人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

失われたパン

新聞のお店紹介の記事を見て
オットと行ってみた 鶴ケ丘の『HAMON cafe』
b0141230_15554814.jpg
わたしが選んだのは
その名も 『どっしりフレンチ』
優しい甘さで ぺろりいけちゃう
>大きさとしてはマジ GOKOKUのキューブシフォン
b0141230_15575096.jpg
他にも たーくさんの種類のパン
好きなの選んで 飲みものつけて 
一日じゅういつでも 420円!
そりゃ人気あるわ~!

b0141230_14060576.jpg

  
 オットおめあての
 『どっしりたまごドッグ』
 は 残念ながら完売
 けれどこの 
 フィッシュバーガーも
 なかなかどうして♪



お味もよかったけれど わたしもオットも
気になってしょうがなかったのが 店内の雰囲気
居ぬきでOPENしはったんやろなあ…と思われるお店
中二階席まである異様な広さ むやみにゴージャス感
マントルピースにシャンデリアに 壁や床の随所が
総煉瓦(ふう)に 総大理石(ふう)
簡易ベッド?なまでに座面が広いソファ
数ある出窓にいちいちステンドガラスの傘のランプ
緞帳レベルに重厚なカーテンなど
素朴でナチュラルな感じのマスターご夫妻と
いっこも合ってなくて 笑けてしょうがなかった
『もう とにかく自分たちのパンで
皆様におくつろぎいただきたいまでで
ハコはどうでもいいんです』的な
b0141230_14102227.jpg
ちなみにその 新聞のお店紹介記事
気になったものは 切り抜いて
思いついたらいつでも行けるようにしている
この日は このHAMONcafe目指して
ぷらぷら自転車走らせましたが…

b0141230_14165746.jpg

 その近く とはいえ
 これまた記事を持ってた
 同じ阿倍野区の
 『喫茶フレンド』へも
 この日替わりランチ
 完食後に あの
 ボリュウムのパンも完食


さて フレンチ・トースト
おうちでも作って召しあがる方も多いと思いますが
きちんと習ったわけではなくて いつの間にやら
(うん、こんな感じかな)と 作って/食べてません?
>フレンチトーストによらず お料理全般そうだけど^^
b0141230_14261372.jpg
地元に古くからあるパン屋さんのお楽しみ企画
『フレンチトーストを作ってみよう』というのを
見つけ 申し込んでみました
といっても参加するのは娘
小学生の参加は 保護者付添いとあり
そばで見てるだけでもおもしろそう…と^^
実施日はたまたま オットおやすみデーだったのもあり
学校から戻った娘に オットもわたしも付いていくという
過保護か!やる気みんみんか?といった風情で(笑)
付添いはともかく きっと同じ年頃の小学生がいるかな~
なんて思ったら 娘以外は相当の高齢者ばかりで驚き
(真の意味での付添いの方が ほぼ全員来ていた)
閑話休題 フレンチトースト
あらためてうかがってみると 『へえ!』ってこと多数
例えば 卵液にひたすのは 前夜から、など長時間
じっくりひたしておくのがいいとか!
わたしが知らなかっただけかもしれないけど…
そんなことしたら にちゃにちゃのボヨボヨになると思ってた!
でも ふと食べたい!となって作る場合
そこから長時間ひたすわけにもいかないときは
ごくかるーく電子レンジでチン☆と加熱すると
いいですよ~なんてワザを◎
実際 その講座ではそうしました
家庭では もっぱらフライパンで焼くのが多いけれど
せっかくパン屋なので…と オーヴンで焼いてくださって
そのふんわり感たるや! 感動~~~
わたしが仕事やすみの日曜日などに フレンチトースト
したりするので ちかぢか是非!前夜からひたして 
オーブン焼きで作ってみよう♪♪となりました
b0141230_14451929.jpg
ところで フレンチトースト って
ナポリタン とか ウィンナコーヒー 的に
和製英語?な言い方なんですってね
『パンペルデュ』というのが正しいのだそう
その語源?直意は『失われたパン』
固くなった(失われた)コチコチのパンを
美味し~くいただきましょう、ってな訳らしい
b0141230_14540927.jpg
楽しい講座終了後 お店に並ぶとりどりのパン
買って帰ろうね~と いろいろ選びました
(むしろオットなど それが最大のおめあて)
講座をしてくださった店主が三代目という
いかにも ご家族でやってらっしゃるお店
(その娘さんらしき女の子が友達と一緒に
イートインスペースで宿題してたりなんかして 微笑)
お会計場の女性は 明らかに店主のお母さま~(そっくり)
誰とでもすぐしゃべるオット(わたしも 笑)と
談笑しつつ つつんでもらっていたら発見
あっ カウンターの隅に ぱんの耳の小山~
『それはどうなさるのですか』と伺ったら
お肉屋さんにおわけするんですって(→パン粉)
『おいくらですか?ほんまに食べたいんです
 あの、揚げて さとうまぶすやつ好きで!』
オットの勢いに気圧されたか(笑)
『ホホホ…よろしかったら』とおまけにつけて下さった^^
うう嬉しい おおいに御礼申し上げて
さっそく勢い込んで 昔懐かしのおやつ こしらえました☆
>”失われたパン”作るよりも先に!
 失われゆくパンを 失わずに~~~

by toaruhi | 2019-06-29 17:30 | そとごはん | Comments(2)

