<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

⇔ わが香川 ⇔

と言いたいくらい好きかもしれん! 香川県
b0141230_22195749.jpg
『うどん県』今や つとに知られてますね
b0141230_22223794.jpg
高松周遊は最終日 この夏もオリーブの島・小豆島へ  >これはオリーブではない
b0141230_22240348.jpg
少なくとも数年は 同じところに旅行するわがや >これもオリーブではない
同じ場所をなぞり 訳知り顔で懐かしさを感じたり
新たに違うところにも行き 新しい魅力を発見したり 
b0141230_22272175.jpg
ホテルのプールはもちろんのこと 海でも大いに遊びますよ

b0141230_22280887.jpg

 
 潮の満ち引きで 一日の内で 
 砂浜が現れたり消えたりする 
 通称『エンジェル・ロード』
 『恋人の聖地』なんて名で
 名物スポットになってますが
 昔は何て呼ばれてたのかな
 島のお年寄りに聞いてみたい
 息子など 『小指との聖地』と
 聞きまつがい(笑)
 まあある意味合っているのか



昨年は悲願達成(=わがやでの語り草化確定) 
b0141230_22381511.jpg
本年 わたしが行きたかったのは こちら

b0141230_22383359.jpg

 
 自由律の俳人 尾崎放哉
 終焉の地が ここ 小豆島だったそうな
 まだ習っていないであろう
 息子や娘はしょうがないとはいえ
 『咳をしても一人』とか知らん?
 え、知らんの?マジで?
 オットに詰め寄るも
 知らんもんは知らんらしい




あと なんといってもここ!
b0141230_22483637.jpg
尤も『二十四の瞳』も オットも子らも知らんらしい・・・
b0141230_22494809.jpg
十二人の子どもたちの 姓名とあだ名まで言えるよ~
b0141230_22505643.jpg
萌え萌え~ ここに住みたいくらいである
めっちゃ成績あがりそうや… あんたが住み~!
>息子の成績で 頭を痛めているわたしの心からの叫び
b0141230_22515278.jpg
とはいえ 二十四の瞳映画村 それなりにオットも子らも楽しんだようだ
b0141230_23252777.jpg
そちらこちらにある ソフトクリームの食べ比べもコミでね(笑)
b0141230_22532919.jpg
昨年 もろみやみたらし味ソフトは食べたので 
今年は違うものを見つけたら かたっぱしから^^
今回は レンタカー利用で相当あちこち回ったので
それがまたよい休憩になったのです
ちなみにこれは レンタカー屋さんオススメの『佃煮ソフト』
想像する以上に美味しいから!と 扱ってる中でもイチオシ店の
紹介まで受けたもの これがほんとに美味しかったの!

b0141230_22571428.jpgb0141230_22575315.jpg

 
 醤油feat.のものは
 むろんのことに
 瀬戸内レモンに
 塩バニラ
 オリーブソフト
 いずれもそれぞれに
 美味しく ちゃんと
 特徴際立ってました



そうそう お醤油feat.といえば このお醤油シューも絶品でした!
b0141230_23123986.jpg
比較的近年の名所なのかな? 迷路のまちと銘打った一角も面白かった

すぐに地理を理解し 覚えられると自負しているわたしですが
ほんとにちょっと アレ?とわからなくなるくらい
思った通りに進めない道があったりして^^
そこはともかくとしても
昨年 決死の思いでチャリンコ走らせた甲斐あって(笑)
主要な道は頭に入っていたので クルマだとなおラクラク~♪
昨年のお礼参りとして(どうしても行きたかった)
スーパーマルナカ内海店のハマグチあらため正しくはハマモト氏を
訪ねることも叶ったし(最初キョトンとされていたが思い出してくださった)
魔女の宅急便が大好きな娘狂喜♪の 
イメージ風景満載のオリーブ公園にも行けた

b0141230_23290743.jpg
 あるていどの年齢の方に 
 小豆島といったら必ず聞かれる
 『寒霞渓』にも行きました
 ベストとされる紅葉の時季で
 なくとも たいそう美しかった!


