人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

⇔ 讃岐で以外 出来ぬさ! ⇔

いや実に 讃岐で以外 味わえませぬ
b0141230_20400185.jpg
今夏も行ってまいりました 小豆島・高松の旅
b0141230_20401867.jpg
初年に偶然 ふらりと入って以来
このお店には 必ず行っております
>鶏天のカリカリっぷり・絶妙の味かげんに瞠目
 いったいどうやって あんなに固いころもに出来るの⁉
b0141230_20422100.jpg
今回は もう一店 ふらりと入ってみましたが
ここも美味しかった!!!!!!!
>ここの舞茸と椎茸の天ぷらが美味しすぎて
 帰宅後 即真似てみた
b0141230_16272430.jpg
三年めともなれば 島のあちこち
わかった気になってるけれど
b0141230_16290941.jpg
そうは問屋が卸しまへん~
わかった気ィもええとこ
b0141230_16304000.jpg
第一 島のいたるところで見かける
この 植木鉢?バケツ型?的な土台に
様々な顔が描かれた まるーい球が
のっかってるやつ 昨年までは
意識してなかったよ(鈍感なだけか)
b0141230_16334702.jpg
これが置かれてる店先 その商いの内容を
知らなければ 『どないしたん!ケガ?!』
とも見えるが (そんなら何で笑てるねん)
b0141230_16355132.jpg
ふふふ たこ焼き屋さんですのよ~
いちおうたこ焼きが名物とされる地から来て
わざわざたこ焼き、ゆうのもアレですけれど
何と店主さん自体 そもそも大阪の方で
こよなくたこ焼きを愛するあまりに 
全国各地を練り歩いた末に 開店の地と定めたのが 
ここ小豆島だったのだそうな
小豆島 美味しいお素麺の里でもあるゆえ
良い粉があるのかなあ 海も近いしねえ(蛸)
b0141230_16464282.jpg
たまたま TVから聞こえた
”小豆島”の単語に反応したところ
こちらのお店の紹介だったのです
100年以上も前に建ったおうちを
(二十四の瞳の時代設定より前やん!)
お店にしてあるだけでも興味深いのに
b0141230_17024574.jpg
中のしつらえや調度品もそのまま
ゆえに天井がとても低く オットや息子
首をおらんばかりの猫背でしたけれど(笑)
b0141230_17231425.jpg
こんなポスターとか たまらん^^
何しろ 戸口を入ってすぐにあった
ビールのタテカンが明石家さんま大先生
今もカッコいいけど 若かりし頃の
素敵さ… ときめき過ぎて
看板に向かって 倒れそうになる
わたしは誰が何と言おうと(誰も言わん)
さんまが本当にとても好きで心から尊敬している
あの瞬発力 あの気配り あの優しさ
そら太らへん 寝られへんはずやわ
聞けば 日替わりのお楽しみで
昭和のアニメやトレンディドラマ(笑)
夜のバータイムに 流しているらしい
そのときのBGMは♪翼の折れたエンジェル♪
(子らは”ゆにばーす”のネタで知っていた)

b0141230_17532736.jpgb0141230_17534070.jpgb0141230_17531659.jpg










もはやお約束 のていで
例のごとくのソフトクリーム食べ比べ
寒霞渓へも(濃霧もまた一興)
オットが大好き過ぎるディスカウントストア
その名も『ダイレックス』へも日参
全身ふやけよとばかりに
温泉・プールのループ(回文!)は基本の基本
初年度の伝説(わがや内)の御礼参りも忘るるまじ
今年も スーパーマルナカ内海店へも向かい
ハマモト氏と談笑し 愛しの正金醤油は
今回マルナカから直送してもらう
b0141230_17273435.jpg
のんびりとした雰囲気に 身を置くだけでも 
心までほどける素敵な島 この夏もありがとう

by toaruhi | 2019-08-26 20:43 | いちにち | Comments(4)