れこべん

このところのおべんとうを
ただただ羅列記録いたします
b0141230_13074199.jpg
もみ海苔ごはんに焼き鮭のっけ
たまご・ベーコン・ぴーまん炒め
ちくわをコロコロと切って 胡麻油で炒め
おさとうお醤油からめ 照りッとさせて
黒白胡麻 (わたしのおべんとうノスタルジー>母)
b0141230_13072555.jpg
オット母作の蓮根はさみフライ
(山椒の実がプチプチ入ってて美味!)
ごはんにのせてるのは 紫蘇わかめ
>ぽぽんちさん わたしはのせるだけです…
b0141230_13064854.jpg
アスパラや三度豆 固めにサッと茹でておいたのが
冷蔵庫にあると たいへんおべんとうに助かる
テッパンの焼肉のたれ味やったかなあ
おからを好む思春期男子で良かった~
ごはんに添えたおこうこは 青唐辛子風味のもの
(一家をあげてこれが好きで常備)
b0141230_16214245.jpg
b0141230_16215461.jpg
どうにもあぐねたら登場?の
オムライス そして三色弁
それでいて喜ばれるのだから
言うことはありません
b0141230_13091068.jpg
この日は息子の誕生日
ちったあ豪華に~と
ミニではあるが ステーキ弁^^
添えは前日 ご近所友にランチで出した
ごぼうとじゃこと葱のスパゲティ
娘が喜ぶ にんじんサラダ
おべんとうの彩りにとても良い
買い過ぎたきのこを思案し
実家で食べたのをふと思い出したもの
(ぺペロン炒めにしてワインビネガー)
息子より『神のキノコ』称号 戴きました
b0141230_21142865.jpg
わがやの界隈にTVロケがあれば必ず!
と言っていいほど出る 駅前の精肉店
殊にころっけがフィーチャーされます
そこのもとても美味しいが うちはそこ
『じゃない』お店が 最もお気に入り
あー明日はちょっとラクしよか!と
なれば走っておきます^^
b0141230_13081740.jpg
と 同様の感覚で スーパーの精肉売場や
お惣菜などにある唐揚げを
買っておく術を得た(おーげさ)
温めて おさとうお醤油レモン汁をからめIN
b0141230_13083300.jpg
これは 心得て多めに揚げておいた
自作の唐揚げを ジップロック冷凍
マヨ&スイチリで和えました
…それはそうとして ぷちとまの量!
b0141230_13085428.jpg
素焼きハンバーグの冷凍ストックは
もう助かって助かってしょうがない
(ぷちとまに阻まれているが照焼きあじ)
えび焼売もCOOP  ハッシュポテトも市販
この朝の調理 たらこ焼いただけ…
b0141230_13093337.jpg
これは 朝の5時に完成、がミッションだった
週末のサッカーの試合に持ってくおべんとう
(とにかく埋めた感がすごい)
b0141230_13094861.jpg
ポテトサラダって 生姜焼きをはじめ
ハンバーグとかに合わせたくなるねんなあ~
(とストック出動の言い訳にする)

…ところで もはや彩りの域を超越して
入っているぷちとまの量と配置法について
ツッコんでいる方はおられますでしょうか?

by toaruhi | 2019-06-19 22:05 | BENT | Comments(2)

⇔ おい!兄貴に愛を ⇔ 


牛すじ大根 ちぎりこんにゃくも入ったそれを
いわゆる『どてやき』と呼ばれる 甘い味噌味にするか
甘さひかえめ キリッとお醤油味にするか
小さく迷って(平和) 今回は後者
b0141230_22440976.jpg
タッグを組んだのは 揚げだし豆腐
>この日が期限の(笑)絹こし二丁
思えば久しぶりであったのは確かだけど
息子 大いに気にいったようで 歓喜の声
b0141230_22461430.jpg
いつもはしゃぶしゃぶ用の豚肉を
何層も重ねて ミルフィーユにすることが多いが
トンテキにでも出来そうな一枚肉を 筋切りして
ドォーンととんかつ それもまたよし
b0141230_22500004.jpg
b0141230_22521463.jpg 
 