ああ この夏の家族旅行も楽しかった!!
b0141230_23245383.jpg
この楽しさを胸に 一年のおおかたを占める日常の日々もまた
いぶし銀の輝きを放つ・・・ ように頑張りましょう

[PR]
by toaruhi | 2018-08-31 23:01 | いちにち | Comments(6)

⇔ 泡パワー ⇔

解決策というよりは 現実逃避にあたるのか
b0141230_15433969.jpg
しかしこの暑さ ひとときでも忘れるにはもはやこれしか!
b0141230_15475339.jpg
だーい好きなT子さんと夜飲み~ @からほりの評判店『そのだ』
ようやく逢えた嬉しさまでもが泡に混ざった とりビーが
”とりあえず”の域を軽々と超したおあとは この『バイス』
可愛い色に御用心~ 存外マワります! >だからおひとり様3杯までなのかな
b0141230_16135649.jpg
そのだの代名詞的存在?肉豆腐
エネルギッシュに濃いお味 もう~飲むしかないやないの
b0141230_16154526.jpg
なかみとしてはほぼ同じ?の すじ煮こみ
和風なお味で あっさりと… わたしは本来 こっちが好きかも
b0141230_16170335.jpg
肉バルで名高い西中島南方(大阪以外の方読めますか)周辺にお勤めのT子さん
おかげで肉に対する嗅覚上がったのだそう
たしかにわたしだけならまあ頼まないであろう 牛肉のたたき
めっちゃ美味しかった! これまた飲むしかないやないの味
b0141230_16242270.jpg
チャプチェすらわざわざ”肉入り”と銘打つのである
それにしてもわたしは 外で食べるチャプチェが とても好きだ
b0141230_16265967.jpg
泡ニクニク泡ニク泡泡ニク泡ニク… 店内おしながきも然り
せめてもと頼む野菜オンリー品の セロリのナンプラー漬&メキシカン胡瓜
これですら濃い…けど美味しい… Can’t stop 泡
b0141230_20113721.jpg
夏を象徴するすいかサワーでさっぱりと〆・・・られず
T子さん休み明け初日・わたし夏休み最終日でしたが
このあと2軒目へ^^ こんなに飲んだの久しぶり(笑)
b0141230_20183555.jpg
この日 日中は日中で 数年ぶり?の再会でした!
福井に住まうhiyoさんからご連絡をいただき 
帰阪の合間を縫ってのおデート@銀平 グランフロント
タイムラグを埋めるべく 喋りに喋りたおしましたとも~
>昼は魚で 夜は肉って
b0141230_17420142.jpg
幸いこれまでの人生で 二日酔いの経験はないが
久住昌之氏によると そんなとき カレーうどんが有効らしい
ほんまかいな?と思ったが ひょっとして・・・
ターメリック=ウコン効果ってこと?
だとすれば 飲む前じゃないと意味がないのでは???
b0141230_23460779.jpg
まさに昨夜 娘の幼稚園つながりメンバーで 
地元の美味しい地鶏屋さんで飲み会だったのですが
内ひとり 『ウコンの力』飲んできたで~!とのこと(笑)
 :突然クイズ:ウコンの力ならぬ『鬱金香』と書いて 
         さて何と読むでしょう?
b0141230_23515941.jpg
昨夜も それはそれは楽しくて! ただでさえ遅くなったのに 
楽しさの余韻で更に寝られず(どんだけ)
今日も仕事だし 息子のサッカーべんとうもあるしで
無事起きられるかしら…?とまで思ったのですけど
これが スッキリと目覚めよろしく☆
 >いつもは毎朝死ぬ気で起きてる(苦笑)
楽しい気力の充実って 実にパワーになるのね!と実感しきりでした

[PR]
by toaruhi | 2018-08-25 18:13 | そとごはん | Comments(3)

⇔ 病は今や ⇔

ある種、病と言っていいかも?
b0141230_00362769.jpg
それはキツ過ぎる物言いか? 穏便に言うなら『習い性』かな
b0141230_00372212.jpg
『話にはオチつけなあかん』『ウケてなんぼ』の 大阪人の性のことです
b0141230_00413619.jpg
それも 言いながら『笑ってはいけない』 のが鉄則中の鉄則
何気なく さりげなく しかし明瞭に 
言わんとするところを 相手に伝わらせなければいけません