不戦勝

高校時代からの仲である やっちゃん・Tちゃん
そしてTちゃんルームメイトのK子嬢 4人で集う
b0141230_00292441.jpg
お店選びは事情通のTちゃん〜と相場が決まっている
『今の今、なぜココ!?やけど 韓国料理食べたなって~』
しきりに恐縮していたが 
国どうしの軋轢とお味はわけて考えよう
b0141230_00323730.jpg
西長堀の名店『ミセス ユン』
口開けとして とりビーのお相手として
名物のひとつ サムギョプサル をば
アブラしたたるTHE肉!が不得手なオットがいるゆえ
日頃そうそう味わうことはないわたし
それだけでも嬉しく ウキウキと巻く♪
ところがオット ずいぶん前だそうだが 
友人と来たらしい いったい何食べたんや? 
>皆オットを知るので一様に笑った
b0141230_00362401.jpg
外で食べるチャプチエに眼がないわたし
わーいわーいとチュールチュル
さまざま語りつつ 杯を重ねつつ 夜は更けゆく
b0141230_00380086.jpg
婦女子の集い 是非モノか?とサムゲタン
早めに頼んでおきました~
〆は麺か?ごはんか?あれこれ迷うも楽し
   *  *  *
地下鉄で帰るみんなと別れ わたしは
例のごとくの自転車 ゆるゆるこぎつつ帰る
そよ…とも風のない 暑い暑い暑い夜
今ほどの楽しいひとときを反芻すると同時に
戦争について考えながら・・・
年じゅう心に留めているつもりではあるが
特に戦争にまつわる報道が眼につく八月は
何かにつけて 結びつけて考えてしまう
両親は戦後生まれ 
実際体験してしまった 祖父母などにも
詳しくは聞かぬままに 今に至ってしまい
もはや 聞くことは出来ない
後悔しても遅いが せめてせめて…と
書物や映画 種々の記録ででもいいから
すこしでも実態の一端を知りたいと
年を追うごとに いっそう思うようになった
最初に 意識した本って何だったかなあ
『ガラスのうさぎ』『太陽の子』
『お菓子放浪記』『ふたりのイーダ』…?
いずれにしても 子ども心に 
強烈に迫ってくるものがありました
このところも 戦争にまつわる本ばかり読んでいる
戦争について知りたいと思っても
自分の今の環境からして どうしてもつい
銃後(何やねん この単語…と思いつつ)の守りの立場というか
女性・妻/母親・子どもの視点のものに偏ってしまうが…
最も(!!!)と思ったのは 『浮浪児1945』
いまだに衝撃で 心の隅でずっと考え続けている
新聞記事で知った 映画『ひろしま』 
NHKで放送されるとのことだったが
これはちゃんと映画館で観ねばならぬ!と
勇んで 西九条に向かう
本当は息子や娘にも観てほしかったのだが
怖がって無理だろうと 鼻息荒く単独で…
だがしかし!早めに行ったにも関わらず
なんと満席で入れずという失態
上映期間は短く 違う日にはもう行けそうもない
西九条シネ・ヌーヴォ そもそも小さな映画館だが
『ひろしま』が上映されるのは とりわけ小さな
24席でフル というお部屋なんでした(予測せえよ)
致し方ありません BDに録ったので
心して 家で観るとします…
   *  *  *
そういえばちいさい頃からそうだったが
息子は およそ誰ともけんかをしない
『キレるとか意味わからん』のだそうで
先生にも『今の 怒ってもええとこやぞ!』と
言われたことがあるらしい(一体何が? 笑)
血気盛ん?なお年頃 学校でもちょこちょこ 
軽いもの重いもの含め 諍いを見聞きするらしいが
(何もええことないで~ 解決まで遠なるだけやん)
そう思って見ているという
>こらあかん!思ったらちゃんと止めるで とは本人の弁
b0141230_01064059.jpg
友達にも一様に 『何でそんなに優しいん?』と
言われるそうだが 時代が時代なら
どんな性格であろうが 問答無用に連れて行かれて
何をさせられたんやろう …そう考えるとぞっとする

by toaruhi | 2019-08-18 00:23 | そとごはん | Comments(2)

⇔ おかんらしくボケ、僕知らん顔 ⇔

近ごろ とみにボケがひどい
b0141230_16250828.jpg
忘れっぽい のもそうだけど 最も多いのは 
(次は)あれしないと!などと 強く考えていて 
いざその行動をするべく その場に行ったら
『もう、既にしてある』ことが 非常に多い
やったつもりでやってない のもどうかとも思うが
やったことを忘れている という自分への不安…

b0141230_16253633.jpg

 わりと間を置かずに
 ハンバーグ…
 これは さすがに
 忘れていたわけでは
 なかったのだが
 どーーーしても
 何も思いつかなかったの
 家族は ただただ
 喜んでいたのでヨシとする
 (せめて味を変える)


