわ飲むわ語るわ… のわたしの何よりの大好物に浮かれる日々~
そのツケが回ったのでしょうか?すべてのお約束がひと段落つくと同時に
風邪ひいてしまった・・・めっちゃ気ィつけてたのに~

[PR]
by toaruhi | 2018-02-15 20:54 | そとごはん | Comments(4)

⇔ 違いがち ⇔

やっ 嘘ん!? もういはんの? 嬉しい!
b0141230_14353240.jpg
愛してやまない若ごぼう様! 早春の中でも 更に短い期間にしかないはずであり
しかも例年にない厳しい寒さの まだまだ真冬まっただ中に いらっしゃったので
ひしとかき抱くようにして購入  おそらく近年では最短の速さかも!
b0141230_14403106.jpg
若ごぼう その名のとおり ごぼうなんだけれども 根っこのせいぜい15㎝くらいが
いわゆるごぼうで 他は蕗と見まごう形状 葉っぱも蕗っぽい
食感はまあ蕗といえば蕗で(空洞あるし) しかし蕗の薫りはせず(あたりまえか)
かといって ごぼうの薫りかというとそうではない 
かすかなほろ苦みはあるが 山菜ほどでもない
・・・愛の深さのわりにまったく!伝わらなくてすみません・・・
ともあれ ”ごぼう”の名があるだけで ついつい牛肉とあわせがち
b0141230_15143056.jpg
それこそ 本家?牛ごぼうのように 全体を茶色っぽくクタッと煮あげても良いが
まだ青みがのこるかげんで仕上げたいな・・・と こうしてみた
お味もしんみり濃くはせず ややあっさりめに
b0141230_15173790.jpg
一見さして違わないように見えるがこれは 三度豆と糸こん・豚ばらの煮いたん
若ごぼう様のと同じく これも 三度豆を限りなく青く仕上げてみた
(豚ばらと糸こんを煮いておき 三度豆はサッと茹でののちに別に炒めて 仕上げに加えた)
これは わたしの母が作るものが好きで まねて作っているのだが どうも何かが違う
それでも息子など 『お母さんのこれ 好きなやつやん!』
わたし 『いや~ 堺のおばあちゃんにはとーてい かないまへん』 毎回返す
『全体的に茶色いバージョンちゃうやつにしてんな 僕はあれも好きやけどな』
『今回は 味より色めを取ってん まあ これもアリにしといて』

b0141230_15353219.jpg

 母の煮もの全般
 味つけ濃いわけではないのに
 しっかりとしゅんでいて
 脂がギトッとなんて 全然ないのだ
 先日実家で食べた
 お大根と豚ばらの煮いたんの作り方を
 前のめりで聞いたところ
 お肉は 熱湯でサッと霜降りしてるそうな…
 違いはそこか!やってみたらば
 うむーーー!たしかに!!!


同じく先日 実家で食べた いわゆるふつうのきんぴらごぼう
刻み方が違うとかいう以前に 照り照りつやつや しかし油っぽいわけではない
ごぼうとにんじん 仕上げに絹さや お肉っけは入っていないのに
何でこんなにしっとりとしているんだろう… この違いは???
またまた前のめりに母に問うと きんぴらに関してはかなり油を使っているのだそう
でも全然 ジットリこてこてではない・・・ わたしはつい恐れて最小限の油にしてしまうのだ
b0141230_15595087.jpg
そのことを念頭に置いて けんちん汁
水切りしたもめん豆腐・ごぼう・にんじん・お大根 いつもよりぐっと多めの胡麻油で
結構しっかりと炒めてから おだしを注ぎ 作ってみた
すると お肉など入れてなくても(たまに入れる)ものすごくコクのある味わいになった!
b0141230_16114137.jpg
それはそうとして こと挽肉に関しては お鍋に油を入れすぎると
仕上がりに ギョッとするような脂っけが出ませんか? 例えばオムレツ・麻婆豆腐など
わたし それがとても嫌で キッチンペーパーなどで吸いまくります(笑)
b0141230_16165829.jpg
しょっちゅう作るマカロニサラダ これはすべてのお味を吸いに吸いまくってもらいたくて
マカロニはアルデンテの対極のやわらかさに 茹で上げます~
マカロニサラダやポテトサラダのミドリ 胡瓜であることが多いでしょうが
ふと貝割れでやってみたところ 色みやすこ~い辛いアクセントも
水気の出なさも なかなか良かったですよ~
b0141230_16234317.jpg
マカロニサラダ並みによく作る ひじきサラダ これは胡瓜でなくっちゃ!と思ってます
海藻の磯の香と 胡瓜の青くささって出逢いものだからかしら >わかめと胡瓜の酢のものとか
更に欠かせないのはツナですが この油っけもまた このサラダには不可欠
どうしたって出てくる水気は たっぷりのすり胡麻が吸ってくれて
お味の一助ともなってくれるという よくできた逸品(何の立場)
b0141230_16294192.jpg
カレーうどん 再三書いてますが わたしはいわゆる素うどんに
つよくとろみをつけた和風カレーあんをのせるようにかけて作ります
均一な見ため&どこをとっても均一味がニガテなわたし以外の三人には
ハナから混ぜられてしまうし(笑) わたしとてどうせその内混然一体となるのですが^^
お店屋さんでは 良いあんばいのとろみのカレー汁が おうどんにかけられていますよね
もしくは ふつうにおうちカレーが残った場合 そこにおうどん入れるだけやん~って
友達には聞いたりもするんですけれど 何しろうちではカレーが残らへんから・・・
カレーうどんの場合 イチからそのために作るのです^^