b0141230_11483729.jpg
b0141230_11490740.jpg













抹茶アイスを食べようとした息子
ぬぃーっとフタの裏を突きつけてきて
『お気に入りのナイキのTシャツなんやろな~ ええ笑顔で笑てるわ』
または 外から帰ってきて
『はー暑!! 冷た~い”ニチャ”飲も!』と冷蔵庫を開ける
(3.5リットルやかんで 日に二度も三度も茶を沸かすわがや
 よくあるお茶ポット 洗ってもパッキンに茶渋がついてくのが嫌で
 市販のお茶ペットボトルがあいたら ポット目的で使用し
 数度使ったら捨てていく…方式を取っています)
ちなみにうちは 一保堂の炒り番茶(燻煙風味がたまらん)と
まる麦茶の 2種類をあわせ お茶を沸かしています
ー たしかに16種類ではないけども ー
*************************************************************
もはや大阪のほうがよーーーっぽど長い わたしの母 >from茨城 が
来てくれて あるもんで おひるを用意する
母はゴーヤーが大好物 顔立ちは南国系だが 茨城出身
b0141230_14251676.jpg
三つ子の魂ナントヤラ? 育った土壌がそんな風土でないせいか
会話に起承転結やオチはあまりなく(実際 沖縄の方もそうらしいですが) 
何をやるのも丁寧で 性格も口調もおっとりとしている
 >わたしは顔だけが母に似たのか
b0141230_14283201.jpg
まったく表情を変えずに ブラックジョークばかり言う父が(ずっと大阪)
なぜ母を見そめたのか?と思うが 自分にないものが新鮮だったのだろう
b0141230_14285630.jpg
さて そんな母(どんな)でも かるい熱中症になったほど暑い今夏
一日二日養生したらすっかり復活成ったようでよかったよかった
細身であるが 結構よく食べる母に
『なーなー やっぱり自分と同じ味つけやなと思う?』と聞いたら
『思う~ すごーく美味しい』と言ってもらう
そりゃね やっぱ この味食べて育ったからねえ・・・
味同様 ふるまいや身の処し方・ものの考え方にはじまり
取るに足らないこともすべて 育った家のやりかたが
あたりまえ スタンダードになってゆく
常々 全身全霊で『なんかウマイ/おもろいことゆうたろ』とばかり
考えているような オットやわたしだから 子らもそうなるわけである
b0141230_23571145.jpg
 冒頭のUFO 何かといえば絵を描いている娘によるもの
 『へ~ UFO描いたんや』『うん きんいろ・ぎんいろ使いたかったから』
 『このUFOには誰が乗ってはるん』『…あッそうか 描くわ』
 ・・・と言って付け足されたのが かのMJとは!
 娘曰く『せかいじゅうのひとが知ってて しかも乗ってそうやろ!』 確かに~
*******************************************************************
さて 春先からの続けざまの不調によって気づいたわたしの病は
それこそ かのマイケル・ジャクソンもそうであったらしい
かかりつけ医と地域の総合病院でやれるだけの検査をした上で
リウマチ・膠原病外来の名を冠する専門外来をもつ大病院まで行き
定期通院することになったわたし
ありがたいことに 状態としてわるくはないので 当面加療は不要 
しかし定期的な経過検査は必要とのことで 
先日 また検査を受けてまいりました
自分自身としては 当初感じた 
どうしようもないほどの身体の倦怠感や
思い出すだに震えがくる 怖ろしい浮腫みもその後はなく
いたって元気なつもり でも休火山であるだけなのかも?と
完全には気を抜けず 検査はいつもドキドキ
結果が出るのを待って それに続く診察 はたして…?
『貴 女 は 膠 原 病 で は あ り ま せ ん!』
・・・・・・えええええええ~ ううう嬉しいけど~~~
加療の必要ないとはいえ 一度はハッキリ断言したではないですか先生!
良いように振れば 庶民調の星野源 
わるいように振れば(失礼な)えなりかずき似の先生も
『いや~ これは僕としても 経験上そうはないことなのですが
 どの数値から見ても 今やまったくその疑いはありません』とのこと
そんな訳で 定期検査すら今後は不要と・・・
きつねにつままれる感でいっぱいながらも 
今回のことで身についた 『身体の声を聞く』姿勢
これこそは今後も 大いに必要でありましょう!

[PR]
by toaruhi | 2018-08-11 21:36 | おひるごはん | Comments(6)

⇔ 快晴!盛夏 ⇔

夏というのは 暑いもの
b0141230_16212521.jpg
そうやけどーー!わかってるけどーーー!!

   >友人一家と 先方御用達中華料理店へ 外にも中にも薄焼き卵の本格春巻
    ごろッと海老 ぎっしり春雨 たっぷりきくらげ 美味しかった~
b0141230_16260436.jpg
なんぼなんでも 激しすぎるわー!

   > そういえば きくらげって好き… 影響受けて たまごと塩炒め
b0141230_16340158.jpg
もうすこしくらい ちょー℃いい暑さでいいんじゃないの⁉
  アスファルト上の体感絶対45℃やって!