相変わらず どうにか冷蔵庫を気持ちよく整理出来ないかとばかり考えている

b0141230_16515174.jpgb0141230_16522138.jpg













暑い時季に 特にその傾向が強くなる
夏場は 飲みものをはじめとして
腐敗が怖いので おかずでも お鍋でも
すっぽり冷蔵庫に入れたいから
ちなみにこのボウル かーなり大きいです
フレンチトーストにしようと バゲット2本分
(何作ってんねん自分) 薄笑いしながら
切っては浸し 切っては浸し しました
b0141230_16580992.jpg
これもまた 家族は何も思わず 『わー 美味しー!』
『フランスパンで作んの最高』などと喜んでいた
(もうすっかり 長時間卵液に浸しオーブン焼き仕上げ方式が板につきました)

b0141230_16471789.jpg

 冷蔵部分のみならず
 冷凍庫がひどい
 冷凍庫はパンパンであるべし
 (その方が冷気が回るらしい)
 だそうだが 無秩序に
 ぎゅうぎゅうであることが
 嫌でしょうがない


息子が 日々持ってゆくペットボトル類や保冷剤が
大量にある上に アイスクリームも相当量
毎日の食事やおべんとうに使う 肉や魚 
半調理品のたぐいも どっさり~
それらを小分け冷凍し 都合に応じて
解凍して使うことに まったく抵抗はない
買ってきた当日に 使いきらなかった分を
小分けして冷凍するのも 億劫にも思わない
>ちなみに調味料などを移し替える作業など
 とても好きだと言っていい
b0141230_17540417.jpg
しかし そんな際に必需とされる ジップロックを
素敵に綺麗に収納することが どうにも得意ではない…
自在にカタチを変える袋状のモノが ごちゃついてるのが許せん
(ブックスタンドを使う、とかもあかんかった)
>それにしても ハンバーグにオムレツ
 タコライス(ふう)… 挽肉ストック
 えらいぎょうさん あってんねえ(笑)

b0141230_18153914.jpgb0141230_18155069.jpg










開けるたびに そのごっちゃり感に『…。』となる
ラップも使う ジップロックだって便利に使うが 
それがいっぱい眼に入るのが嫌だとしみじみ思ったので
ふたを閉めていてもほんのり見える タッパーに入れることにした
タッパーごとに 肉や魚・半調理済みのもの お揚げ などに分ける 
寸法を測り ぴしっと収まるようにしたので やっとスッキリ☆
容器に入れるほどでもない量のものは ジップでヨシとした
b0141230_18295300.jpg
ヒマか!と思いつつも 暑い最中に熱中して脱水
それこそ熱中症なったらあかん…と水分補給にも努める

by toaruhi | 2019-08-12 01:38 | いちにち | Comments(2)

⇔ 気だるき一日生きるだけ ⇔

昨年の酷暑よりは 今年はマシなはずなのに
b0141230_23200830.jpg
こ、こんなに暑いのははじめて…!と
b0141230_23181920.jpg
毎日毎日思ってしまう暑さ
>おそらく 毎年そう思うであろうことも容易に予想
b0141230_23243428.jpg
あまりの陽射しの強さに『あ、サングラス忘れてきた!』
b0141230_17035511.jpg
と思って眼もとに手をやり『か、かけてた…!』
b0141230_17041725.jpg
それほどに眩しい太陽 痛みを感じるくらいの強さ
b0141230_17043975.jpg
なのに 文字どおりの炎天下 終日球を蹴りに行く息子
b0141230_17050947.jpg
どれだけ早朝出であろうとも サッカーとあらば飛び起きて支度
b0141230_17092146.jpg
夜逃げのような重装備で うきうきと出かけ
(試合準備だけでも大荷物・加えて大容量の食料や水分)
b0141230_17093209.jpg
いかに土や汗でどろどろでも 何度も足を痛めようとも