 ミルフィーユ
 であろうが
 一枚仕立て
 であろうが
 いずれにせよ
 二足のわらじ 
  >しかもデカい


自宅 DE チーズバーガー
b0141230_22544629.jpg

いつものハンバーグのたねを作り ひらたく焼き
チーズにトマトにレタス ケチャップ マスタード
かじるに苦心しそうなまでのボリュウムでも
そこはそれ 自宅なので 構わず大口開けてOK 

b0141230_22574275.jpg 
 バーガーとくれば
 の ポテトフライ
 これも自宅ゆえに
 つまんでつまんで
 なくなっても
 追加で揚げまーす




はからずも連日 息子好みのメニュウが続いたよ~
b0141230_23024616.jpg
でも 実は お祝いウィークのつもりで
日々の献立決めてました~
金曜日が 息子の誕生日
b0141230_23030498.jpg
ばらずしは 難なく決まったんだけど
(酢めしにすらニク >鶏そぼろ)
メインはどうしようかなあ… 
しばし考え 唐揚げに決定☆
14年前 これって陣痛…?
単に痛いだけ?いや、この期に及んで
単に痛い、ってそれもあかんやろ!
揚げてる最中に もっと痛くなったら
どうしよう…?何でこんなときに
揚げものにしようと思ったんやろう…
とビビりつつも 揚げに揚げ
もしほんまにお産になるなら
スタミナつけとかな!と
痛みながらも 食べに食べ(るんかい)
結果的に そうしといてよかった…
というほど その唐揚げを最後に
何にも食べることも出来ずに
27時間超かかってうまれた息子
14歳 おめでとう

by toaruhi | 2019-06-15 23:05 | 晩ごはん | Comments(2)

お目にかかれて満足です

小学校の運動会が無事終わり すこし一段落 >PTA
b0141230_22015561.jpg
それならすこしはてまひまを…と 調理に時間を割く気がおこる
b0141230_22042396.jpg
お豆さんでも煮こか 高野も煮こかしら
b0141230_22052081.jpg
ごぼうもにんじんもあるわ おからも煮いとこう~
b0141230_22060027.jpg
ビールのあてにそら豆も茹でよう♪
> 皮もそのまんま&茹でたてホッカホカが好き
b0141230_22111173.jpg
こまごまと まめまめしく作ってると
心がすーっと落着いて しみじみ楽しい…
> それにしても 全部!マメやおまへんか~
b0141230_22245035.jpg
小学校の翌週には 息子の中学の運動会
いつの頃からか 運動会=サンドウィッチべんとうが
習わしなのであるが 今年の娘の運動会には
サンドはおろか おべんとう自体到底ムリ!と
早い段階から わたしの母にお願いしてしまった
まじめな母は 『…じゃあ、サンドウィッチね!』と請負ってくれたが
『ううん サンドは来週の中学のときに今度こそで作るから
お母さんの いつもどおりの作りやすいので◎』と依頼
b0141230_22292570.jpg
かくして 唐揚げにハンバーグ だし巻
娘の大好きな ”おばあちゃんの”鮭おにぎりetc…(感謝)
わたしは PTA本部テントから昼食を摂りに出られるかどうかも
危ぶんでいたが どうにかすこし時間が取れ 
心づくしを急いでかっこみ たっぷり用意してくれたそれらを
翌日の息子のおべんとうにも流用させていただいたのだった(笑)
b0141230_22402100.jpg
さて 中学の運動会
ただただ楽しく 観覧すれば良いだけでも有難いのに
若人の全力のザ・陸上競技!オンリーだから
ほんまめっちゃ面白くて☆
ふだんは授業参観など『来んでええって~』という息子が
こと運動会に関しては 一切言わんなあ…とは思っていたが
(どれだけ嫌がろうがまったく無視して来る母(笑)に
諦めているのか?とも思いつつ)行ってみてよーくわかった 
めっちゃ自信あるから、ということに(微笑)
出る競技出る競技 どれもぶっちぎりの一位
体育委員をしているので やたらと立ち働いているのも目立つ
親バカ上等!で 臆面もなく言わせていただくが
息子の走る姿の力強さ その表情 実にええ顔してました
何より息子への 同級生はもとより上級生も含む
周りからの声援のすごさに嬉しい驚き
(息子によると誰?って保護者にまで)
なんて有難い…こんなにたくさんの人に
温かく囲まれてるねんなあ…と 目の当たりに出来たのが
最高に嬉しかったです
***************************************************
そして 悲しいことも…
大好きな田辺聖子さんが とうとうお亡くなりになりました
昭和3年のおうまれ 毎年 お誕生日の頃(3月27日)は
特にドキドキして 覚悟はしつつも…(どの立場)
ちょうど今年のその頃前後 特に集中して
著書を読み漁っていたのです
『わたしですら(だからどの立場)知らんかった!』という
ふるいふるい著作を見つけ むろんのことに面白く
あらためて あああああ好きやわあ…と感じ入っていたのでした
b0141230_23285456.jpg
生まれも育ちも大阪 じゃない方には
どう響いているのかしら ちゃんと伝わるのかしら
と心配しつつも(だーかーらーどの立場)
翻訳の感覚ゼロで ネイティブに味わえているであろうことに
嬉しさと喜びを噛みしめつつ ずっと楽しく読んできました
わたしは 何度も繰り返し読み返すタイプの読書家なので
もうこれ以上の新刊はないことに 大きな落胆はありません
b0141230_23404490.jpg
いつも仰っていた ーまいにち 薔薇いろー
という心境であり続けるために 
どれほどのことを 越えてきはったんかなあ
あのほどけたやわらかい笑顔 以外のお顔
こんなにずっとファンやけど 知りません

by toaruhi | 2019-06-10 22:22 | BENT | Comments(2)