   > お得意チャプチェもどきの春雨炒め この暑さの中せめても…の
     涼味求めて 調味料のひとつにぽん酢を加え すり生姜も多めに投入◎
b0141230_16371047.jpg
二丁拳銃(上手い!)のネタのひとつに 『クイズ!ちょうどええ~』というのがあります
お題に対して『ちょうどええ』回答をしたらハイ正解!というもの
Q:お父さん、お母さん、中2のお兄ちゃん、小学一年生の妹の4人家族の炊飯は?
A:4合半!
・・・・・・足らーん!うちには ちょうどよくなーーーーーーーい

  >ちょっと信じられないくらいの量のきのこをいれて
   かさを増した(しかし即ペシャる)ハッシュドビーフの日 
   ごはん7合炊きました
b0141230_21240992.jpg
わたしの職場には日々 ご高齢の方が多く来られるのだが
『ほんまもう~ こんな暑さ知らんわ』『初めてやわ こんなん』などと
口々に仰るのが 齢90前後の方だったりする  >文字通り ”あらない”
そんな誰もが未体験の 酷暑の日盛りの中 土まみれ汗まみれで
終日サッカーだなんて 狂気の沙汰というより他はない 
それでも毎日嬉々として出てゆく表情こそが すでに狂気の表情なのか
b0141230_21322570.jpg
対策を講じても おべんとうの傷みが心配で
このところ こうしたサンドウィッチにすることも多い
冷たい麺系にもしたいのだが 土まみれ状態で
どない食べるんか思たら 踏み切れぬものがある^^
b0141230_21392797.jpg
何しろ口あたりのいいもの ひんやりしたもの ばかりが浮かぶ
周囲の友人に しずかちゃん扱いされているわたしだが
(まさか?な時間に入浴しているらしい そうかなー)
自分自身としては 『なんでいつもこの時間に来るねん~』と
湯船で地団駄ふむことが多い
ちりんちりん…と鐘を鳴らしてやってくるお豆腐屋さん
なぜか わたしがおふろに入っている時間に限って周遊して来るのだ
> 上記の冷ややっこにした絹こしは どうにか間に合って買えた(笑)
b0141230_00173386.jpg
冷やしてばかりもいかんと 熱々のきつねうどん
(このときのお揚げ 歴代ナンバーワンくらい美味しく煮けた~)
しかしお素麺やお蕎麦はともかく おうどんに限っては熱いほうが好き
b0141230_00200852.jpg
おかいさん(=お粥) 夏場にいただくときは冷た~~くするのもよろしい
お餅はこんがり焼きたてをのせまして…冷やあつのコントラストが素敵ですよ~
b0141230_00462018.jpg
おみそ汁はとことん熱くないと嫌だ~ >あ、でも”冷や汁”は例外
この黒い細いものは『岩もずく』なるもの
石川県出身の友人いわく この時季あるかどうか?あるならマスト!で
ご実家御用達の鮮魚店に 毎年頼んでおくとのこと
以前おすそわけしてもらって しゃきしゃきとした独特の歯ざわりが
すごーく美味しくて 機会あればわたしも~とお願いしてました
それが今年はよく獲れたそうで たっぷりキロ単位で♪
彼女に倣って 洗ってザッと水切りして 一回分くらいずつを
ラップに包み ひらたくして冷凍しました^^
おみそ汁に お酢のものに・・・ しばらく楽しめそうで嬉しい!
b0141230_00572342.jpg
その食感 いうなればこの『おかひじき』に似ている
おかひじきはいつも サッと茹でて水気を切り 冷やしてレモンをきかせた
ドレッシングや かんたんにぽん酢をかけて食べることが多い
b0141230_01074352.jpg
暑い時季の”シャキシャキ”といったら こちらも忘れちゃなりません~の ずいき
とろーり たっぷり水分も含みながら、の シャッキリシャッキリシャッキリナ(何)
これとて前夜に煮いたものを ひと晩冷蔵庫で冷たーくしたもの
b0141230_01111649.jpg
もはや十数年の仲 chicoさん ki*koさん お越しのとあるひ
まずは こちらでサラッと腹ごしらえしていただき
b0141230_01134245.jpg
チャチャッとズッキーニのチーズ炒めや 先述のずいきの煮いたんや

b0141230_01143034.jpg
 
 勝手知ったる旧知の仲
 もはや ちくわの切りっぱなし(笑)
 山葵漬け+マヨ醤油を
 ちょんちょんと付けたり・・・
 なんぞをアテに 昼酒~




ふぅ~ 暑いのはかなわんけど 真昼の泡の美味しさは 夏ならではの格別の味~
そんなこんなで 暑さを嘆きつつも どうにかこうにかパドリング中!

[PR]
by toaruhi | 2018-08-06 20:46 | 晩ごはん | Comments(0)