b0141230_17122905.jpg
 
 常に満面の笑み
 でいるところを見ると
(好きやねんなあ…
 よかったねえ…)と 
 思うより他はなし





息子のサッカーは 中学の部活ではなくクラブチームなので
夏休みのような長期休暇でなくとも とにかく拘束時間が長い
公式・交流を問わずの試合会場へも 基本的に現地集合現地解散
かなり交通至便なところに住んでいるが
場所によっては 相当電車やバスを乗り継いだあげく
最寄り駅から会場まで 30分以上も歩かねばならないなんてことも
その上 息子は自分の学年だけでなく 
ひとつ上の学年の1軍レギュラーでもある
クラブチームゆえに 練習や試合は 常時 各学年別で行われるため
両方の練習・試合に参加する息子のハードさたるや
なかなかのものだと思われるが ひたすら体力がどんどん上がるのみ
b0141230_17475613.jpg
そんなスキマをどうにかこうにかかいくぐり
先日 わがやの4人+オット両親の6人で串カツ屋さんへ~
オット父の誕生日と サッカーサッカーで
そろってお祝い出来ていなかった息子の誕生日の
ダブルお祝い の名目でした^^
b0141230_20105817.jpg
オットが友達と 偶然目についてふらりと入ったところ
いたく気にいり 2週続けてまで行ったお店
(それも同じメンツで! どんだけ!)
更に後日 オットとわたしで ランチ営業まで行ってきたよ(笑)
b0141230_20151589.jpg
串揚げ ひとわたり食べたのに まだ食べるか!?
あっつあつの唐揚げ それもメガ盛り・・・
b0141230_20203837.jpg
アッツアツといえば ホットなお熱いニュースである
小泉進次郎と滝川クリステル結婚♡
滝川クリステルが メディアに出始めた何年も前から
ずーっと今に至るまで 『綺麗わ~』『可愛いわ~』
言い続けてきたオット
(お・も・て・な・し の頃など 遅いわ!と鼻息轟かせていた)
b0141230_20214009.jpg
この一報をまったく知らずに オットとわたしはスーパーにいた
ふとLINEを見るとわたしの母 あら何かしらと開けると
『小泉進次郎と滝川クリステル』とひとことある
へええええー! 何これ結婚てこと?と思い
(娘婿が大ファンであるからって 知らせてくる母 笑)
『Hさん!Hさん!滝川クリステル結婚らしいで』
『…えええええええええええ!』予想通りの激しい反応^^
(すごく広い天井の高いスーパーなので まだしもだった)
以降 動揺しているのが面白くてならない そ、そんなに?
素敵なおふたりじゃない~ 出来過ぎ中の出来過ぎ♡

b0141230_20221422.jpg


 まー でもわたしも 
 又吉直樹が結婚!となれば
 そりゃあ動揺するやろうなー
 (毎年誕生日近辺
  身構えてるもん 笑)



************************************************
①夏のいいところ…ぬか漬が早く食べごろになることと
洗濯もんがあっとゆーまに乾くくらい、ちゃう…
②鰻大好き一家!土用にかかわらず食べてます^^
オット実家にも差入れようと 前もって言いに行ったところ
『きゃー嬉しい 今度鰻食べるとき お店屋さんみたいに 
ごはんの一面にたれをまぶすの やってみよかと思っててん』
との オット母の言葉に なるほどー☆とそうしてみた 
おかげで 初めて鰻のたれを自作したら
なかなかどうして充分やん!と自負するお味に出来て
今後の宝(おーげさ)にもなりました♪
③トマトとしらすと紫蘇の冷製パスタ
友人宅でよばれて以来 わたしも作るように~(これまた宝)
④外は酷暑だが あまのじゃく気分満載で 秋を思わせる
筑前煮なぞ・・・ すごく美味しく出来て嬉しかった◎
⑤うちでは通年のお好み焼きですが 殊に夏が美味しい♪
でもこれは ねぎ焼き 素晴らしいお葱が沢山あったの!
更には ねぎモダン焼きにしてみました~
ぽん酢で食べるのが さっぱりしてすっごく美味でした
⑥ぴっかぴかツヤッツヤのお茄子 いかにもホクホクの
かぼちゃ ぴしーっとまっすぐな三度豆
頑張って素揚げして 揚げびたしに…夏の味
⑦⑧⑨⑩ 夏休みでもおべんとう作りに休みはなし…
何しろ炎天下なので 傷みはせぬかとハラハラドキドキ
今のところセーフ!どうにかこのまま乗り切りたい
⑪⑫⑬フライものは 粗めのパン粉でガリガリッ!と
揚がったのが好きだが 串カツは 細かーい衣で
サクッと揚がってるのがいいねえ~
ちぎりきゃべつとの組合せも天才!誰?考えたん
⑭さつま芋としか思えぬ冴えた美しい黄色のインカのめざめ
これを用いた オーソドックスな肉じゃが 最の高でした
息子 ばくばく食べながら『インカって何?
ああ じゃが芋ってペルー原産やからか』
・・・はーん 考えたことなかった ほんまやなそやろな
⑮⑯わたしにとって『カレーうどん=お赤飯のおにぎり』が
かのお似合いカップルのごとき 分かちがたい組合せなのですが
どなたかご賛同いただけますでしょうか・・・?

by toaruhi | 2019-08-08 19:50 | そとごはん | Comments(4)