[PR]
by toaruhi | 2018-02-06 21:46 | 晩ごはん | Comments(6)

⇔ 幸いをお祝いさ ⇔

息子の満年齢に 3を足すと
b0141230_15563050.jpg
わたしたちの結婚の周年数になります
b0141230_15591618.jpg
2002年2月2日 そのときのタイミングで 意図せずしての日取りとはいえ
ある意味『夫婦の日』の語呂合わせでもあるし 忘れようにも覚えきってます
b0141230_16022620.jpg
記念日の馳走として とんかつを予定(オット好物)していたところに
まるでプレゼントのごとく ご近所友がおあとは揚げるばかりにしてくれた牡蠣を♪
お互いの娘が同じ一年生ということから知りあった友人で 
話の端々からそう思ってはいたが 相当のお料理上手と見た! 
美容にまつわるお仕事をしているのも至極納得のすごく美しい人なのだが 
牡蠣の殻をひとつひとつはずし 下洗いして 衣をつけて…と
してくれたんだそう 文字通り白魚のような手に あちこち傷が…(涙)

b0141230_16353732.jpg

 彼女の故郷 青森のお母さまが
 毎年 一斗缶に満杯の牡蠣を買って
 送って下さるんですって
 素材の素晴らしさもさることながら
 ほんとうに美味しかったです!

  >ぽぽんちさん お醤油もイイですね!



いわゆる『海のミルク』に加えて こんなミルキーなぐらたんもありましたの
b0141230_16385167.jpg
巨匠・栗原の 『じゃがいもと葱のぐらたん』 たまねぎでなく葱、ってところがまた◎
おとっときの 純乳脂肪の生クリーム缶を用いました そのミルキーさ なんともはや…
さてこのうつわ 業務用っぽい浅い四角い真っ白のやつ 
ついこないだ 商店街の昔ながら~の陶器屋さんにて買いました
それこそ結婚当初から このお店にはちょいちょいとお世話になってきました^^
いくつもある商店街の内 脇道のような 特に細い通りにあるお店なので
このところは さすがに自重して(皿バカ) 強いて通らないようにしていたのです
で 先日 珍しく娘を連れて たまたま通ったところ なんだかお店の雰囲気が違う
妙~にスカスカしており どうやら店じまいされるよう… 
それを知って あわてて買うというのも何やねん!とも思うも
居ても立ってもおられぬ思いで 奮然と店内に入りました
ちょうど これまでのお茶わんはもうこどもっぽすぎるなあと思っていたので
『〇〇ちゃん ごはんのお茶わん 好きなん選び』 娘大喜びであれかこれかと^^
乗じてわたしも ↑ のうつわと 同じく業務用っぽい小ぶりの楕円皿をひと揃い買って
お店のご夫婦とわたしと娘 ひとしきりおしゃべりしました
娘は(息子もオットもだけど) 老若男女問わず すぐに馴染むたちなので
曾祖父に近いほどのご年齢と思しきお店のおじいちゃんと 
お茶わんについて きゃーきゃー喋ってましたよ 
わたしから見ても 『おっ ええのん選んだやん』と思った
野の花のような草花が描かれたお茶わん だいじにしてね

b0141230_23393660.jpg

 
 一生懸命 書いてくれた

 おてがみ

 おかあさんも だいじにするわね






**************************************************************************
結婚記念日の翌日は いつも節分なのですが(あたりまえ)
高校時代のラグビー部マネージャー仲間5人で 地元で飲みに行く予定があり
仕事ののち娘を連れて わたしの実家入り~
土曜のこととて 息子は朝早くから試合に出ていき 帰宅予定は遅め
待っていたら わたしの約束に間に合わないので 置いていきました
(中学でも 現在のクラブチームでサッカーを続けるので 
 今後ますますこんなことも増えるかと思われます)
b0141230_00002468.jpg
『何年ぶりで 巻いたかしらね~』 節分の日だからと 母も恵方巻を^^
いつまでたっても勝手娘は それを当日に味わうことなく(笑) 友との集いへ~

b0141230_00033948.jpgb0141230_00034963.jpg













べっこう色に煮かれた大根と豚ばら ロール白菜に 野菜巻きのフライ・・・
娘(この場合は わたしの)が来るから っていうのもありますけど
母はほんと ちょこちょこ・とりどりに 日常的にこういうものをこしらえてます

b0141230_00054512.jpg

 以上のものは ぬかりなく?
 翌日のおひるに 美味し~く
 しっかりと!よばれました^^
 『ロール白菜のたねがすこーしあまったから』と
 ちゃちゃっと ミニバーグ 
 『こういうのあったほうが いいじゃない?』と
 ササッと 添えのパスタ


両親の結婚周年数から 1をひくと わたしの満年齢
b0141230_00175620.jpg
それほどの結構な長い間 健康に・しあわせに過ごせて ほんとうにありがたい!
毎日まいにち そう思ってるけれど 記念日や誕生日などの特別な日は
もっともっと 強く強く そう感謝します


[PR]
by toaruhi | 2018-02-05 22:22 | きねんび | Comments(2)